北海道文教大学

メニュー

理学療法学科

人間科学部

学科の特徴Feature

  • チーム医療としての理学療法が学べる北海道文教大学人間科学部には理学療法学科、作業療法学科、看護学科、健康栄養学科、こども発達学科など、医療・福祉・教育系資格を養成する学科で構成されているのが特徴です。この環境だからこそ「チーム医療の中での理学療法士の役割について」学ぶことが出来ます。

  • プロフェッショナルとしての理学療法が学べるそれぞれの専門分野のスペシャリストが揃っています。興味ある領域を見つけて専門知識を身に付けよう!

    1. スポーツ、運動器(整形外科疾患)領域
    2. 神経障害(脳卒中、脊髄損傷、パーキンソン病など)領域
    3. こども、発達障害領域
    4. 内部障害(心疾患、がん)領域
    5. 高齢者領域
    6. 基礎(解剖学、生理学)領域
    7. リハビリテーション栄養
近年ますます幅広く需要が高まる分野理学療法学とは理学療法学とは、疾病や傷害によって生じた障がいに対して、身体の構造や機能・能力を改善させる治療の一分野です。また近年では、生活習慣病や高齢社会の進展により、健康増進や障がいの予防など、理学療法は年齢に関係なく多くの人を幅広く対象としています。

対象者の気持ちや環境に配慮した理学療法士を目指して!

  • 応用解剖学実習中枢神経領域の授業では、筋肉を動かす神経に命令を送る脳の働きを取り上げます。脳のどこから命令が出て、どこを通って脊髄までたどり着くのかなど、学習します。

  • 日常生活活動学実習障がいのある方の日常生活活動における身体の動きやその介助・指導方法を、自立を手助けする自助具や福祉機器にも触れながら体得します。

  • 高度な専門技術指導レッドコードトレーニング、マニュアルセラピー、インソール療法など実際、現場で使用されている技術を大学講義に取り入れています。

理学療法士国家試験合格

  • 2019年度

  • 2018年度

    2017年度

学科一覧Department

外国語学部

人間科学部

国際学部

公式SNSSNS