北海道文教大学

Top

トピックス – 理学療法学科 – 北海道文教大学

2020年度前期 理学療法学科オリエンテーションをやります!!

2020年05月12日
令和2年度前期 理学療法学科オリエンテーションを動画配信で行います!!
 
1年生 515日(金) 14:40
2年生 518日(月) 11:30
3年生 518日(月) 13:00
4年生 518日(月) 10:40
 
皆様に郵送しましたgoogleアカウントを必ず登録してください。
googleで行います。
まだ登録されていない学生がおります。
PC,スマホ、タブレット等で受講して下さい。
 
オリエンテーション終了後にアンケートに回答していただき、出席の確認となりますので、忘れずにお答えしてください。
(アンケート回答締め切りは、当日1750まで)

2020年度 理学療法学科通信 第2号

2020年04月27日

北文教大理学療法学科通信2号(2020年4月27日号)

 

北海道文教大学人間科学部理学療法学科の学生の皆様へ 第2報  理学療法学科長 横井裕一郎

 

学生の皆様、大学開始の延期、また今後の生活等について不安な気持ちでお過ごしのことと思います。特に新入学生の皆様は、春からの大学生活をまだ経験することができず、不安なお気持ちかもしれません。

現在、理学療法学科では、授業開始に備えて、学生の皆様を安全に受け入れる環境整備、動画配信による遠隔授業の準備、時間割の再検討、実習授業や学外実習の実施方法の変更を検討しています。このように学生の皆様に安全に講義できる体制を準備していることをご連絡します。また新1年生につきましては、理学療法学科教員で、状況確認の電話をしました。元気に過ごされていることを確認しております。

ここ数日で、小中高の学校開始を5月末までに延長している他都道府県が出てきており、北海道においても、同様なことが考えられます。それに伴う大学開始の変更等については、その都度、大学HP、メール、Facebook、LINE等でご連絡しますので、度重なる確認をお願いします。

学生の皆様は、不急不測の外出は控え、体調管理表を毎日つけてください。また遠隔授業受講のためのインターネット環境(回線やパソコンなど)をご確認ください。

新1年生は入学前課題の復習と解剖学の筋や骨の名称の暗記、2~3年生は、解剖学や生理学といった基礎科目の復習と新科目の予習、4年生は国家試験対策、卒業研究計画を自己学習してください。

どうぞよろしくお願いします。

2020年度 理学療法学科通信1号

2020年04月27日

北文教理学療法学科通信1号(2020年4月16日号)

 

北海道文教大学人間科学部理学療法学科の学生の皆様へ       理学療法学科長 横井裕一郎

 

学生の皆様、この度は新型コロナウイルス感染の流行、さらに北海道の非常事態宣言にともない、大学開始が延期になりましたことをお詫び申し上げます。また新入学生の皆様は、非常に不安な気持ちでお過ごしのことと察します。

現在、理学療法学科教員一同、授業開始に備えて、準備を進めております。学生の皆様を安全に受け入れる環境整備、大学で対面講義ができない場合のインターネット回線を使用した遠隔授業の検討、Moodleを使用した講義資料と課題を配付した自宅学習など様々な方法での講義・指導方法を検討しております。さらには実習授業や学外実習の実施方法が早急の課題となっています。また前期科目と後期科目の入れ替えや時間割・教室変更などの検討も行う必要が出てきました。このように現在の状況において、学生の皆様に講義できる体制を準備していることをご連絡します。

しかしながら、状況は日々刻々と変わりますので、授業開始日などの更なる変更も考えられます。その都度、大学HP、メール、LINE等でご連絡しますので、度重なる確認をお願いします。なお新1年生につきましては、理学療法学科教員が4月中に、ご入学の挨拶をかねた状況確認の電話をいたしますことをご了承ください。

学生の皆様におかれましては、新型コロナウイルスの感染しないように、不急不測の外出は控え、体調管理するとともに、新1年生は入学前課題の復習、また2~4年生の在学生は、解剖学や生理学といった基礎科目の勉強なども自己学習するように勧めます。

5月以降、皆様とお会いできることを楽しみにしています。

令和2年度 理学療法学科 ご入学の皆様へ:学科長挨拶

2020年04月27日

理学療法学科へご入学の皆様へ                 理学療法学科 学科長 横井裕一郎

 

理学療法学科新入学生の皆様、ご入学おめでとうございます。

4月1日から理学療法学科長となりました横井裕一郎といいます。

これから、どうぞよろしくお願いします。

さて予定しておりました、入学式は中止となり、

皆様にお目にかかるのが5月連休明けとなります。

詳細は学科オリエンテーションで話をさせていただきますが、

理学療法学科教員一同19名で皆様のご入学を歓迎するとともに、

社会で活躍できる理学療法士として育てていく所存でございます。

何卒よろしくお願いします。

皆様にお目にかかれることを楽しみにしております。

 

 

 

 

理学療法学科!新4年生対象の就職講座2020は中止です!!

2020年03月10日

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、

収束の見通しが立たない状況であることから、

令和2年3月26日、27日に開催を予定しておりました

新4年学生対象の「PTOT就職講座2020」につきましては、

感染防止の観点から中止することと致しましたので、

ご通知申し上げます。

詳細につきましては、後日連絡いたします。

速報!!理学療法学科!令和2年3月7日(土)の臨床実習指導者会議、学術研修会は中止です!

2020年02月26日

下記文書等と返信用書類、封筒を同封したものを、

実習指導者会議に出席予定の施設に、

早急に送らせていただきます。

何卒よろしくお願いします。

 

 

臨床実習指導者各位

北海道文教大学

学 長 渡 部 俊 弘

 

「2020年度臨床実習指導者会議」および「学術研修会」の開催中止について

 

謹啓 平素は本学の教育にご支援ご協力いただき誠にありがとうございます。

さてこの度は、皆様もご承知の通り新型コロナウィルス感染拡大が懸念されております。日本理学療法士協会においても対応策として本年度3月末までの学術集会・研修会ならびに会議等の開催中止が決定しており、これに準じて本学科も令和2年3月7日(土)に予定しておりました2020年度臨床実習指導者会議」および「学術研修会」の開催を中止することに決定いたしました。会議への出席を予定されていた方々におかれましては、急なキャンセルとなり大変ご迷惑をおかけ致します事、深くお詫び申し上げます。「2020年度臨床実習の手引き」等会議資料につきましては改めて郵送いたします。

また事前にご購入いただいた交通費や宿泊費のキャンセル料金が発生する場合はお立て替えいただいた料金をお支払いいたしますので下記のキャンセル料金のお支払い手続きをお願いいたします。

皆様のご健康を祈念いたしますとともに、今後ともご指導ご鞭撻いただけますようよろしくお願いいたします。

「交通費・宿泊費キャンセル料金のお支払いの手続きについて」

 

以下の書類をご返送ください。

  • 交通費、宿泊費の予約完了が分かる書類(または領収書)

  • キャンセル料金の領収書(個人名でも可)

  • お立て替えいただいたキャンセル料金の振込先口座番号(個人口座でも可)

誠に恐れ入りますが、令和2年3月14日(金)必着にてお願い申し上げます。

以上

問い合せ担当教員 : 小林 英司(ekobayashi☆do-bunkyodai.ac.jp) 問い合わせる際は☆を@に変更してください。

理学療法士国家試験は令和2年2月23日(日)!

2020年02月17日

4年生最後の大仕事、理学療法士国家試験が2月23日(日)、札幌コンベンションセンターで行われます。

毎日、必死に勉強しています。

こんな感じで、毎日勉強したり、模擬試験をしたり、、、。なかなか大変です。

集中力が必要ですね。4年生は11月頃から、ひたすら国家試験勉強をしてます。

国家試験に合格すると、晴れて「理学療法士」になれます。

昨年は合格率100%でした。今年も全員合格目指しています!

理学の学術研修会は令和2年3月7日(土)です

2020年02月10日

今年度の学術研修会として講演を企画しました。

講師は金子文成 先生(慶應義塾大学医学部 リハビリテーション医学教室)です。

講演名は

「臨床と基礎研究の橋渡し、脳卒中上肢運動機能のリハビリテーションに関する新しい潮流」

 

非常に興味深い話なのでふるって参加してください。

申し込み締め切りは2月28日!

日時は令和2年3月7日(土)9:30~12:30(9:00受付開始)、

会場は北海道文教大学 221教室 です。

参加対象者は、卒業生、在籍学生、実習受入施設となっています。

申し込み方法など詳細はこちら↓

学術研修会案内

 

理学療法学科!コメディカルスタッフのための神経解剖学セミナー 開催しました

2020年02月10日

2020年2月8日(土),9日(日)に,本学理学療法学科と札幌医科大学解剖学講座が共催で

脳の解剖セミナーを行いました.

病院施設で勤務している理学療法士などの医療スタッフの方に,神経解剖学をレクチャーするセミナーです.

2回目となったこのセミナーは,理学療法学科の小林が神経解剖学の講師とセミナー代表を務めています.

脳には多くの働きがあり,どの部分でどの働きをするかはきちんと分けられています.

例えば,手を動かす,足を動かす,話す,聞く,見る,奥行きを感じる,色を見分ける,人の顔を覚える,記憶する・・・など,

数多くの機能がそれぞれに分担されています.

脳梗塞やパーキンソン病など,脳の病気を持つ患者さんではこれらの機能がそれぞれに問題を起こします.

よって,手が動かせないけれど足は動かせる方,聞くことはできるけれどうなく話せない方,

色を見分けることはできるけれど奥行きは感じられない方,

昔のことは覚えているけれど新しいことを覚えるのは難しい方,,,多彩な症状が出現します.

理学療法士は,一人ひとりの方に合わせてリハビリテーションを計画します.

脳のどこが損傷を受けているのか? 症状の程度は? 改善の見込みは? などを見極める必要があります.

症状とCTやMRI画像で評価した脳の状態を照らし合わせ,根拠を持って評価します.

脳の構造を理解しておくことはとても大切ですが,学生時代とは違い,

自力で勉強するのはなかなか大変です...

そこで,今回のようなセミナーを行って皆で勉強しています.

当日はまず,札幌医科大学解剖学第1講座の辰巳教授の講義:「新神経解剖学,心を解剖する!」から開始.

リハビリスタッフが神経解剖学を勉強する必要性を,熱く熱く語っていただきました!

次に,理学療法士の大村優慈先生による講義「脳卒中の画像を見るための神経解剖学」

MRIの画像は,「見る」のではなく「読む」もの.知識があると読めてきます.

大村先生はこの分野の著名なテキストの著書で,先駆的な取り組みをされている方です.

その後は2日間,札幌医科大学に献体されたご遺体の脳を解剖する実習を行いました.

解剖学書を見ながら,メスやピンセットを使って脳を解剖し,脳の構造を理解していきます.

小林と大村先生で協力してレクチャーしながら解剖を進めます.みなさん真剣に,かつリラックスした雰囲気で勉強できていたと思います.

今回の参加者は総勢43名,脳神経外科,神経内科,リハビリテーション専門病院,

小児施設などで勤務されている理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,視能訓練士の方々でした.

参加者の方々には,非常に難しい神経解剖学を楽しく勉強できたという好評価をいただきました.

もちろん,北海道文教大学の卒業生も多く参加していました.

卒業後も学び続ける姿勢をサポートすることは,我々大学教員の大切な役割と考えます.

このセミナーは好評で,申し込み開始からわずか10日で一気に満員となり,キャンセル待ち状態の方が非常に多くおられました.

次年度も開催しますので,お早めにお申し込み下さい!

文責:理学療法学科 小林英司