北海道文教大学

Top

3つのポリシーについて - 人間科学部

人間科学部 こども発達学科

ディプロマポリシー

  • 何ができるようになるか
    • 卒業までに地域社会と保護者のニーズに応え、保育・教育・子育て支援において、 同僚と協力しつつ多様なこどもの実態に即して成長・発達を支援し、保育者、教育者、子育て支援者としての基本 的資質を身につけている。
    • こどもの心身の成長・発達についての全般的な理解に加え、乳幼児期のこども、 学童期のこども、障がいを有するこどものいずれかについての知識と理解を得ている。
    • 保育者・教育者・子育て支援者として、一人一人のこどもの特徴と発達へのニーズ を見きわめ、それに対応できる教育的能力、及び同僚、保護者、地域の人々と交わり、協力関係を形成できる人間 的コミュニケーション能力を獲得する。
    • 今日の保育・教育・子育て支援をめぐる諸条件のもとで、より良い教育環境及び 教育実践を実現するために、不断に学び、深く思慮し、適切に判断し、実行しようとする意欲・態度を身につけて いる。
    • 主体的・探求的な学習を通じて、変化する社会の中で、教育に求められるニーズ に的確に対応し、より適切な保育・教育のあり方を考え続けることのできる基礎力を修得している。

カリキュラムポリシー

  • どのようなことが学べるか
    • 保育者・教育者・子育て支援者として求められる知識・能力を乳幼児期のこども、 学童期のこども、障がいを有するこどものそれぞれについて広く学ぶとともに、そのいずれかについて一層深い 知識を身につける。
    • こどもの幸せを願い、こどもとともに成長することを喜びとする資質をベースに、 心理学・教育学・特別支援教育学等の科学的見地を学習することによって、保育者・教育者としての資質・能力の 形成へとつなげる。
    • 初年次は基礎ゼミ等による科学的探究方法への入門教育や、文章表現能力形成等 の基礎教育に加え、こどもの成長・発達やそれを実現する教育についての全般的な理解を図る。
    • 保育士資格ならびに幼稚園教諭・小学校教諭・特別支援学校教諭のうちの3つの 免許取得を基本とし、豊富なボランティア活動を行う。
    • 保育士に関する学外実習は2、3年次、その他の教員免許に関する実習は4年次、 就職活動は4年次に実施し、その前後に次週準備の講義、反省のの事後指導を配置するなどして、理論と実践の結 合を図り、実践能力を形成する。

アドミッションポリシー

  • 求める学生像
    • いろいろな人とかかわり、意志や思いを伝えあいたいと願う人、コミュニケーション能力を常に高めたいと考える人。
    • 広い視野を持つ努力を怠らず、人々の生活に幅広く目を向け、論理的思考能力を持ち、バランス感覚に優れた人格でありたいと願う人。
    • こどもの幸せを願い、こどもの発達を支えていく意欲にあふれ、専門的な力を発揮するための努力を怠らず、自ら行動することを目標とする人。
    • こどもの生活や成長に強い関心を持ち、何事にも積極的にチャレンジする意欲のある人。
    • こどもに関する心理学・教育学・特別支援学等の科学的理論、学問、さらには実習等の実践的な学習によって、入試で問うたこどもへのかかわりを求める資質を開花させるようにする人。
    • 基礎・基本的な知識・技能の習得するための勉学の習慣、社会で活躍するための基礎となる知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力、目標の実現に向かって努力を続ける学習意欲をもっている人。