北海道文教大学

Top

トピックス – 国際言語学科 – 北海道文教大学

語学留学 近況報告:カナダ ビクトリア大学

2019年09月18日

長い夏の間、国際言語学科の学生たちは、長期休暇という機会を逃さず、

「留学」という貴重な経験を積むために世界各地で学びを続けています。

これからしばらく、学生から届いた「近況報告」をお伝えしたいと思います。

まずはじめはカナダ・ビクトリア大学に向かった本学科2年生の多田太一さんのリポートです。

=========================================

 私は、日本時間の二日に日本を旅立ち、カナダに到着し、早くも二週間が経った。新たな友人ができ、様々なクラスに分かれて英語を学んでいる。私は、四週間のうち最初の二週間を過ごしてみてうれしい出来事がたくさんあった。そのうち、いくつか紹介する。まず、カナダのビクトリア大学の生徒のほとんどが親切で、話しやすい人たちが多くいたことだ。プログラム初日、ビクトリア大学の学生スタッフの方々が、やさしく接してくれて仲良くなった。また、二週間過ごすうちに、自分の名前まで覚えてもらったのも嬉しかった。次に、私が嬉しかったことは、ビクトリア大学で受けているクラスのレベルが上がったことだ。最初は、言ってしまうと申し訳ないが一番下のクラスで一週間学んだが、頑張った成果が認められたのか上のクラスに上がることができた。翌週から、一つ上のクラスで英語を学んでいる。課題がたくさんあるが、すごくやりがいのある授業ができていて、とても実感がわいている。14日にカナダにあるバンクーバーで旅行に行った。私は、バンクーバーで服を三着買い、すごく充実した買い物ができた。この他にも、水族館に行き様々な動物を見ることができた。残りの二週間も楽しんで過ごしたい。