北海道文教大学

メニュー

教員詳細

教員紹介

辻 幸美


所属 人間科学部 看護学科
職名・学位 講師・修士(看護学)
氏名〔英語表記〕 辻 幸美 〔 TSUJI Yukimi 〕
大学院授業担当の有無
担当科目 生涯発達論、老年看護学援助論Ⅰ・Ⅱ、老年看護学実習、看護研究Ⅱ、老年医学
学内委員会委員,指導担当サークル顧問等 3年生アドバイザー
学生へのメッセージ 共に、生涯学び続けましょう!!
研究のキーワード(3つまで) 認知症高齢者 終末期ケア Comfort Theory
所属学会名・社会活動等 日本看護科学学会、日本老年看護学会、日本認知症ケア学会、日本在宅ケア学会、北日本看護学会、日本看護学教育学会、日本看護研究学会

北海道医療大学学術学会

主な著書 ・論文等の名称 単著・共著の別 発行又は
発表の年月
発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称
著書
論文
グループホームで終末期を迎えた認知症高齢者の食事に関する
家族の満足度と影響要因
共著 2016年01月 日本認知症ケア学会誌 第14巻第4号
脳血管疾患を伴う高齢者の平均在院日数と認知症との関連 単著 2016年03月 日本医療大学紀要 第2巻
学生と地域を巻き込んだ認知症理解に関する活動報告 共著 2019年03月 北海道文教大学研究紀要 第43号
口頭発表
グループホームで最期を迎えた認知症高齢者の食事に関する
家族の満足度と影響要因
共著 2015年05月 第16回日本認知症ケア学会大会
Care considered good by families of elderly people with dementia living in group homes and receiving end-of-life care and care that families would like to prioritize in the future 共著 2016年02月 19th EAFONS
脳血管疾患を発症した高齢者における認知症の有無と
平均在院日数や転帰先の関連
単著 2017年07月 日本在宅ケア学会 第22回学術集会
看護教育におけるアクティブラーニングに関する文献検討 共著 2018年12月 日本看護研究学会 第38回学術学会
Review of literature on utilization of Kolcaba “Comfort Theory“
in nursing practice in Japan
単著 2019年01月 2019EAFONS
看護学生の地域連携に関する文献検討 共著 2019年09月 第22回北日本看護学会学術集会
大学で開催したキャリア支援プログラムに参加した小学生と保護者
の意見
共著 2019年11月 日本キャリア教育学会第41回研究大会
町内会における高齢者に関連した緩急の文献検討 共著 2019年11月 第39回日本看護科学学会学術集会
地域イベント「職業図鑑」にスタッフとして参加した学生の気づき 共著 2020年02月 感性フォーラム札幌2020
認知症高齢者の食事支援に対する評価尺度の文献検討 単著 2020年6月 第25回日本在宅ケア学会学術集会
初年度看護学生が地域の健康課題を見出す企画において学習意欲が向上した要因 共著 2020年9月 第23回北日本看護学会学術集会
高齢者の町内会活動への参加に関する文献検討 共著 2020年3月 北海道文教大学研究紀要第45号
看護学生が受講する看護過程演習に関する文献検討 共著 2020年3月 北海道文教大学研究紀要第45号

公式SNSSNS