2021年12月24日

R-CAP受検と解説セミナーを開催しました

 

毎年、3年生対象に行っている適職発見テスト「R-CAP(アールキャップ)」を10月に実施しました。このテストは、さまざまな人間の思考パターンの中から、自分がどの傾向にあるかを知ることによって、自分に向いている仕事環境や、どのような職業についている人が自分の思考に近いかが分かる、とても面白いテストです。

就職活動だけではなく、実習やアルバイト先での人間関係や職場環境に悩んだ時には、自分の特性が事前に分かっているだけで、解決方法を探せるようになります。

 

今年も多くの学生が受検し、12月には診断結果をどう活かしていくかを説明する解説セミナーをWEBで開催しました。

セミナーでは、zoomのブレイクアウトルーム機能を使用したグループワークを行ったり、講師の問いかけにみんなでリアクションしたりと参加型の解説会となり、大変盛り上がりました。残念ながら、参加できなかった学生に対しては、後日、上映会を開き、当日の映像を視聴してもらいました。

 

解説セミナーの参加者からは、

「改めて自分の興味のある職業がわかったり、思っていなかった自分のタイプなどがわかってよい機会になりました。」

「結果報告書だけではわからないことを、具体例を出して教えてくれたので、新たな発見に気づき面白かったです」

などの感想がありました。

 

2月には、結果報告書を使った、エントリーシート作成講座を開講する予定です。

3月からの就職活動スタートに役立ててもらいたいと思います。