北海道文教大学

Top

パークゴルフから介護予防を考える - トピックス – 作業療法学科 – 北海道文教大学

パークゴルフから介護予防を考える

2018年10月17日
「高齢期作業療法治療学特論」の授業では毎年、
多くの高齢者に親しまれているパークゴルフを体験する授業を行っています。
パークゴルフを行っている高齢者の方達は元気で若々しい方達ばかりですので
きっとパークゴルフという「作業」には秘密があるはずです。



大学から車で10分程度の場所にある「るるまっぷパークゴルフ場」で行いました。
午前中に雨が降ったり微妙な天気でしたが、なんとか晴れてパークゴルフを楽しむことができました。


恵庭パークゴルフ協会の会員の皆様にご協力をいただき、学生と共に一緒にコースを周りながら、
パークゴルフの面白さ、難しさ、ルールやマナーなどを教えて頂きました。

クラブの持ち方や打ち方を少し練習してから、4人一組でいざコースへ。



みんなでスイング!



力加減を調節したり、距離やコースを考えたり、スイングするバランスや筋力、
コースを周る歩行距離、打数の計算など、実際に体験しながら作業療法の視点でパークゴルフを考えてみると、
沢山の要素が見えてきます。



作業療法士が担当する患者さんには、以前パークゴルフを行っていたので再びできるようになりたい、
と希望される方も時々いらっしゃいます。そんな時に、この体験授業での経験が役に立てばよいなと思っています。


最後にパークゴルフがどのように高齢者の皆さんの健康に繋がっているのか
学生が色々な角度でインタビューをしながらお話を聞きました。



最後に全員で記念撮影。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!