北海道文教大学

メニュー
  • HOME
  • 3つのポリシー

3つのポリシー

人間科学部 健康栄養学科

1.学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

健康栄養学科は、履修規定によって必要単位を取得し、必要な修業年限を満たしたうえで、以下の能力を身につけていると認められた学生に「学士(栄養学)」の学位を授与します。

  • 地域社会の生活習慣病予防・健康増進、および臨床の場において必要とされる高度な専門知識を体系的に身につけている。(知識・技能)
  • 科学的根拠に基づいて、人を対象とした適切な栄養指導・教育を行うために必要な知識・技術を身につけている。(知識・技能)
  • 特定給食施設において適切なマネジメントを行い、特定多数人に継続して適切に栄養管理された食事を提供するための知識・技術を身につけている(知識・技能)
  • 学んだ知識とその理解を基盤として、健康・栄養に関する問題について適切に情報を収集し、科学的に分析・検証することができる。(思考・判断・表現)
  • 対象者の栄養管理、栄養教育を行うために必要なコミュニケーション能力を身につけている。(思考・判断・表現)
  • 組織における管理栄養士設置部門や給食の運営に関する部署を統括・管理するためのマネジメント能力とチームを率いるリーダーシップを持っている。(思考・判断・表現)
  • 協働する医療・保健チームの中で適切な活動を行うことができる。(関心・意欲・態度)
  • 人々の健康の保持・増進に貢献する自覚と意欲をもち、積極的に行動し、必要な情報を発信することができる。(関心・意欲・態度)
  • 地域包括ケアシステムにおいて「食・栄養」の視点から、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援」が切れ目なく一体的に提供することができる。(関心・意欲・態度)

2.教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

・健康栄養学科は、社会で活躍する管理栄養士に必要な知識・技術を培うため、教養科目、専門基礎科目、専門科目を体系的に配置した教育課程を編成します。
・栄養士免許、管理栄養士国家試験受験資格、栄養教諭一種免許、食品衛生管理者及び食品衛生監視員(任用資格)を取得することができます。

  1. 教育内容

    (知識・技能)

    • 多様な学生に対応するため、高校で学んだ内容も含んだ基礎的な科目を配置する。
    • 栄養学、健康と病気の概念の理解に必要な専門基礎科目として「社会・環境と健康」「人体の構造と機能・疾病の成り立ち」「食べ物と健康」の科目群を配置する。
    • 管理栄養士が活躍する職場で必要とされる知識・技術を身につけるための専門科目として「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」の科目群を配置する。

    (思考・判断・表現)

    • 管理栄養士の業務に関する科学的根拠に基づく適切な計画・実行・評価・判定を行う能力を養うため「総合演習」「総合(卒業研究)」「臨地実習」の科目群を配置する。

    (関心・意欲・態度)

    • 明確な管理栄養士像を造り上げるため、導入教育として 「管理栄養士概論」「食・生活教育演習」を配置する。
    • 現場で管理栄養士が必要とされるスキルを身に付けるため、「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」「総合演習」「隣地実習」の科目群を配置する。
  2. 教育方法
    • 少人数教育を演習、実習で実施し、学生の能力に応じた教育ができるようにする。
  3. 教育評価
    • 科目の特性に応じて,試験,レポート及び成果物等により,幅広い知識の修得度を客観的に評価する。

3.学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像
健康栄養学科は、社会において管理栄養士として活躍し、人々の健康と社会の福祉に貢献したいと考え、そのための教育に前向きに取り組む意欲のある人を受け入れます。

(知識・技能)

  • 管理栄養士の学術的根拠となる栄養学を学ぶために、必要となる生物や化学、国語などの基本的な学力および一般的な計算能力を身につけている。

(思考・判断・表現)

  • 課題に対し「どこが問題なのか」「解決には何が必要か」などを自分で考えることができる人。

(関心・意欲・態度)

  • 実験・実習などにおいて、他者と協働して作業を行うことができる態度を身につけている人。

公式SNSSNS