北海道文教大学

Top

3つのポリシーについて - 外国語学部

外国語学部 国際言語学科

ディプロマポリシー

  • 何ができるようになるか
    • 4年以上在籍し所定の単位数を修得すると共に、以下の素養を身に付け、 外国語としての英語運用能力において、相手と意思疎通が十分にはかれるレベルの学生に対して卒業を認定する。
      • 英米語コースでは、英語を実践的に運用できる知識とスキルを身につけている。
      • 観光・ビジネスコースでは、グローバルに展開する当該業界を理解し、実践に 応用可能な知識及び英語の技能を身につけている。
      • 4技能(聴く、話す、読む、書く)の運用能力を高め、実践の場で活用するこ とができる。
      • 目指す産業界が求める技能に習熟し、実践の場で活用することができる。
      • グローバル社会に通用するルールとマナーを身につけ、学びの成果を社会人生 活の中で活かして行こうとする。
      • 日常生活で適切な道徳観、倫理観を持ち、主体的に行動する。
      • 問題解決のために必要な情報を収集分析し、適切な判断を主体的に下すことが できる。

カリキュラムポリシー

  • どのようなことが学べるか
    • 学生が、自らの目標を明確に理解できる実践的な科目を設定します。
    • 少人数教育による、きめ細かな指導を行い、実践的な能力の向上に資する科目を設定します。
    • 目指す業界で求められる科目を設定します。
    • 学習の成果を、学生自らが理解でき、成長を確認できる指導をします。
    • 科目相互の関連を重視した適切な科目の展開及び学年配置をはかります。
      • 英語を使用言語とする授業を通じて、英語の実践的な運用能力を獲得できる。
      • 基礎ゼミを通じて、大学での学習の仕方、方法を学び、上級学年での実践的な アウトプット能力伸長へとつなげる。
      • TOEIC、英検、観光英検、または国内・総合旅行業務取扱管理者試験
      • 入学時から系統的にキャリア教育を実施する。キャリア・デザインⅠ、キャリア ・デザインⅡ、キャリアデザインⅢを入学時から順次学習していくことで、3年生後期からの就職活動にリンクさ せたカリキュラムとなっている。

アドミッションポリシー

  • 求める学生像
    • 自分の現状に満足せず、さらに高い目標に向かって努力しようとする人。
    • グローバル社会に生かせる語学力や知識を身につけ、世界の舞台で活躍しようと努力する人。
    • 仲間と協働することを楽しみ、自分と異なる価値観に対しても敬意を持てる人。
    • 大学卒業後に国際社会で即戦力となれるように、大学在学中での実践的な語学教育カリキュラムに取り組める人。
    • 対人コミュニケーション、プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートの基本能力を身につけ、ICTなどの知識を活用し、適切な情報発信ができる人。