北海道文教大学

Top

研究業績データベース

理学療法学科

教員名:髙田 雄一

所属人間科学部 理学療法学科
職名・学位講師・博士(理学療法学)
氏名髙田 雄一 [ TAKATA Yuichi ]
大学院授業担当の有無
担当科目運動学I,基礎解剖学実習,理学療法評価学実習Ⅰ,運動器障害理学療法学実習,臨床実習III(評価実習II)
学内委員会委員,指導担当サークル顧問等1・2年アドバイザー,3・4年ゼミ指導教員,女子バレー部顧問
学生へのメッセージ新しいことを知り,分かり,理解するプロセスを共に学んでいきましょう。
研究のキーワード(3つまで)インソール,バイオメカニクス,徒手療法 
所属学会名・社会活動等所属学会: 日本理学療法士協会,北海道理学療法士会,マニュアルセラピー研究会,日本運動器科学学会,理学療法科学学会,北海道リハビリテーション学会,日本臨床徒手医学協会 
社会活動等: 日本理学療法士協会専門理学療法士(運動器)
主な著書 ・論文等の名称単著・共著の別発行又は発表の年月発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称
(著書)
からだの機能と運動療法(下肢・骨盤)共著2014年01月メジカルビュー社
エキスパート理学療法1 バイオメカニクスと動作分析共著2016年10月ヒューマン・プレス社
肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション共著2018年05月羊土社 
(論文)
Intensive physiotherapy with subsequent community-based rehabilitation: two cases of cerebral malaria in rural areas of Malawi.共著2019年01月J Phys Ther Sci. 31(1): p112-115
マラウイ共和国の僻地に生活する脳性麻痺児に対する集中理学療法とCommunity Based Rehabilitationの併用共著2018年10月保健医療学雑誌 9(2), 105-111, 2018
Effects of friction massage of the popliteal fossa on blood flow velocity of the popliteal vein.共著2017年03月J Phys Ther Sci. 29(3): p511-514
扁平足がモノフィラメント圧痛計による足底感覚閾値に与える影響 共著
(筆頭者)
2016年12月理学療法科学 31(6):893-896
Reliability and validity of standing balance assessment index using a hand-held dynamometer.共著2016年11月J Phys Ther Sci. 28(11): p3185-3161
立方骨サポートインソール(BMZ)が動的バランス能力に及ぼす影響について共著
(筆頭者)
2016年04月保健医療学雑誌 7(1), 7-10, 2016
自動下肢伸展挙上テスト時の骨盤圧迫が腹横筋筋厚に与える影響共著
(筆頭者)
2014年03月北海道リハビリテーション学会雑誌39,69-73
Standing balance on the ground – the influence of flatfeet and insoles-共著
(筆頭者)
2013年12月J Phys Ther Sci. 25(12): p1519–1521
アーチ高と足底挿板が重心動揺に与える影響共著
(筆頭者)
2013年03月北海道リハビリテーション学会雑誌38,43-46
1ページ講座 理学療法関連用語~正しい意味がわかりますか? 「腱鞘炎 」単著2012年01月理学療法ジャーナル2012年1月号
(口頭発表)
The combination of intensive physiotherapy and Community Based Rehabilitation-Cerebral palsy in a rural area-共著2017年07月WCPT Congress 2017
CAN HEIGHT AND FLEXIBILITY OF FOOT ARCH MAINTAINED IN OBESITY共著2015年07月International Society of Biomechanics Glasgow 2015
Standing balance on the side slope – Influence of arch height and insoles共著2015年05月WCPT Congress 2015
Height and Flexibility of Foot Arch – Influence of Obesity –共著2014年03月the ORS 2014 Annual Meeting in New Orleans, LA
Can insole for Obesity maintain the arch of the foot against repeated hyper loading共著2014年03月the ORS 2014 Annual Meeting in New Orleans, LA
Optimum procedure to the flexor tendon repair during blocking finger exercise共著2014年03月the ORS 2014 Annual Meeting in New Orleans, LA
Effects of differences in the part of the pelvis receiving passive compression on Local muscle activity during active straight leg raising共著2013年10月8th Interdisciplinary World Congress on Low Back& Pelvic Pain in Dubai
The relation between mental imaging of the body and body flexibility-Body flexibility improved by mental motor imaging-共著2013年09月2013 WCPT-AWP & ACPT Congress in Taichung
骨盤底筋リリース手技が側腹筋厚に与える影響共著2013年05月第48回日本理学療法士学術大会(名古屋)
立方骨サポートインソールが平地および片斜面における立位重心動揺に与える影響共著2013年05月第48回日本理学療法士学術大会(名古屋)
下肢伸展挙上時の骨盤圧迫が腹横筋筋厚に与える影響共著2013年05月第48回日本理学療法士学術大会(名古屋)
上位胸椎モビライゼーションが頚部痛患者の痛みと頸椎可動域に及ぼす影響共著2013年05月第48回日本理学療法士学術大会(名古屋)
股関節周囲靭帯の伸張肢位を検討する拘縮に対する効果的な治療手順を求めて共著2013年05月第48回日本理学療法士学術大会(名古屋)
足内側縦アーチに対する後脛骨筋の効果―生体力学的検討―共著2012年05月第47回日本理学療法士学術大会(兵庫)
Pathogenic Mechanism of Acquired Flatfoot -Influence of Obesity-共著2012年02月the ORS 2012 Annual Meeting in San Francisco, California.
加速度計を用いた関節の痛みに対する客観的評価法共著2011年05月第46回日本理学療法士学術大会(宮崎)
慢性腰痛に対する牽引療法前後の痛みに対する主観的および客観的評価の関係共著2010年10月第25回日本整形外科学会基礎(京都)
腰部伸筋群に対する牽引療法の効果について共著2009年05月第44回日本理学療法士学術大会(東京)
腰痛患者における多裂筋Post Isometric Relaxation後の腰椎前弯角および腰仙角の変化について共著2007年05月第42回日本理学療法士学術大会(新潟)
ハンドヘルドダイナモメーターを用いた立位バランス評価指標における信頼性と計測方法に関する検討-make testとbreak testとの計測方法における検討-共著2007年05月第43回日本理学療法士学術大会(新潟)
骨盤傾斜角が脊柱起立筋の硬度に及ぼす影響共著2006年05月第42回日本理学療法士学術大会(群馬)