北海道文教大学

メニュー

教員詳細

教員紹介

瀧山 晃弘


所属 人間科学部 作業療法学科
大学院 リハビリテーション科学研究科(併)
大学院授業担当
研究のキーワード 診断病理学, 定量形態学, 計算トポロジー
学内委員会,サークル顧問等 安全衛生委員会委員
所属学会名・社会活動等 日本数学会, 日本病理学会, 日本臨床細胞学会, 日本精神神経学会, 日本肝臓学会, 日本膵臓学会, 日本バイオインフォマティクス学会, 北海道医学会, International Association of Pancreatology(以上各会員), 国際芸術連盟専門家会員
学生へのメッセージ 夢を持ち続けていれば, 必ず実現します.
主な著書 ・論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称
著書
 -   -   -   - 
論文
Computer-aided classification of hepatocellular ballooning in liver biopsies from patients with NASH using persistent homology 共著 2020年7月 Computer Methods and Programs in Biomedicine, doi.org/10.1016/j.cmpb.2020.105614
Persistent homology index as a robust quantitative measure of immunohistochemical scoring 共著 2017年10月 Scientific Reports 7, Article number: 14002
脊髄虚血による術後対麻痺を合併した炎症性腹部大動脈瘤破裂の1例 共著 2017年10月 日本血管外科学会雑誌26, 271-274
大腸転移巣からの出血が発見契機となった肝外発育型肝細胞癌の1例 共著 2017年4月 日本消化器病学会雑誌, 114(4): 691-699
病理形態学における位相幾何学的方法 共著 2017年1月 病理と臨床, 35(1): 55-65
Classification of Degree of Differentiation of Colorectal Neoplasm by Changes in the Betti Number 共著 2016年8月 13th European Congress on Digital Pathology Proceedings, diagnostic pathology 1(8): 229
An image analyzing method by a homology concept for fracture surfaces 共著 2015年5月 Advanced Materials Research, 1102: 135-138
Homology-based method for detecting regions of interest in colonic digital images 共著 2015年4月 Diagnostic Pathology, 10: 36
腸間膜に発生した腹腔内デスモイド腫瘍2例の検討 共著 2014年12月 臨床と研究, 91(12): 1623-1628
Pathology of frontotemporal dementia with limb girdle muscular dystrophy caused by a DNAJB6 mutation 共著 2014年10月 Clinical neurology and neurosurgery, 127: 10-12
リツキシマブ投与終了10 カ月後に発症したHBV 再活性化de novo 肝炎の1 例 共著 2013年3月 肝臓, 54(3): 194-202
十二指腸乳頭部原発腺内分泌細胞癌の1例 共著 2013年2月 日本消化器病学会雑誌, 110(2): 282-289
著明な石灰化を伴った肝原発神経内分泌腫瘍の1例 共著 2013年1月 肝臓, 54(2): 152-160
胆管原発腺扁平上皮癌の画像所見と臨床病理の特徴:自験3例の検討から 共著 2012年11月 胆道, 27(2): 167-175
膵管癌と内分泌腫瘍合併・併存例の検討 共著 2012年5月 膵臓, 27(2): 175-184
肝細胞癌を合併した非線維化NASH及び遺伝子型Ae HBV起因B型慢性肝炎の1例 共著 2012年3月 肝臓, 53(2): 90-100
急激な経過で死亡した新型インフルエンザ肺炎症例の病理学的検討 共著 2011年3月 分子呼吸器病, 15(1): 132-136
Sudden Death of a Patient with Pandemic Influenza (A/H1N1pdm) Virus Infection by Acute Respiratory Distress Syndrome 共著 2010年1月 Japanese Journal of Infectious Diseases, 63(1): 72-74
A case of primary mediastinal liposarcoma with 6 years of follow-up to autopsy, which revealed the histopathological features of the primary and metastatic lesions 共著 2009年12月 Internal Medicine, 49(8): 771-775
A case of central nervous system lymphomatoid granulomatosis with lymph node and bone marrow involvements 共著 2008年10月 Neuropathology, 28(6): 640-644
拡張ガウス写像と全曲率による蛋白質の立体構造の新たな特徴付け 単著 2005年5月 北海道医学雑誌, 80(3): 295-306
皮膚マンソン孤虫症の1例 共著 2002年10月 診断病理, 19(4): 370-371
Chromophobe renal cell carcinoma with osteosarcoma-like differentiation 共著 2002年10月 American Journal of Surgical Pathology, 26(10): 1358-1362
副腎骨髄脂肪腫を合併した腎腺腫の1例 共著 2002年4月 診断病理, 19(2): 134-137
A time-like surface in Minkowski 3-space which contains light-like lines 共著 1999年3月 Journal of Geometry, 64(1-2): 95-101
A time-like surface in Minkowski 3-space which contains pseudocircles 共著 1997年2月 Proceedings of the Edinburgh Mathematical Society, 40(1): 127-136
口頭発表
Applications of persistent homology to quantitative immunohistochemistry 共著 2018年6月 第107回日本病理学会総会
The case studies of using computational homology in medical science 共著 2018年3月 日本数学会2018年度年会
病理形態学とトポロジー 共著 2017年9月 日本応用数理学会2017年度年会
Applications of persistent homology to immunohistochemistry 共著 2017年8月 Applied Algebraic Topology 2017
病理形態学における位相幾何学的方法 単著 2015年7月 第12回日本病理学会カンファレンス, 神戸
An image analyzing method for fracture surface by homology 単著 2014年12月 2014 the 4th International Conference on Mechatronics and Applied Mechanics (ICMAM2014), Shenzhen
計算ホモロジーの病理形態学への応用 単著 2014年9月 北海道大学数学連携研究センター 第30回数学連携サロン, 北海道大学
3次元ミンコフスキー空間の中の擬球面の特徴付けについて 単著 1995年7月 研究集会「接触幾何学と関連分野」, 秋田

公式SNSSNS