北海道文教大学

Top

就職・キャリア トピックス

国際言語学科4年生企業内定式に参加!

2018年11月20日

国際言語学科内定者2名から、企業内定式の様子と就職活動についてインタビューしました。

 

☆国際言語学科4年 坂本  茂奈美
公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会(指導員)内定

 

<企業内定式>
10月1日(月)札幌市内ホテルに内定者40名が集まる式典に参加。
役員訓示の「財団法人の仕事は正解が一つに限らず、はっきり数字では示されないが、個人の力が発揮できるやりがいのある仕事」という言葉が強く印象に残っています。内定式終了後は不安と同時に、未知へ挑戦するワクワク感が強く沸いてきた1日でした。

<就職活動>
合同企業説明会の企業ブースに参加した時、人事の方が話しやすい雰囲気で、また、やさしく丁寧な対応をしてくださいました。私自身、就職活動当初から子どもと関わる仕事を希望していたので、札幌市内の児童会館内で働けるこの仕事は、適職だと思っています。

 

☆国際言語学科4年 三上  春香
大学生活協同組合北海道事業連合会(運営スタッフ)内定

 

<企業内定式>
10月1日(月)大学生協会館(北海道大学構内)に於いて、内定者4名が参加。
北海道内13大学の生協の歴史と現場業務内容の講話がありました。参加役員10名全員から、全道各店舗毎の特徴や運営方針について詳しい説明があり、その分、私たちへの期待度が高いと感じました。

<就職活動>
最大の応募理由は、仕事を通して現役学生との関わりや交流があることに魅力を感じたから。さらに、社会的貢献度が高く、長く働くことの出来る環境から、理想的な仕事に就けたと思っています。