北海道文教大学

Top

理学療法学科3年の発達障害理学療法学実習での取り組み! - トピックス – 理学療法学科 – 北海道文教大学

理学療法学科3年の発達障害理学療法学実習での取り組み!

2017年02月07日

1.理学療法教員が行う脳性麻痺の人への評価・治療場面を見学しました

平成29年1月6日、10日の両日、恵庭市在住の脳性まひの方である長谷川貴史さんに来ていただいて実習しました。横井教授が長谷川さんに理学療法を行っている場面を、学生が見学し、評価を手伝い、また動作分析を進めていく実習内容でした。長谷川さん3時間もの間、立位・歩行などを何回も行っていただきました。長谷川さん、ありがとうございました。

1 2

 

 

2.講演会 「脳性麻痺の人が地域で生活するために必要なこと」

平成29年1月17日(火)、障がいを持つ当事者である登り口倫子さん(札幌いちご会)、渡邉貢さん(自立生活支援センターさっぽろ 相談員)と、障がいのある人の家屋改造に多く経験されている澤枝厚人さん(パナソニック・エイジフリー株式会社 住環境コーディネーター)をお迎えして講演会を行いました。

登り口さんは、当事者の目線で子ども時代に感じていたリハビリテーションの気持ち、ネガティブ思考からポジティブ思考へ変化したきっかけ、一人暮らしのこと、車いすスキー、理学療法士へ期待など講演されました。また渡邊さんは幼少の頃からの家族関係や姿勢の変化や当時の気持ちについて講演され、電動車いすを使用しての生活について動画を使いながら説明されました。澤枝さんは住環境の改善で課題となりやすい場所、家族の本音がなかなか理学療法士に伝えられないこと、脳性まひの方の家屋改造の実践について講演されました

続いて学生との座談会を行いました。横井教授から、「障がいのある人が実習生である学生に、デマンドやニードについて話をすることは大変では?」と問題提起されました。講演者の方は、まずは「信頼されること」が大切で、信頼されるためには「一生懸命に考えてくれている、勉強してくれている」という姿勢が見えることが大切であるとの話になりました。学生の感想は「障がいのある人の気持ちがよくわかった」、「評価のことばかり考えていたが、人として接することが大切であることを学びました」という内容が寄せられました。3年生は1月下旬から学外での実習が始まるため、気持ちが引き締まったようでした。

3 4 5