北海道文教大学

Top

理学療法学科後期科目の紹介!発達障害理学療法学実習と理学療法技術セミナーⅢ - トピックス – 理学療法学科 – 北海道文教大学

理学療法学科後期科目の紹介!発達障害理学療法学実習と理学療法技術セミナーⅢ

2020年01月17日

先日、3年生の発達障害理学療法学実習の中で、障がいを持つ人たちと障がいを持つ子どものご両親の話を聞く機会がありました。

テーマは「障がいを持ちながら地域で生活すること」です。

まず一人目はスポットウオーキングの佐藤成二さん!

車いすで入ることが可能な飲食店をアプリで紹介する仕事などをしています。

障がい者のファッションショーのモデルもやっています。金髪でとってもイケメン!!

二人目は、北海道文教大学国際言語学科3年生の福本香澄さん!

大学で語学を勉強して、カナダへの留学も経験しています。福本さんの障がいの特徴や感じていることを話してくれました。

福本さんはとってもかわいらしいお嬢さんです!

最後は恵庭市肢体不自由児者親の会の中垣さんご夫妻!

お嬢様が障がいをお持ちで、一日の生活の紹介や、お嬢さんが生まれて障がいを告知されたときの感情や今までのご苦労など、

ご家族の気持ちを話してくれました。また障がい者を支える医療福祉サービスの課題についての話でした。

3人の話の後は、科目担当教員である横井先生を交えて、座談会を行いました。

「なぜ強く生きられるのか?」、「手伝われると嫌なときはどんな時ですか?」などなどいろんな質問がありました。

最後は横井先生のゼミ生との交流会!佐藤さん、福本さん、中垣さん、ありがとうございました。

また来年もやります!

 

続いて4年生の理学療法技術セミナーⅢ!4年生は国家試験の勉強中ですが、その合間に、実習を行っています!

担当教員は大森学科長!いつもはレッドコードのインストラクターですが、、、、。

今回は、ブルーコード? ではなくエロンゲーションバンドの実習です。

大森先生のモヒカンが良い感じですね(笑)

結構真剣ですね!

このエロゲーでは筋力強化と、その反対の筋のストレッチが可能になります。

筋力強化と関節可動域の拡大といった、非常に効率的なトレーニングです!