北海道文教大学

Top

人間科学部 作業療法学科

作業療法士とは

作業療法とは、障害を予防する時期から人生の終末期に至るそれぞれの時期において、その人にとっての意味や目的に即した作業の特性を理解し、生活の営みにおける日常生活活動や社会参加に向けての適応能力、そして環境・社会資源の利用等の各要素の改善によって生活がより豊かにそして満足できるように援助する仕事です。
 介護保険導入による健康予防・促進の視点から今まさに作業療法士の活動分野は保健・医療・福祉の諸施設だけでなく地域社会や家庭に広がり「生活」のための幅広い専門知識が要求されています。また少子高齢化、障害の重複化などの社会的要請や医療技術の急速な進歩、社会情報化、国際化等の時代的変化に対応するため、医療専門職チームの一員として豊かな人間性と倫理観を持ち、新しい課題に適切に対応できる問題解決能力が求められています。

学科の特色

  • 豊かな人間性と倫理観を伴った幅広い専門知識とチーム医療領域を理解する
  • 国際的視野と複雑な社会状況に対処する問題解決能力を養う
  • 個人の生活を尊重し、敬意を持って人を理解するコミュニケーション能力を養う

作業療法臨床場面では、対象者との相互的な信頼にもとづいた協同作業が不可欠です。単に身体機能的な専門知識や技術をもつだけでなく心理学や社会科学などの幅広い知識が必要とされ、人権尊重、差別の禁止等の社会的常識や人間としての誠実さ・思いやり・敬意を持って人を理解するなどのコミュニケーション能力を備えた人格的資質に対する自己研鑽の機会が本学科では多く提供されます。

対象領域

  • 身体障害領域  精神障害領域
  • 発達障害領域 老年期障害領域
  • 他領域(免疫性疾患 内部疾患など)

充実の機器・施設で実践力を高める環境