北海道文教大学

Top

理学療法学科!最近の大学生活を紹介します。 - トピックス – 理学療法学科 – 北海道文教大学

理学療法学科!最近の大学生活を紹介します。

2018年06月14日

新年度がはじまって早いもので2ヵ月が経ちました。今日は大学生活の一部を紹介します。

 

1年生は大学生活に慣れてきて、サークル活動やバイトをはじめた人がいるようです。

1年生の科目は講義形式が多く、しかも作業療法学科との合同科目が多くなっています。

生理学講義の様子です。大教室に理学・作業療法学科、合わせて150名近くおります。

1年生にとっては、専門科目である解剖学、生理学が非常に難しく感じているようです。

初めて聞く言葉が多く、しかも暗記が非常に多いので、苦労しているようです。

 

2年生の科目は実習形式が多くなります。2クラスに分かれて実習しています。

まずは理学療法評価学実習の様子です。田邉先生が細かく教えています。

それを二人一組で練習します。

続いて2年生の生理学実習です。レポートが多くて大変!という声が聞こえてきます。

数名の少人数で実験をして、実験データからレポートにまとめます。

昔からある教育方法ですが、この勉強が総合的な学力を向上させます。

 

次は3年生の日常生活活動学実習の様子です。3年生は専門科目がほとんどで、実際の理学療法場面を

想定した実習が増えてきます。学生が模擬的な患者さん役をして、もう一人の学生が理学療法役をして、

寝た状態から、介助の練習をしています。

運動器障害理学療法学実習の様子も紹介します。PNFという治療手技を練習しています。

 

最後は4年生。卒業研究グループと学外実習グループに分かれて学修します。

まずは卒業研究の様子。約2ヶ月間行います。

こんな感じで研究データを取って、結果を発表します。発表と会場の様子です。

実習グループは30人くらいの教室で報告会をしました。積極的な質問が多く見られました。

 

ついでに部活動も紹介します。野球部の試合の様子です。野球部は3部リーグに所属しています。

理学療法学科の学生も多く所属しています。

2部リーグへの昇格を目指していますが、他の大学がなかなか強くて、難しいようです。

勉強と部活動の二刀流を期待しています。またはエースで4番の二刀流!