北海道文教大学

Top

3つのポリシーについて - 人間科学部

人間科学部 健康栄養学科

ディプロマポリシー

  • 何ができるようになるか
    • 健康栄養学の学位は、人々の健康と社会の福祉に貢献することができる豊かな人間性を持ち、『社会から望まれる管理栄養士』に必要な以下の能力を修得したとき授与する。
      • 病院等における栄養補給法に関し、医療チームに対して必要な提案や助言ができる。
      • 地域住民の疾病予防や健康増進のための栄養教育を、栄養疫学に基づいて展開できる。
      • 栄養学的なエビデンスに基づき、食品関連企業等において商品開発や製品の管理に参画できる。
      • 個人・集団の健康状態等に適応する、適切に栄養管理された食事が提供できる。
    • 上記のような能力を身に付け、所定の単位を修得した者に対し卒業を認め、栄養学の学位を授与する。
       また、その目標を達成するため、以下のような知識・技術を身に付けるための教育を実施する。
      • 【知識・理解度】
        • 人々の健康管理や健康の維持・増進、および臨床の場において必要とされる高度な専門知識を体系的に身につける。
        • 科学的根拠に基づいて、人を対象とした適切な栄養指導・教育を行うために必要な知識・技術を身につける。
        • 地域社会の生活習慣病予防・健康増進を展開するために必要な知識・技術を身につける。
        • 特定給食施設において適切なマネジメントを行い、特定多数人に継続して適切に栄養管理された食事を提供するための知識・技術を身につける
      • 【汎用的技能】
        • 学んだ知識とその理解を基盤として、健康・栄養に関する問題について適切に情報を収集し、科学的に分析・検証することができる。
        • 協働する医療・保健チームの中で適切な活動を行うために、また、対象者の栄養管理、栄養教育を行うために必要なコミュニケーション能力を身につけている。
        • 組織における管理栄養士設置部門や給食の運営に関する部署を統括・管理するためのマネジメント能力とチームを率いるリーダーシップを持っている。
      • 【態度・志向力】
        • 社会の一員であるという自覚をもって自己管理を行い、何事にも率先し、精一杯努力して取り組むことができる。
        • 学問は、常に発展途上であり、自らに欠けている点を自覚して、他者から謙虚に学ぶ姿勢を持つことができる。
        • 人々の健康の保持・増進に貢献する自覚と意欲をもち、積極的に行動し、必要な情報を発信することができる。
      • 【学習経験・思考力】
        • 課題発見、解決を通して、科学的根拠を持ち、適切な評価・判定をする能力を持つことができる。

    カリキュラムポリシー

    • どのようなことが学べるか
      • 管理栄養士に求められる能力を身に付けるため、以下のような方針で教育課程を編成・実施する
        • 健康栄養学科の教育課程の編成は、社会で活躍する管理栄養士に必要な知識・技術を培うため、教養科目、専門基礎科目、専門科目を体系的に配置して効率的な学習を施行する。また、「総合演習」、「臨地実習」および「卒業研究」を通じて、管理栄養士の業務に関する科学的根拠に基づく適切な計画・実行・評価・判定を行う能力を養う。
        • 「管理栄養士概論」「食・生活教育演習」などの導入教育と位置付けられる科目の学習を通じて明確な管理栄養士像を造り上げる。
        • 多様な学生に対応するため、高校で学んだ内容も含んだ基礎的な科目を配置し、すべての学生が専門的な科目を学ぶために必要な知識・学力を身に付ける。これにより、高校教育から大学における専門教育へと、 連続的 ・統一的に学習が進められるようにする。
        • 栄養学、健康と病気の概念の理解に必要な基礎教育科目、技術・スキルの基礎としての実験・実習科目を配置し、2年次以降に学ぶ専門科目主体の学習への素地を醸成する。
        • 栄養士法、同法施行令、施行規則及び管理栄養士学校指定規則、並びに、学則で定められた専門基礎科目及び専門科目をもとに、栄養士免許、管理栄養士国家試験受験資格、栄養教諭一種免許、食品衛生管理者及び食品衛生監視員(任用資格)を取得するために必要な科目を配置する。
        • 2年次後期から3年次前期にかけて豊富な学内実習を設置し、管理栄養士が活躍する職場で必要とされる知識・技術を身に付けたうえで、3年次後期から4年次前期の臨地実習につなげカリキュラムを構成している。こうした科目配置により、就職活動への支障を極力抑えるように配慮している。

      アドミッションポリシー

      • 求める学生像
        • 健康栄養学科が期待する学生は、社会において管理栄養士として活躍し、人々の健康と社会の福祉に貢献したいと考え、そのための教育に前向きに取り組む意欲のある人。
        • 管理栄養士の学術的根拠となる栄養学を学ぶために、必要となる生物や化学、国語などの基本的な学力および一般的な計算能力を身につけている人。
        • 課題に対し「どこが問題なのか」「解決には何が必要か」などを自分で考えることができる人。
        • 実験・実習などにおいて、他者と協働して作業を行うことができる態度を身につけている人。