北海道文教大学

Top
外国語学部
国際言語学科

インターンシップ

インターンシップ履修ガイド

1.インターンシップとは

本学部学生に対して、将来の職業選択に生かすために企業や官公庁での就業体験を行う機会を提供するのが「インターンシップ(体験型企業研修制度)」です。 インターンシップに参加した学生は、派遣先企業の中で、それぞれの企業研修プログラムに基づいて実習や業務の体験等を行います。

インターンシップには、職場見学や業務体験、企画立案、商品開発など企業よって多岐に渡るプログラムが提供されています。 また、企業等で働く社会人としての姿勢を学ぶこともできます。

本学部のインターンシップ制度は、講義、事前指導、インターンシップ研修、レポートの作成、事後指導、研修報告会で完結しますが、 講義と実習が学生にとって満足度の高いものになるように考慮されています。

2.インターンシップの目的

「働く」ことの意義を総合的に理解する力を養い、社会人として仕事を担うことの責任、働き甲斐を経験すること。 また、自身の職業適性を考えるひとつの契機とし、職業に就くことに対する姿勢を真剣に考えるきっかけを与えることを目的とします。

3.インターンシップに参加するメリット

企業や官公庁で働くことを実際に体験することにより、社会人としての心構えや、企業組織及び業務の仕組みに対する認識をより深める事ができ、 将来の職業選択に対する問題意識を高め、実りの大きい就職活動を行うことができます。 また、成績証明書に「インターンシップ」科目の単位履修が記載されることにより、就職試験等で有利になることが予想されます。

4.インターンシップ参加の時期・期間

  • 参加時期は原則として、夏季休業等の本学の長期休業期間中です。
  • 参加期間は最低2週間ですが、受け入れ企業によっては2週間以上のプログラムもありますので、研修内容を検討し、各自の都合に合わせて選択して下さい。

5.インターンシップのコース

本学部が実施する「インターンシップ」とは以下の総称です。

  1. 教員が紹介する企業や官公庁等でのインターンシップ
  2. 学生自身の開拓による企業や官公庁等でのインターンシップ
  3. その他、経済団体、業界団体等でのインターンシップ

※ 1は教員と交流のある企業や、企業から直接教員に照会があったものです。
※ 2は学生自らが開拓したものを指しますが、事前に担当教員が内容の適合性を判断し、承認したものである必要があります
   (実施にあたっては本学と企業間で「覚書」を交わす場合があります)。

6.インターンシップを履修する場合の手続方法と単位認定までの手順

  1. インターンシップの参加希望者は年度後期に「履修登録」を行います。
  2. 「インターンシップ希望調査書」を提出します(後期オリエンテーション時に提出)。
  3. 掲示等により企業や官公庁名・日程・研修内容等を周知することによって参加学生を募集し、学科会議等により参加学生を決定します。派遣先企業は希望以外の企業・業種となる場合もあります。
  4. 派遣先の決定後、当該企業や官公庁の「研修先研究レポート」を作成し提出します(担当教員宛)。
  5. インターンシップに参加するためには、事前研修(「社会人マナー講習」等)を受講する必要があります。
  6. 通勤途中の怪我、インターンシップ実習先での怪我や器物破損に備えて、インターンシップ保険に加入する必要があります。
  7. インターンシップ終了後は、速やかに「インターンシップ報告書」を作成し、担当教員に提出します。受け入れ先企業等からは「インターンシップ実施証明書」「日報」が担当教員に送付されます。担当教員はこれらの書類内容と授業への参加状況等を総合的に評価し、単位認定を行います。
  8. インターンシップは社会人として「働く」ことの準備研修です。各回の事前研修は必ず参加してください。
  9. ルール、時間、マナーを守りましょう。

7. 受入先一覧

<官公庁>
  • 北海道庁
  • 北海道立近代美術館
  • 北海道立図書館
  • 恵庭市役所
  • 室蘭市役所
  • 苫小牧市役所
<民間企業>
  • ANA新千歳空港株式会社
  • 株式会社ザ・ウィンザーホテルズ・インターナショナル
  • 札幌商工会議所
  • 株式会社北海道フットボールクラブ(コンサドーレ札幌)
  • 株式会社あいコミ(いーにわ FM77.8MHz)
  • 株式会社北洋銀行
  • 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート