北海道文教大学

Top

トピックス
- 大学院 グローバルコミュニケーション研究科 言語文化コミュニケーション専攻 -

祝! グローバルコミュニケーション研究科修士課程修了

2019年09月30日

9月25日、2019年度北海道文教大学大学院秋季学位記授与式が行われました。

この日、3名が本院グローバルコミュニケーション研究科修士課程言語文化コミュニケーション専攻を修了しました。

ご修了おめでとうございます!

 

 

院生の研究生活は大変だったけれど、きっと研究の奥深さとともに、発見のおもしろさも楽しんだことでしょう。

きょうから、私たちと同じ研究者仲間となります。社会人になっても研究を続けてくださいね。

これからのご活躍とご成功を期待しています。

 

秋季修了生の修士論文は、それぞれが母国中国をソトから研究するもので、

それぞれの研究対象に対して丁寧にじっくりと向き合った研究でした。

賈さんの修論は「現代中国都会女性服飾の西洋化の歩み」について、1920年代から40年代の画報『良友』を中心に、

都市部に暮らす中国人女性の西洋化を服飾から分析したものでした。

 

修士論文最終口頭試験公開発表会で中国の西洋化検証に雑誌『良友』の一部を紹介する賈さん

 

肖さんは「中国公民の規範意識の現状」をとらえ、規範の変遷と将来の規範育成はどうあるべきかを問うた修論でした。

 

修士論文最終口頭試験公開発表会で、中国の規範の変遷について発表する肖さん

 

そして王さんは、「民国時代における北京の『幌子』の意匠研究」について、北京の看板を分析し、

幌子(看板)の継承とその社会変遷を分析する修論でした。

 

これから社会人となっても研究を続け、その成果を自慢しに来てください。

もちろん近況報告も教員一同お待ちしています。