2022年03月18日

新年度(2022 年度)の学内での行動、授業と学内施設の利用方針

2022年3 月18 日

新入生の皆様
在学生の皆様
保護者の皆様

北海道文教大学
学⾧・副学⾧・学生部⾧・教務部⾧

 

新年度(2022 年度)の学内での行動、授業と学内施設の利用方針について

 

「北海道におけるまん延防止等重点措置」が3月21日で解除となることに決定しました。道内では、新型コロナウィルスの新規感染者数は減少傾向が続いているものの、感染力の強いオミクロン株の新たな系統である「BA.2」の感染事例が確認されたほか、教育機関や医療機関・高齢者施設での集団感染も継続し、予断を許さない状況が続いています。引き続き感染対策を図り、再拡大を防止することが必要な状況です。本学では新年度を迎えるにあたり、学内での行動、授業と学内施設利用の方針を以下のように定めましたのでご連絡致します。

 

1. 学内での行動全般について
・日々の体調を管理し、体調不良のある場合は、無理に登校しない
・マスクの着用(不織布マスクの推奨)
・手洗いと手指消毒の徹底
・人と人の距離を確保する

 

2. 授業について
感染対策を徹底しながら、「原則、対面授業を実施する」とします。尚、これらは原則であって、授業の内容等によっては必ずしもこの通りの授業形態にならないことをご理解ください。また、対面授業に不安を有する場合は、遠慮なく担当教員まで御相談ください。今後の感染状況や警戒ステージの引き上げによっては、遠隔授業へ移行する場合がありますので、ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
学外臨地・臨床実習は、「原則、実施する」とします。実習地が確保できない、また、実習先でクラスターが発生し、実習が中断した場合は、学内代替実習を行うことを可能とします。
また、引き続き、以下の対策をお願い致します。
・座席指定の遵守
・フェイスガードの着用(実習・実技・演習授業の場合)
・教室の換気の徹底(1時間に2回以上、数分間程度)

 

3. 食堂、売店の利用について
・食堂での座席を守り、黙食を徹底する
・売店で提示されている利用のルールを守る

 

4. 課外活動について
・コロナ対策を徹底し、原則、通常活動とする

 

5. 図書館の利用について
・開館時間については、図書館のホームページを確認する

以上