北海道文教大学

メニュー
  • HOME
  • 3つのポリシー

3つのポリシー

人間科学部 作業療法学科

ディプロマポリシー

何ができるようになるか

社会性と教養を身につけた理学療法士になることができる。

  1. 作業療法を実践するために必要な基本的知識を身につけている。
  2. 作業療法学を考究し発展させるために必要な基本的知識を身につけている。
  3. 作業療法評価学・作業療法治療学の基本的技能を身につけている。
  4. 作業療法を実践するために必要な文章力・対人的コミュニケーションの技能・プレゼンテーションとディスカッションの基本的技能を身につけている。
  5. 作業療法理論に基づき、生活行為の向上について、対象者の自律性と個別性
    を尊重できる。
  6. 根拠に基づく作業療法(EBOT)の実践のために、問題を発見し、解決に必要
    な情報を収集・分析・整理し、論理的な解決法を見いだせる。

カリキュラムポリシー

どのようなことが学べるか

教員は、学生とともに新しいことに挑戦し、学生を励まし、学生の伸びを認める姿勢を保つ。

  1. 【教育課程編成】
    1. 学習者中心型教育・学習成果基盤型教育のために、体系性と順次性を重視した科目配置を行う。
  2. 【学修方法・学修過程】
    1. 問題発見とその解決および論理的思考力を養うために、課題について能動的に自ら探索するこ
      とを重視した教育(アクティブラーニング)を実施する。授業の事前・事後における主体的な学修を促進する。
    2. 知的好奇心すなわち問題発見能力を養うために、また、コミュニケーション能力を高める
      ために、グループ学習など対話型・学生参加型の授業法を取り入れる。
    3. 作業療法士としての基本的技能を身につけるために、臨床実習はクリニカルクラーク
      シップ(臨床参加型臨床実習)形式で行う。
    4. 特に初年次においては、多様な入学者が自ら学修計画を立て主体的な学びを実践できるように
      促す。
  3. 【学修成果の評価】
    1. 学習成果の把握のために、各科目における到達目標を明確に提示し、成績評価を厳格に行う。
    2. 筆記試験に加え、OSCE(客観的臨床能力試験)、ポートフォリオ、ルーブリックなどを用いた多元的で質の高い評価を行う。
    3. 評価結果について、学生に充分なフィードバックを行う。

アドミッションポリシー

求める学生像

  1. 作業療法に強い興味を持ち、積極的に学び続けようとする。
  2. 基礎学力を備えている。
  3. 他の人の言葉や文章の意味を正しく理解でき、自分の考えを文章や言葉ではっきりと表現することができる。
  4. 人間の構造・機能のメカニズムや、生活の背景について、様々な疑問を持ち想像をめぐらすことができる。
  5. 柔軟で誠実な姿勢で人に関わることができる。

公式SNSSNS