北海道文教大学

Top

研究業績データベース

理学療法学科

教員名:田邉 芳惠

所属人間科学部 理学療法学科
大学院リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(併任)
職名・学位副学長・大学院リハビリテーション科学研究科長・教授・理学療法士・医学博士
氏名田邉 芳惠 [ TANABE Yoshie ]
大学院授業担当の有無
担当科目総合教養講座,現代医療と福祉・介護,リハビリテーション医学,生活と社会環境,リハビリテーション障害学,理学療法研究法,理学療法研究Ⅰ,理学療法研究Ⅱ,理学療法総合セミナー,身体機能解析学特論,身体機能解析学特論演習,プレゼンテーション技法
学内委員会委員,指導担当サークル顧問等入試委員,入試支援専門部会委員長,入試問題作成部会委員長,大学改革推進会議委員,大学院委員,全学教養科目運営委員,評価委員,自己点検・評価専門部門委員長,総合ネットワーク管理委員,国際交流委員,研究倫理委員,IR推進委員,教育開発センター委員,運営委員,FD授業開発部門委員,キャリア教育センター委員,地域連携推進センター委員長,教職課程指導室運営委員,ハラスメントに関する相談員,ゼミ(4年生)
学生へのメッセージ積極的に,貪欲に,有意義な4年間を過ごしてください。
研究のキーワード(3つまで)理学療法,整形外科,スポーツリハビリテーション
所属学会名・社会活動等日本理学療法士協会,日本臨床バイオメカニクス学会,日本医学教育学会,全国訪問リハビリテーション研究会,福祉住環境コーディネーター協会,北海道理学療法査読委員,全国リハビリテーション学校協会北海道ブロック会理事・事務局長,日本理学療法士協会ACL損傷ガイドラインシステマティックレビューチーム,日本医学教育学会査読委員
主な著書 ・論文等の名称単著・共著の別発行又は 発表の年月発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称
(著書・論文)
膝関節バイオメカニクスの臨床的意義共著2001年03月理学療法MOOK8
半腱様筋腱および薄筋腱から作成できる移植用自家腱束の直径が分布する範囲共著2001年05月関節鏡
膝靭帯損傷の病期別理学療法ガイドライン-膝靭帯損傷のリハビリテーションの理論と実際-共著2002年01月理学療法
1皮切および2皮切手技の差が自家屈筋腱hybrid代用材料を用いる鏡視下前十字靭帯再建術の成績に与える影響.共著2002年01月北海道整形災害外科学会雑誌
Rehabilitation after hamstring anterior cruciate ligament reconstruction. 共著2002年04月Clinical Orthopaedics and Related Research
1皮切および2皮切手技の差が自家屈筋腱hybrid代用材料を用いる鏡視下前十字靭帯再建術の成績に与える影響共著2002年08月北海道整形災害外科学会誌
関節の障害および不安定性の検査・測定:膝関節共著2003年01月理学療法
Anatomical reconstruction of the anteromedial and posterolateral bundles of the anterior cruciate ligament using hamstring tendon grafts. Anatomical and clinical Studies.共著2004年12月Arthroscopy
Effects of separate application of three growth factors (TGF-beta1, EGF, and PDGF-BB) on mechanical properties of the in situ frozen-thawed anterior cruciate ligament. 共著2005年03月Clinical Biomechanics
Surgical and biomechanical concepts of anatomic anterior cruciate ligament reconstruction.共著2005年04月Operative Techniques in Orthopaedics
Primary stability of three posterior cruciate ligament reconstruction procedures: a biomechanical in vitro study.共著2005年05月Arthroscopy
Biomechanical Properties of High-toughness Double Network Hydrogels. 共著2005年07月Biomaterials
Primary stability of three posterior cruciate ligament reconstruction procedures: a biomechanical in vitro study. 共著2005年08月Arthroscopy
Anterior cruciate ligament reconstruction using doubled hamstring tendon autograft. 共著2005年11月Journal of Sports Rehabilitation
Clinical evaluation of anatomic double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction procedure using hamstring tendon grafts: comparisons among 3 different procedures. 共著2006年03月Arthroscopy
Biodegradation of high-toughness double network hydrogels as potential materials for artificial cartilage. 共著2007年05月Journal of Biomedical Materials Research Part A
慢性脳卒中片麻痺患者に対するトラッキング課題の効果について.共著2007年07月北海道理学療法
慢性期片麻痺患者の体幹機能に対するパワーリハビリテーションの効果.共著2007年07月北海道理学療法
足浴の温熱効果-足底刺激の有無による検討-共著2007年07月北海道理学療法
Biological responses of novel high-toughness double network hydrogels in muscle and the subcutaneous tissues.共著2008年03月Journal of Material Science: Materials in Medicine
An in vivo biomechanical study on the tension-versus knee flexion angle curves of 2 grafts in anatomic double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction: Effects of initial tension and internal tibial rotation. 共著2008年03月Arthroscopy
人工膝関節全置換術が中足部および後足部アライメントに与える影響.共著2008年07月北海道理学療法
人工股関節全置換術早期のSF-36およびWOMACの変化.共著2008年07月北海道理学療法
当院における大腿骨転子部骨折に対するEnder法の治療成績.共著2008年07月北海道理学療法
Prospective clinical comparisons of anatomic double-bundle versus single-bundle anterior cruciate ligament reconstruction procedures in 328 consecutive patients. 共著2008年09月American Journal of Sports Medicine
立ち上がり動作での前方空間の有無が体幹と下肢の筋活動に及ぼす影響共著2009年06月理学療法科学
立ち上がり動作での前方空間の有無が体幹と下肢の筋活動に及ぼす影響.共著2009年07月北海道理学療法
関節リウマチに対する人工膝関節全置換術前後の膝関節可動域の推移について-術前~術後6ヶ月間の比較-共著2009年07月北海道理学療法
ハムストリングスへのストレッチ手技の違いが筋発揮能力に及ぼす影響.共著2009年07月北海道理学療法
Stress deprivation from the patellar tendon induces apoptosis of fibroblasts in vivo with activation of mitogen-activated protein kinases.共著2009年11月Journal of Biomechanics
Implantation of autogenous meniscal fragments wrapped with a fascia sheath enhances fibrocartilage regeneration in vivo in a large harvest site defect. 共著2010年04月American Journal of Sports Medicine
基本技術⑱整形外科的検査分担2010年06月理学療法評価学テキスト,南江堂
慢性脳卒中患者の端座位非麻痺側下肢挙上運動能力と立位バランス機能との関係.共著2010年07月北海道理学療法
Anatomic double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction. 共著2010年09月Arthroscopy
A pilot study of anatomic double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction with ligament remnant tissue preservation.共著2012年03月Arthroscopy
Clinical results of anterior cruciate ligament reconstruction with ligament remnant tissue preservation: A systematic review共著2016年04月Asia-Pacific Journal of Sports Medicine, Arthroscopy, Rehabilitation and Technology
知識のマグマ Vol.23膝前十字靭帯再建術後評価のあれこれ単著2016年06月公益法人北海道理学療法士会ニュース
片脚着地時の体幹前傾の動作指導が矢状面および前額面上の下肢関節角度に与える影響共著2016年07月北海道理学療法
Is the grafted tendon shifted anteriorly in the femoral tunnel at the postremodeling phase after anterior cruciate ligament reconstruction A clinical MRI study.共著2017年06月The Orthopaedic Journal of Sports Medicine
Comparisons of length changes during knee motion among five grafts implanted with different anatomic single-bundle anterior cruciate ligament reconstruction procedures: A biomechanical study.共著2019年05月The Orthopaedic Journal of Sports Medicine
(口頭発表)
Limit of effect of accelerated rehabilitation after anterior cruciate kugament reconstruction. 共著1999年05月13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy
多重束膝屈筋腱-hybrid代用材料を用いた前十字靱帯再建膝の生体力学的特性の経時的変化.共著2000年05月第35回日本理学療法士学会
MRI evaluation of bone tunnel enlargement after anterior cruciate ligament reconstruction utilizing the hamstring tendon graft. 共著2001年05月International Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine Congress
膝後十字靱帯再建術の後療法.共著2001年05月第36回日本理学療法士学会
自家屈筋腱を用いた解剖学的前十字靱帯再建術の臨床成績-従来の1および2ルート再建法との比較-共著2003年05月第38回日本理学療法士学会
理学療法士・作業療法士養成校における新入生合宿研修の成果.共著2004年05月第39回日本理学療法士学会
新しい4種類のダブルネットワークハイドロゲルに関する生体医工学的評価(第1報)-材料特性とその生体内劣化-共著2004年11月第31回日本臨床バイオメカニクス学会
自家屈筋腱を用いた前十字靱帯再建膝の生体力学的特性の術後経過—解剖学的2ルート手技と従来の1ルート手技との比較—共著2005年05月第40回日本理学療法士学会
新しい4種類のダブルネットワークハイドロゲルに関する生体医工学的評価-材料特性とその生体内劣化-共著2006年05月第41回日本理学療法士学会
ダブルネットワークハイドロゲルの生体における異物反応の評価.共著2007年05月第42回日本理学療法士学会
成人女性における骨盤底筋収縮時の膀胱壁移動距離計測と膣圧差の関連性.共著2007年05月第42回日本理学療法士学会
Can the standard postoperative rehabilitation protocol for single-bundle ACL reconstruction be safely applied to the anatomic double-bundle reconstruction procedure 共著2007年10月Australian Physiotherapy Association Conference Week 2007
Prospective clinical comparisons of anatomic double-bundle versus single-bundle anterior cruciate ligament reconstruction procedures in 328 consecutive patients. 共著2008年04月Asia-Pacific Orthopaedic Society for Sports Medicine
自家膝屈筋腱を用いた解剖学的2ルート前十字靱帯再建術の臨床成績―多数例における検討―共著2008年05月第43回日本理学療法学術大会
当院における大腿骨転子部骨折および転子下骨折に対するEnder法の治療成績.共著2008年05月第43回日本理学療法学術大会
求められる評価とは.運動器疾患.単著2009年04月第18回全道学術研修大会 シンポジウム
Clinical outcome of simultaneous anterior and posterior cruciate ligament reconstruction in chronic knee instability.共著2010年10月11th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy
An in vivo biomechanical study on the tension-versus-knee flexion angle curves of 2 grafts in anatomic double-bundle ACL reconstruction.共著2011年06月16th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy
膝前十字靭帯再建術に対する理学療法のクォリティ・マネジメント.単著2012年04月第21回全道学術研修大会 専門領域教育講演
Gender-based differences in clinical results after anatomic double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction共著2012年11月Japan-Korea 1st Joint Conference
Hip abductors fatigue alters knee flexion and valgus angles during drop-jump landing共著2013年09月WCPT-AWP & ACPT Congress 2013,Taichung, Taiwan
片脚着地時の体幹前傾が膝および股関節角度に与える影響-二次元動作解析による検討-共著2014年10月第65回北海道理学療法学術大会
臨床教育の新たな展望 知識~技術~評価 養成校の立場から単著2015年02月一般社団法人全国リハビリテーション学校協会北海道ブロック会主催 教員研修会
学生の情意面に関わるために必要な視点とは ~意欲・態度に問題を抱える学生に対して~単著2016年02月一般社団法人全国リハビリテーション学校協会北海道ブロック会主催 教員研修会
アスレチックリハビリテーションの概論と各論単著2016年3月公益社団法人北海道柔道整復師会 アスレチックトレーナー講習会