北海道文教大学

Top

3つのポリシーについて - 人間科学部

人間科学部 理学療法学科

ディプロマポリシー

  • 何ができるようになるか
    • 社会性と教養を身につけた理学療法士になることができる。
      • 【知識・理解】
        • 理学療法を行うための基本的な専門的知識・技術を身につけている。
        • 理学療法学やリハビリテーション医学の進歩に対応できる能力を身につけている。
      • 【思考・判断】
        • 理学療法学における課題を論理的に探求する能力を身につけている。
      • 【関心・意欲】
        • 対象者に配慮しながら理学療法士として主体的に行動できる。
        • 医療に関わる他の職種の役割を理解し、協力関係を築くことができる。
      • 【態度】
        • 幅広く教養を高める意識と、理学療法学の発展に貢献するという使命感を持っている。
      • 【技能・表現】
        • 理学療法士としての臨床場面での技能や研究におけるコミュニケーション能力を身につけている。

カリキュラムポリシー

  • どのようなことが学べるか
    • 豊かな人間性とコミュニケーション能力を身につけるために、多彩な教養科 目を配置し専門基礎科目と専門科目との連携を図ります。
    • 理学療法学の専門的知識・技術を系統的に学べるように、専門基礎科目、 専門科目、臨床実習を体系的に配置します。
    • 医療に関わる他の職種と適切な連携をとり、地域社会に貢献できる人材を 養成するために必要な専門基礎科目や専門科目を配置します。
    • 先進的な研究成果の理解力、課題探求能力、論理的な解決能力を身につけ るために、少人数ゼミ形式で研究の基礎を学ぶための教育を展開します。
    • 理学療法士国家試験受験資格を得ることができます。

アドミッションポリシー

  • 求める学生像
    • 【意欲として】
      • 医療や介護の現場でリハビリテーションに関わりたい人
      • 人間の運動・動作のメカニズムについて学びたい人
      • 障がいのある人のために貢献したい人
      • スポーツをする人のために貢献したい人
      • がん患者のリハビリテーションに関わりたい人
      • 高齢者の健康維持・増進のために貢献したい人
    • 【能力として】
      • 理学療法を学ぶために必要な基礎学力を持つ人
      • 論理的に考え自ら判断できる人
      • 自分の考えをわかりやすく説明できる人
      • 多様な生き方や考え方を理解できる人
      • 周囲に配慮し協力して行動できる人