北海道文教大学

メニュー

教員詳細

教員紹介

金子 翔拓


所属 人間科学部 作業療法学科
大学院リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(併任)
職名・学位 准教授,作業療法学博士(札幌医科大学大学院)
氏名 金子 翔拓 [ KANEKO Shouta ]
大学院授業担当の有無
担当科目 北海道文教大学人間科学部作業療法学科  担当科目:解剖学実習, 運動学Ⅰ, 運動学Ⅱ, 運動学実習, 作業療法評価学Ⅰ, 作業療法評価学演習,作業療法評価学実習Ⅰ, 作業療法評価学実習Ⅱ, リハビリテーション障害学, 身体障害作業療法治療学実習, 身体障害作業療法治療学特論(運動器), 臨床実習Ⅳ, 作業療法研究Ⅰ・Ⅱ, 作業療法総合セミナーⅠ・Ⅱ, 人間と住居
北海道文教大学大学院リハビリテーション科学研究科  担当科目:リハビリテーション科学特論、上肢作業機能回復学特論・演習、リハビリテーション科学特別研究
学内委員会委員,指導担当サークル顧問等 学生委員,3・4年アドバイザー
学生へのメッセージ 作業療法はおもしろいです。 でも, おもしろくするかしないかは自分次第です。 常に自分自身を磨いていけるように一緒に頑張りましょう。
研究のキーワード(3つまで) 上肢機能障害,ハンドセラピィ(蓄積外傷疾患, overuse syndrome),運動器リハビリテーション
所属学会名・社会活動等 日本作業療法士協会,北海道作業療法士会,日本運動器科学会,日本ハンドセラピィ学会,北海道ハンドセラピィ研究会,北海道整形災害外科学会,作業療法の実践と科学 編集委員,作業療法の実践と科学 査読委員,北海道作業療法学会 演題審査委員,日本作業療法学会 演題審査委員, Asian Journal of Occupational therapy 査読委員, 北海道作業療法士会 事業部部長
受賞 2014 ORS annual meeting 60th anniversery.
The best of ORS in Hand and Wrist category.
Title: Effect Of The Horizontal Extension Technique On The Cross-sectional Area Of The Carpal Tunnel
主な著書 ・論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称
著書・論文
上腕骨外側上顆炎症例の股関節可動域の検討 共著(筆頭) 2021年 整形外科 2021, in Press
上肢運動器疾患の画像リハビリテーション 評価・戦略・アプローチのすべて 共著 2018年09月 HUMAN PRESS(東京)
整形外科疾患の方の生活に役立つ作業療法 ~手根管症候群に焦点を当てて~ 単著 2017年01月 北海道作業療法 Vol. 34, No.1, 9-15, 2017
良導絡を用いた直流電気刺激が慢性疼痛に及ぼす影響 共著 2017年06月 日本良導絡自律神経学会雑誌 Vol.62, NO.2・No.3, 131-135
キツネ手の握力発揮時の筋活動特性 ‐表面筋電図を用いた検討‐ 共著 2017年10月 北海道作業療法 Vol.34, NO.3, 131-136
役割の要素を含んだ作業機会の提案が精神的苦痛や不活動状態を断ち切り, 自宅退院に至った一例 共著 2017年12月 北海道作業療法 Vol.34, No4, 188-192
上腕骨外側上顆炎に対するリハビリテーション 共著
(筆頭者)
2015年09月 全日本病院出版会 Monthly Orthopedics
臨床ハンドセラピィ Our Hand Therapy Protocol 共著 2011年08月 文光堂(東京)
Forearm pain, diagnosed as intersection syndrome, managed by taping: a case series 共著
(筆頭者)
2011年 J Orthop Sports Phys Ther. 2011:41(7):514-519.
Normal kinematics of the upper cervical spine during the Flexion-Rotation Test – in vivo measurements using Magnetic Resonance Imaging 共著 2011年 Man Ther. 2011 Apr;16(2):167-71.
A radiographic analysis of the influence of initial neck posture on cervical segmental movement at end-range extension in asymptomatic subjects 共著 2011年 Man Ther. 2011 Feb;16(1):74-9.
研究・論文への途 私の研究の第一歩 : OTにとってのOT-NO-MONO (御手の物) とは (1) 単著 2016年06月 北海道作業療法 33(2): 109-109, 2016.
研究・論文への途 「私の研究の第一歩 : 北海道作業療法への初めての投稿」 単著 2016年10月 北海道作業療法 33(3): 159-160, 2016.
研究・論文への途 「私の研究の第一歩 : 統計って難しい?~尺度について~」 単著 2016年12月 北海道作業療法 33(4): 201-202, 2016.
研究・論文への途 「私の研究の第一歩 :このデータは正規分布しているの?」 単著 2017年02月 北海道作業療法 34(1):23-26, 2017
研究・論文への途 「私の研究の第一歩:分散と標準偏差について」 単著 2017年06月 北海道作業療法 34(2):101-105, 2017.
研究・論文への途 「作業機能障害の種類と評価 -Classification and Assessment of Occupational Dysfunction: CAOD- の紹介」 単著 2017年10月 北海道作業療法 34(3):137-138, 2017.
研究・論文への途 「私の研究の第一歩:F検定とは」 単著 2017年12月 北海道作業療法 34(4):193-196, 2017
研究・論文への途 「私の研究の第一歩:スチューデントのt検定」 単著 2018年02月 北海道作業療法 35(1):43-46, 2018
研究・論文への途 「私の研究の第一歩:対応のあるt検定」 単著 2018年06月 北海道作業療法 35(2):123-126, 2018.
研究・論文への途 「私の研究の第一歩:ウェルチのt検定とは」 単著 2018年10月 北海道作業療法 35(3):179-182, 2018.
研究・論文への途 「私の研究の第一歩:テニス肘はパソコン肘か?」 単著 2018年12月 北海道作業療法 35(4):237 – 239, 2018
ピアノ経験者と未経験者の母指橈側外転および小指尺側外転の関節可動域の比較 共著
(筆頭者)
2013年06月 北海道作業療法 Vol.30, No.1, 2013.
当院における音楽家の手の障害に対するリハビリテーションの取り組み 共著
(筆頭者)
2012年12月 北海道作業療法 Vol.29, No.2, 151 – 156, 2012.
de Quervain病の各誘発テストにおける特異度の検討 共著
(筆頭者)
2012年06月 北海道作業療法 Vol.29, No.1, 19-24, 2012.
手根管症候群症例に対するhorizontal extension techniqueの効果. 共著
(筆頭者)
2011年 運動・物理療法. 2011, 22(4):431-435
上腕骨外側上顆炎に対するテーピングを用いた上肢アライメント修正の効果とHorizontal flexion testの検討 共著
(筆頭者)
2011年 北海道作業療法. Vol.28, No.2, 78-83, 2011.
PIP関節症(Bouchard結節)に対して低出力レーザー治療が有効だった1症例 共著
(筆頭者)
2011年 北海道作業療法. Vol.28, No.1, 23-27, 2011.
屈筋腱狭窄性腱鞘炎に対する装具療法 共著
(筆頭者)
2011年 整・災外. 54:391-395, 2011.
de Quervain病の疼痛 -腱鞘炎由来と関節由来の疼痛の存在- 共著
(筆頭者)
2011年 北海道作業療法. Vol.27, No.3, 93-98, 2011.
horizontal extension techniqueによる手根管の形態変化:MRI画像を用いた計測 共著
(筆頭者)
2010年 運動・物理療法. 21(4):343-348, 2010.
Mulligan’s Mobilizationによる上腕骨外側上顆炎症例への効果 共著
(筆頭者)
2010年 日本ハンドセラピィ学会誌. Vol.3, 57-61, 2010.
屈筋腱狭窄性腱鞘炎に対するスプリント療法 共著
(筆頭者)
2009年 北海道作業療法. V0L.26, No.3, 130-135, 2009.
肩関節外転における頚椎分節運動のMRI解析 共著 2009年 整・災外.52:421-425,2009.
The influence of cervical traction, compression and Spurling’s test on cervical intervertebral foramen size 共著 2009年 Spine 2009; 34:1658-62.
Application of Mechanical Diagnosis and Therapy to a patient diagnosed with de Quervain’s disease: a case study 共著
(筆頭者)
2009年 J Hand Ther. 2009 Jul-Sep; 22(3):278-84.
Cervical segmental motion induced by shoulder abduction assessed by magnetic resonance imaging 共著 2009年 Spine.2009 Feb 1; 34(3):E122-6.
The influence of sacroiliac joint form closure on the hip and lumbar spine extensor muscle firing pattern 共著 2009年 Man Ther. 2009 Oct; 14(5):484-9.
口頭発表
上腕骨外側上顆炎症例に対する胸椎mobilizationの疼痛軽減に対する即時効果 -a single case study- 共著
(筆頭者)
2021年 第33回日本ハンドセラピィ学会
つまみ動作の違いは母指CM関節求心位に影響を及ぼすか? 共著 2021年 第33回日本ハンドセラピィ学会
ピンチ動作の母指CM関節求心位への効果~指尖,指腹,側副つまみでの検討 共著 2020年 第139回北海道整形災害外科学会
ピンチ動作の違いが, 母指CM関節求心位に及ぼす効果 – 体表エコー検査による検討 – 共著 2020年 第54回日本作業療法学会
人工股関節全置換術後の靴下着脱動作に対する重要度, 遂行度, 満足度についての第一報 共著 2020年 第54回日本作業療法学会
パーデュー・ペグボードを用いた屈筋腱狭搾性腱鞘炎症例の手指巧緻性の評価 共著
(筆頭者)
2020年 第54回日本作業療法学会
右中指屈筋腱狭搾性腱鞘炎に対するPIP関節blocking splintが有効だった1症例 共著
(筆頭者)
2020年 第32回日本ハンドセラピィ学会, 新潟
手根管の拡張を目的としたテーピング療法が有効であった手根管症候群の一例 共著 2020年 第32回日本ハンドセラピィ学会, 新潟
Positive ratios of the horizontal flexion test for lateral epicondylitis between patients and non-patients(tennis players and non-tennis players) 共著
(筆頭者)
2019年 11th Congress of IFSHT( International Federation of Societies for Hand Therapy)(abstract No. IFSHT19-1209), Berlin, Germany
Positive rate of horizontal flexion test for healthy subjects of visual display terminal worker 共著 2019年 11th Congress of IFSHT( International Federation of Societies for Hand Therapy)(abstract No. IFSHT19-1208), Berlin, Germany
Characteristics of skin electrical resistance excited and inhibition parts using Ryodoraku for cervical and lumbar vertebral diseases 共著 2019年 International Association of Ryodoraku Medical Science(IARMS Workshop lectures and technical seminars in Tokyo
上腕骨外側上顆炎症例はテニス肘罹患側の股関節内旋制限を認める 共著 2019年 第50回北海道作業療法学会
VDT作業者のhorizontal flexion test の陽性率 -VDT作業者と非作業者の比較- 共著 2019年 第50回北海道作業療法学会
肘部管症候群に対する肩関節内旋肘屈曲テストの健常若年者の陽性率に性差が与える影響 共著 2019年 第50回北海道作業療法学会
肘部管症候群に対する肩関節内旋肘屈曲テストの健常若年者の陽性率にスポーツ歴が与える影響 共著 2019年 第50回北海道作業療法学会
Horizontal flexion test が陽性のデスクワーク従事者の利き手および非利き手側の陽性率 共著 2019年 第50回北海道作業療法学会
腰椎椎間板ヘルニア症例に対しボディワーク(ヨガ)を用いた治療経験 共著 2019年 第50回北海道作業療法学会
Box and Block testを用いた肩関節周囲炎患者のMental Chronometry(心的時間測定)能力の検討 共著 2019年 第50回北海道作業療法学会
Visual display terminals作業従事者における上腕骨外側上顆炎症例の特徴 共著 2019年 第53回日本作業療法学会, 福岡
臨床実習とプレイバックシアター – テキストマイニングによる検討 – 共著 2019年 第53回日本作業療法学会, 福岡
VDT作業はテニス肘発症の原因か? 共著(筆頭) 2019年4月 第31回日本ハンドセラピィ学会、札幌
実習施設学生配置システム作成の試み ~教育・研究時間確保のために~. 共著 2018年8月 第31回教育研究大会・教員研修会
作業機能障害(作業周縁化)が残存した肩関節周囲炎症例に対する作業療法の経験. 共著(筆頭) 2018年6月 第49回北海道作業療法学会
運動経験がMental Chronometry(心的時間測定)へ与える影響. –Box and Block testを用いた検証- 共著 2018年6月 第49回北海道作業療法学会
STEFを用いた運動イメージの順番によるMental Chronometry(心的時間測定)への影響. 共著 2018年6月 第49回北海道作業療法学会
STEFの物品の重さ・大きさ・形状がMental Chronometry(心的時間測定)へ与える影響. 共著 2018年6月 第49回北海道作業療法学会
作業機能障害(作業不均衡)が残存した槌指症例に対する作業療法 共著 2018年6月 第49回北海道作業療法学会
STEFを用いた性差および左右差におけるMental Chronometryの検討. 共著 2018年6月 第49回北海道作業療法学会
上腕骨外側上顆炎に対する各種疼痛誘発テストの健常者および有症状者の陽性率 共著(筆頭) 2018年4月 第30回日本ハンドセラピィ学会、東京
中学硬式野球選手における腹横筋厚の特徴―腰痛有無と左右筋厚率の関連性について検討― 共著 2017年7月 第30回日本臨床整形外科学会学術集会
Kendallの姿勢評価における信頼性についての検討 共著 2017年7月 第30回日本臨床整形外科学会学術集会
アキレス腱断裂保存療法に対し,早期スポーツ復帰が可能となった1症例 共著 2017年7月 第30回日本臨床整形外科学会学術集会
頸椎神経根症由来の神経症状に対し,Mckenzie法が有効だった1症例 共著 2017年10月 第68回北海道理学療法士学術大会
地域在住高齢者における手の機能と認知機能,QOLとの関係性 共著 2017年9月 第51回日本作業療法学会
若年健常者の手の機能とQOL,生活満足度の関連 共著(筆頭) 2017年9月 第51回日本作業療法学会
Bowlus‐Currierテストの健常人における正答率 共著 2017年6月 第48回北海道作業療法学会
人工肩関節置換術後症例の卓球復帰に向けた作業療法の経験 共著 2017年6月 第48回北海道作業療法学会
de Quervain病は円回内筋が関与するか 共著(筆頭) 2017年6月 第48回北海道作業療法学会
上腕骨外側上顆炎に対する徒手療法およびテーピング療法 共著(筆頭) 2017年5月 第90回日本整形外科学会学術集会、シンポジスト
中学硬式野球選手における腰痛と腹横筋厚の関連性について検討. 共著 2016年11月 第67回北海道理学療法士学術大会, 2016年11月5日~6日, 函館
中指MP関節blocking splint装着時のMP関節角度によるSTEFへの影響 共著
(筆頭者)
2016年9月 第50回日本作業療法学会
肩関節外転角度による手関節伸筋群への影響 共著 2016年9月 第50回日本作業療法学会
橈骨遠位端骨折ギプス固定後に発症したCRPSにミラーセラピーが有効だった2症例 共著
(筆頭者)
2016年7月 第29回日本臨床整形外科学会学術集会
皮膚電気抵抗を利用した深部直流電流刺激の可能性~慢性疼痛に対する治療効果の検討~ 共著 2016年7月 第29回日本臨床整形外科学会学術集会
Redcord Exerciseによる安定性限界域の即時効果 共著 2016年7月 第29回日本臨床整形外科学会学術集会
手根管症候群に対する横手根靱帯ストレッチングの反応要因の検討 共著
(筆頭者)
2016年6月 第47回北海道作業療法学会
橈骨遠位端骨折後のCRPSに対するミラーセラピーが有効であった1症例 共著 2016年6月 第47回北海道作業療法学会
上腕骨外側上顆炎の滑膜ヒダ障害に対するfringe impingement testの健常人における陽性率 共著 2016年6月 第47回北海道作業療法学会
上腕骨外側上顆炎の各種誘発テストの健常人における陽性率 共著 2016年6月 第47回北海道作業療法学会
整形外科疾患における生活に役立つ作業療法 単著 2016年6月 第5回全道研修会、講師
手根管症候群に対する横手根靱帯ストレッチングの反応による保存療法の選択と効果 共著
(筆頭者)
2016年4月 第28回日本ハンドセラピィ学会
長期間疼痛が続いた腰部脊柱管狭窄症に対して良導絡機器を用いた鍼治療で疼痛軽減が得られた1症例 共著 2016年3月 第63回北海道プライマリ・ケア研究会学術集会
自動車運転時のハンドル操作時に症状を増悪させる手根管症候群を経験して. 共著
(筆頭者)
2015年10月 第46回北海道作業療法学会
de Quervain病改善症例における母指・小指同時自動外転時の手関節尺屈角度 共著
(筆頭者)
2015年10月 第46回北海道作業療法学会
マウスクリック時の手関節伸筋群の筋活動~手関節橈尺屈の違いによる検討~ 共著 2015年10月 第46回北海道作業療法学会
肘部管症候群に対して腕尺関節tractionが有効であった1症例 共著 2015年10月 第46回北海道作業療法学会
Redcord Exerciseが動的バランスに与える影響について. 共著 2015年7月 第27回日本運動器科学会
ピアノ経験者の母指および手関節運動の特性 共著
(筆頭者)
2015年6月 第49回日本作業療法学会
肩関節の肢位が手関節伸筋群の筋活動に与える影響 共著 2015年6月 第49回日本作業療法学会
de Quervain病症例における母指・小指同時自動外転時の手関節尺屈角度の検討 共著
(筆頭者)
2015年4月 第27回日本ハンドセラピィ学会
ピアノ経験者と未経験者の母指・小指同時自動外転時の手関節尺屈角度の比較 共著
(筆頭者)
2014年10月 第45回北海道作業療法学会
肘外側部痛症候群に対する運動療法が有効であった1症例 単著 2014年10月 第45回北海道作業療法学会
クリニカルクラークシップに向けたOSCE導入の試み 共著 2014年10月 第45回北海道作業療法学会
母指CM 関節症に対してスプリント療法が有効だった1 症例 共著 2014年7月 第27回日本臨床整形外科学会学術集会
BS-POP 陽性となった慢性腰痛患者に対するマッケンジー法の効果 共著 2014年7月 第27回日本臨床整形外科学会学術集会
上腕骨外側上顆炎に対するHorizontal flexion testの感度と特異度 ~患者と健常者(テニス群と非テニス群)による検討~ 共著
(筆頭者)
2014年6月 第48回日本作業療法学会
Sensitivity and specificity of the horizontal flexion test for lateral epicondylitis between patients and non-patients(tennis players and non-tennis players). 共著
(筆頭者)
Yokohama, 2014 16th World federation Occupational therapy
Effect Of The Horizontal Extension Technique On The Cross-sectional Area Of The Carpal Tunnel. (Best of ORS in Hand and Wrist) 共著
(筆頭者)
2014年3月 60th Orthopaedic Research Society
上腕骨外側上顆炎に対するHorizontal flexion testの感度と特異度 ~患者と健常者(テニス群と非テニス群)による検討~ 共著
(筆頭者)
2013年10月 第44回北海道作業療法学会
ピアノ経験者と未経験者の母指橈側外転および小指尺側外転の関節可動域の比較 共著
(筆頭者)
2013年10月 第44回北海道作業療法学会
テニス肘に対するテーピング療法 共著
(筆頭者)
2013年7月 第26回日本臨床整形外科学会学術集会
上腕骨外側上顆炎に対するHorizontal flexion testの感度と特異度 ~患者と健常者(テニス群と非テニス群)による検討~ 共著
(筆頭者)
2013年7月 第25回日本運動器科学会
上腕骨外側上顆炎に対するテーピング療法 共著
(筆頭者)
2013年07月 第26回日本臨床整形外科学会学術集会, 静岡
上腕骨外側上顆炎に対するテーピングを用いた上肢アライメント修正の効果とHorizontal flexion testの検討 共著
(筆頭者)
2013年06月 第47回日本作業療法学会, 大阪
クリニカルクラークシップ導入に向けた意向調査 共著 2013年6月 第47回日本作業療法学会
キツネ手の筋活動特性について -表面筋電図を用いた検討- 共著 2013年6月 第47回日本作業療法学会
上腕骨外側上顆炎に対するテーピングを用いた上肢アライメント修正の効果とHorizontal flexion testの検討 共著
(筆頭者)
2013年6月 第47回日本作業療法学会
上腕骨外側上顆炎に対する保存療法 ~関節Mobilizationの効果と適応~ 共著
(筆頭者)
2013年02月 第25回日本肘関節学会学術集会, 東京
Forearm Pain, Diagnosed as Intersection Syndrome, Managed by Taping: A Case Series 共著
(筆頭者)
2012年10月 5th APFSHT (Asian Pacific Federation of Society for Hand Therapist). Indonesia
Effects of the horizontal extension technique for carpal tunnel syndrome 共著
(筆頭者)
2012年10月 5th APFSHT (Asian Pacific Federation of Society for Hand Therapist). Indonesia
Application of Mechanical Diagnosis and Therapy for Trigger Finger – A Case Series 共著
(筆頭者)
2012年10月 5th APFSHT (Asian Pacific Federation of Society for Hand Therapist). Indonesia
Intersection syndromeに対するテーピング療法による治療経験 共著
(筆頭者)
2012年10月 第43回北海道作業療法学会, 札幌
手根管症候群症例に対するhorizontal extension techniqueの効果 共著
(筆頭者)
2012年10月 第27回日本整形外科学会基礎学術集会, 愛知
手根管症候群症例に対する横手根靭帯ストレッチの効果 共著
(筆頭者)
2012年07月 第25回日本臨床整形外科学会学術集会, 神戸
Intersection syndromeに対するテーピング療法の効果 共著
(筆頭者)
2012年06月 第46回日本作業療法学会, 宮崎
上腕骨外側上顆炎に対するテーピングを用いた上肢アライメント修正の効果とHorizontal flexion testの検討 共著
(筆頭者)
2011年 第42回北海道作業療法学会, 札幌
手根管症候群症例に対するhorizontal extension techniqueの効果 共著
(筆頭者)
2011年 第23回日本運動器科学会, 新潟
de Quervain病の各誘発テストにおける特異度の検討 共著
(筆頭者)
2011年 第24回日本臨床整形外科学会学術集会, 長崎
屈筋腱狭窄性腱鞘炎に対する装具療法の効果 共著
(筆頭者)
2011年 第24回日本臨床整形外科学会学術集会, 長崎
腰部脊柱管狭窄症に対するマッケンジー法の効果の検討—腰部脊柱管狭窄症に対するマッケンジー法の可能性— 共著 2011年 第46回日本理学療法学術大会, 宮崎
A case-series of forearm pain, diagnosed as intersection syndrome, managed by Mulligan taping 共著 2011年 2nd International Mulligan Concept Conference. Porto
Application of Exercise Therapy to Trigger Finger Case Series 共著
(筆頭者)
2010年10月 The 7th Pan-Pacific Conference on Rehabilitation, Hong Kong
Structural change of the carpal tunnel by the use of the horizontal extension technique measured by magnetic resonance imaging 共著
(筆頭者)
2010年6月 8th Triennial Congress of IFSHT (International Federation of Societies for Hand Therapy), USA
The influence of cervical traction, compression and Spurling’s test on cervical intervertebral foramen size 共著 2010年6月 1st conference of the Neuro Orthopaeidic Institute, Nottingham
de Quervain病に対する徒手療法~関節由来の疼痛の存在~ 共著
(筆頭者)
2010年 第41回北海道作業療法学会, 札幌
de Quervain病に対するスプリント療法 共著
(筆頭者)
2010年 第41回北海道作業療法学会, 札幌
当院における腰痛と下肢症状に対するマッケンジー法の効果 共著 2010年 第23回日本臨床整形外科学会学術集会, 神奈川
Horizontal extension techniqueによる手根管の形態変化:MRI評価を用いて 共著
(筆頭者)
2010年 第22回日本運動器リハビリテーション学会, 宮城
Effects of Mulligan’s Mobilization for Lateral Epicondylalgia 共著
(筆頭者)
2009年11月 The 4th APFSHT (Asian Pacific Federation of Society for Hand Therapist). Taiwan
Structural change of the carpal tunnel by the use of the horizontal extension technique measured by magnetic resonance imaging 共著
(筆頭者)
2009年11月 8th APFSSH (Asian Pacific Federation of Societies for Surgery of Hand).
Influence of cervical traction, compression and Spurling’s test on cervical intervertebral foramen size 共著 2009年11月 Australian Physical Association Conference, Sydney, Australia
Cervical segmental motion induced by shoulder abduction assessed by magnetic resonance imaging 共著 2009年 1st International Conference on the Mulligan Concept. Chicago, USA
肩関節外転における頚椎分節運動のMRI解析 共著
(筆頭者)
2009年 第24回日本整形外科学会基礎学術集会, 神奈川
Mulliganアプローチによる上腕骨外側上顆炎症例への効果 共著
(筆頭者)
2009年 第40回北海道作業療法学会, 札幌
屈筋腱狭窄性腱鞘炎(ばね指)に対するsplint療法 共著
(筆頭者)
2009年 第43回日本作業療法学会, 福島
屈筋腱狭窄性腱鞘炎(ばね指)に対する治療の試み 共著
(筆頭者)
2008年 第39回北海道作業療法学会, 千歳
de Quervain病に対してMobilization with movement が有効だった1症例 共著
(筆頭者)
2008年 第42回日本作業療法学会, 長崎
Mulliganアプローチによる膝関節OA患者への効果-予備研究結果- 共著 2008年 第43回日本理学療法学会, 福岡
急性期頚髄損傷患者様に対して、自助具・環境整備が有効だった1症例 共著
(筆頭者)
2007年 第38回北海道作業療法学会, 小樽
特許
靴用インソール 共同発明 2014年03月 特許第5498631号.

公式SNSSNS