北海道文教大学

Top

研究業績データベース

理学療法学科

教員名:池田 仁

所属人間科学部 理学療法学科
大学院リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(併任)
職名・学位教授・医学博士
氏名池田 仁 [IKEDA Hitoshi ]
大学院授業担当の有無
担当科目総合教養講座,病理学,応用解剖学実習,理学療法総合セミナー,疾病の成り立ち,臨床医学概論
大学院:リハビリテーション科学特論,生命科学特論,病態生理学特論,病態生理学特論演習,リハビリテーション科学特別研究
学内委員会委員,指導担当サークル顧問等研究倫理委員会委員,1・2年アドバイザー
学生へのメッセージ目標に向かって一歩づつ着実に前進しましょう
研究のキーワード(3つまで)診断病理学,疾患モデル動物,実験病理学
所属学会名・社会活動等日本病理学会(学術評議員,病理専門医),日本癌学会,日本臨床細胞学会(細胞診専門医)
主な著書 ・論文等の名称単著・共著の別発行又は 発表の年月発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称
(著書)
医療系学生のための病理学第4版共著2010年11月講談社
医療系学生のための病理学第3版共著2005年09月講談社
人体病理学原書第2版共訳2002年12月南江堂
医療系学生のための病理学第2版共著1999年03月講談社
(論文)
An unusual case of uterine cotyledonoid dissecting leiomyoma with adenomyosis共著2016年08月Diagnostic Pathology Vol.11, No.1 69~79
Epithelial–myoepithelial carcinoma of a minor salivary gland in the buccal mucosa.共著2016年05月Oral Radiology Vol.32, No.2, 130~135
Decreased expression of thymus-specific proteasome subunit β5t in Down syndrome patients共著2015年08月Histopathology Vol.67, No. 2, 235~244
Primary rhabdoid tumor with low grade glioma component of the central nervous system in a young adult共著2013年02月Neuropathology Vol.33, No.2 185~191
Intraparenchymal meningioma in a child. -case report-共著2011年11月Neurologia Medico Chirurgica Vol.51 793~797
Placental mesenchymal dysplasia, a case of intrauterine sudden death of fetus with rupture of cirsoid periumbilical chorionic vessels.共著2011年04月Diagnostic Pathology Vol.6, No.1 38~44
Rupture distal anterior inferior cerebellar artery aneurysm following stereotatic irradiation for vestubular schwannoma-case report-共著2009年05月Neurologia Medico Chirurgica Vol/49 202~205
Solitary fibrous tumour of the floor of the mouth.共著2008年03月Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery Vol.20, No.3 160~163
Rat CD4+CD8+ macrophages kill tumor cells through an NKG2D- and granzyme/perforin-dependent mechanism.共著2008年03月Journal of Immunology Vol.180, No.5 2999~3006
Enhanced production of p24 Gag protein in HIV-1-infected rat cells fused with uninfected human cells.共著2007年08月Experimental Molecular Pathology Vol.83, No.1 125~130
Role of neuronal interferon-gamma in the development of myelopathy in rats infected with human T-cell leukemia virus type 1.共著2006年07月American Journal of Pathology Vol.169, No1 189~199
そのほか[著書7編(英文3/邦文4編), 論文83編(英文66編/邦文17編),総説14編,科研費等報告書36報]