北海道文教大学

Top

トピックス – 理学療法学科 – 北海道文教大学

PT学科!入学式と新入生宿泊研修!!

2019年04月11日

4月6日(土)、入学式がありました。理学療法学科の新入生は84名、晴れやかに入学しました。

 

入学してすぐの4月8日、9日に新入生宿泊研修を行いました。修学旅行ですね。

大学新入生全員で北湯沢温泉に行きました!

これは全体オリエンテーションの様子!

バスは何と16台でーす。500名くらいかな。バスの中では男女が分かれて座ってました。

まだ緊張しているようです。

2,3,4年生のサポートメンバー達も紹介します。他のバスにもっとたくさんいます。

ホテルに到着したら、早速グループワークです。今年は学科紹介用ポスターをグループごと作製しました。

初めて話をする人も多いのですが、積極的に意見交換しております。

完成したものがこんな感じ!サポートメンバーも作りました。

学生みんなで、一番良いものに投票して、大賞を決めました!

それがこれでーす↓。とても素敵な学科紹介になりました。表彰グループの人達です。

 

理学療法学科スタッフです。教員もいます。

宿泊研修で友人ができて、とても有意義であったとの感想が多く見られました。

これから4年間、勉強や部活、実りある大学生活を送ってください。そして恋愛もね!

 

 

 

 

やりました~国家試験合格率100%達成!+ナビゲーションHBU、春のオーキャン!

2019年03月27日

3月25日(月)に第54回理学療法士国家試験の発表がありました。

我が大学は3月卒業生99名全員が合格、合格率100%を達成しました!

国家試験対策で学生、教員が一丸となって取り組んだ結果です。

学生はよく頑張りました。今後も100%目指して、頑張りましょう!

 

さて3月23日(土)に4月入学生向けのナビゲーションHBUと高校生向けのオープンキャンパスを

一緒に行いました。

こんな感じに大盛況!すごい!

当日は雪が降って、恵庭到着の電車がストップしました。それにも関わらず、会場は満員盛況!

理学療法学科の案内は、新四年生の3名が担当しました。爽やかですね。

理学療法学科への参加者は120名と昨年を上回る多さです!

理学療法学科の発表は高田先生のオープニング!スティーブジョブスばりのプレゼンスタイル!

続いて新四年生の吉岡さんの大学講義や生活加藤君は実習の体験談に関するプレゼンテーションです!

サークル活動、バイトの話もありました。バイトのやり過ぎは注意!とのこと。

留年してしまいます‥‥。

3月卒業生の高橋君から大学生活の楽しさや夢を、ビデオレターで語ってくれました!

次回は6月の予定です。大学の雰囲気、学科の雰囲気を感じ取れるようなオープンキャンパスです。

是非とも参加してください。

4月からの新入学生の皆さん、お目にかかれることを楽しみにしています!

 

 

祝!卒業!!

2019年03月18日

3月16日土曜日に卒業式が行われました。

当日はあいにくの雪模様でした。

最近、さっぱり雪が降っていないのに卒業式にかぎってなぜか・・・。

理学療法学科の卒業生は100名です。全学部の四年生が一斉に卒業しますので、

超大きい体育館でも満員です。卒業式は学位記授与式といいます。

こんな感じで厳かに行われました。特別表彰されているのは首席卒業の佐藤君!

終わったら各学科に分かれて、田邉学科長から理学療法学科卒業生の全員に学位記が授与されました。

待っている学生も紹介します。女性はとても色鮮やかでした。男性はスーツでかっこいいですね。

100名なので時間がかかります。こんな感じでぞろぞろと。

学位記授与のあとは、教員全員から学生へ一言ずつお祝いの言葉を述べました。

今回は草野先生の様子です!!

終わった後はみんなで記念撮影

こんな感じで皆さんが卒業しました。素敵な笑顔の皆さんとはお別れになります。

4月からは理学療法士として病院などで勤務します。

教員一同、今後の活躍に期待しております。

卒業おめでとうございます!!

平成最後の学術研修会!!

2019年03月13日

去る3月9日土曜日、理学療法学科主催の30年度学術研修会を行いました。

参加者は総勢120名でした。

まずは進行の大森教授!今回はレッドコードではないです。

続いて、「卒業生が語る現状レポート」として井上孝仁さん(7期生 卒業して3年目、札樽病院勤務)が発表しました。

北海道文教大学から札幌医大大学院に進学して行った研究や海外での研究発表、現在勤務している病院での仕事について話をしました。

学生は井上君の生き方に大変刺激を受けたようです。

次は金野健人さん(3期生 生涯医療クリニックさっぽろ勤務)が発表!

昨年まで青年海外協力隊で行ってきたマラウィでの体験を中心とした話でした。

題名は「僕にはマラウィを変えられない」。

マラウィーの服で講演しました。障がいのある子ども達を悪戦苦闘してきた体験談でした。

刺激的な話でした。

講演が終わって、金野先生と井上先生!

2人とも夢を持って文教大学を卒業して、その夢を実現させるべく、活動しています。

2人の生き方に感動しました。

最後は石川誠先生(医療法人 輝生会 会長)の「地域包括ケアに向けたセラピストへの期待と課題」でした。

約一時間半、若い理学療法士向けへのメッセージが沢山ありました。

セラピストの倫理観の不足から始まり、地域リハビリテーションの考え方など、とても切れ味のある勉強になる話でした。

石川先生の人柄、熱意に触れた一時間半でした。

 

 

第54回 理学療法士国家試験が終わりました!

2019年02月26日

4年生、最後の大イベント、理学療法士国家試験が2月24日(日)に行われました。

午後の問題が難しかったという意見がありましたが、

大学で自己採点を行った結果は、非常に良かったです!

ここ数ヶ月、学生・教員が一丸となって取り組んできました。

100%合格であることを期待して、3月25日の発表を待ちましょう!

皆さん、お疲れ様でした!

4年生の国家試験は2月24日です

2019年02月18日

卒業する4年生最大のヤマ場、理学療法士国家試験が31年2月24日に行われます。

毎日、テストを行い、その問題をゼミ学生同士で解き直し、解答を作る作業を行っています。

国家試験受験生が全員合格するように、学生・教員は遅くまで残って、指導しています。

以下の写真は、先日行いました、国家試験勉強の間に行った、食事会です。

ほんのひとときのリラックスタイムでしょうか。バイキング形式で楽しく過ごしました。

 

4年ゼミ学生を紹介します!

池野ゼミ、横井ゼミ、小林ゼミの学生!

 

西村ゼミ、牧野ゼミ、橋田ゼミの学生!

 

佐藤ゼミ、白幡ゼミ、田邉ゼミの学生!

 

齋藤ゼミ、高田ゼミ、大森ゼミの学生!

 

国家試験、全員合格を目指して頑張ろう!

そして卒業だ!

 

講演会「脳性まひの人が地域で生活するために必要なこと」を開催しました!!

2019年02月12日

先日、発達障害理学療法学実習にて、障がいのある当事者と住宅改造の専門家をお呼びして、

学生向け講演会を行いました。

理学療法の仕事は、障がいのある人を対象に行うことが多いです。

障がいのある人はどのようなことを考え、思い、生活しているのかという視点でお話しいただきました。

講義では「障がい」の話はしますが、「障がいのある人」の話は少ないです。

また大学内で障がいのある人と接することも少ないです。

学生が、障がいのある人はどんな気持ちで生活しているのか、生活に必要な能力は何かを考えるきっかけになることを、

期待して行いました!

 

最初は札幌在住の登り口倫子さん!

登り口さんは仕事をする傍らで、旅行をしたり、食事に行ったりするとてもアクティブな方です。

電動車いすのの操作性もバッチリです。

子どもの頃感じていた気持ち、これからのことなどを語ってくれました。

電動車いすを早くから使用できたら良かった話がありました。

確かに歩くようになることだけが理学療法のゴールではありませんね。

ゴール決定の主体は障がいのある人であり家族です。よりよく生きることですね。

登り口さんが子どもの頃は、大がかりな電動車いすしかなく、障害者手帳での支給は難しく、

何十万円もの自己負担が必要でした。2000年前後から、安価で手軽な車椅子が発売されて、

手に入れやすくなりました。良い時代になりました。

 

次は札幌在住の渡邊貢さん!

渡邊さんは自宅で生活している様子、服の着替え、トイレ、入浴、屋外移動の動画を使いながら、

面白く、わかりやすく語ってくれました。雪道の電動車いすはなかなか大変そうです。

大変な中にも「生きる強さ」を感じさせてくれる話でした。

 

最後は澤枝厚人さん!パナソニックエイジフリーで勤務されています。

住宅の改造にはその人の暮らしを理解することが必要で、

いつまでも家族がともに暮らせるように、改造した実例をあげてお話しをされました。

理学療法で身体にアプローチすることと、環境を調整することがうまく合致すれば、

障がいのある人の生活は豊かになることをお話しになりました。

 

最後は3名の方が集まり、学生と座談会です。

座談会では理学療法士に望むことや恋愛観などについて話がありました。

また障がいを持つということは活動が制限されるので、プライバシーの保護が難しくなります。

常に誰かがそばにいます。しかも理学療法士は身体や知覚の隅々まで評価します。

障がいのある人の大変さについて考えさせられる時間でした。

頭の中の世界がプライベートな世界かもしれません。

 

最後は、3名の先生と発達障がいゼミ生の懇親会をしました。

率直な感想について話をしたり‥‥。とても有意義な時間となりました。

ついでに国際言語学科2年生の福本さんも登場してくれました。電動車いすで移動しています!

沢山雪が降る中、登り口さんと渡邊さんは恵庭の大学まで、JR、駅からは福祉タクシーで来てくれました。

本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いします!

 

 

 

理学療法学科の平成30年度学術研修会があります!!

2019年02月04日

理学療法学科の平成30年度学術研修会を行います。

先日、案内文を発送した際に、講師名が間違っておりました。

(案内文) 講師 今野健人 先生 → (修正)  講師 金野健人 先生 です。

心よりお詫び申し上げます。

以下、案内です。

 

日 程:平成31年3月9日(土)

時 間:10:00~12:45(9:30受付開始)

会 場:北海道文教大学 221教室 (北海道恵庭市黄金中央5丁目196番地の1)

内 容:10001050

    「卒業生が語る現状レポート (症例報告、臨床教育活動、研究活動)」

講 師:井上 孝仁 氏(7期生、札樽病院)

講 師:金野 健人 氏(3期生、生涯医療クリニックさっぽろ)

 

11001230 「地域包括ケアに向けたセラピストへの期待と課題」

講 師:石川 誠 氏(医療法人 輝生会 会長)

 

  • 北海道文教大学大学院 リハビリテーション科学研究科のご紹介

 

参加費 :無料

参加方法:添付資料のFAX用紙にご氏名、ご所属ご記入の上、ご返信下さい。

勝手ながら、締め切りは平成31228日(木)とさせていただきます。

問い合わせ先:北海道文教大学人間科学部理学療法学科

西村 由香 E-mail: nishi@do-bunkyodai.ac.jp

 

実習指導者、卒業生以外の参加も可能です。

詳細は以下をクリックしてご参照ください。

平成30年度学術研修会の案内

 

 

 

2年生の運動学実習!!

2019年01月21日

2年生の運動学実習の様子です。担当教員は理学療法学科教授の大森先生です。

今回は下肢筋の触診の実習です。理学療法士は皮膚の上から様々な筋を明確に触ることができることが必要です。

 

二人一組になって行います。すぐにわかりやすい筋もあれば、股関節を動かしながら確認しないとわからない筋もあります。

 

大森先生がわかりやすく教えています。

 

理学療法学科の実習科目は専任教員が担当しており、非常に充実しているのが特徴です。

久しぶりに理学療法学科!遅くなりましたが大学祭と卒業研究です!

2018年12月11日

震災以来、投稿がされてませんでした。

溜まった写真を投稿します。

まずは10月の大学祭!

よさこいサークルの理学療法学科3年の2人!素敵ですね。

体育館での演舞の様子

 

理学療法学科教員の牧野先生ゼミのスープカレー屋!大人気だったとのこと。

身心運動セラピー同好会の活動です。大学祭にこられたご年配の人達に運動指導しています!

理学療法学科の2年生がやっています。

 

次は11月の4年生卒業研究発表会!

一生懸命発表しています。先生方、学生さん達は真剣そのものです。

 

終了後の写真です。今回は9名の4年生が研究発表しました。

こんなふうに学生は頑張ってます。

また理学療法学科の様子をUPします!