北海道文教大学

Top

評価実習 - トピックス – 作業療法学科 – 北海道文教大学

評価実習

2017年09月13日

作業療法学科3年生41名は, 8月28日(月)から9月15日(金)までの3週間, 身体障害領域26施設, 精神障害領域7施設, 老人保健施設7施設, 発達障害領域1施設に臨床実習に行きます.

学内での講義や実習で学んだ知識や技術を臨床の場でどのように活かすのか, また作業療法士として患者様をどのように評価・治療してくのか, 臨床実習指導者の先生方につき, たくさんの経験をしてきます.

評価実習では主に, 作業療法士が患者様の治療を実施する前に, 患者様がどのような障害(身体機能面や日常生活活動, 余暇活動)を抱えているかを把握するために, 面接や観察, 検査や測定といった評価を実施する経験を積んできます.

写真は, 学内にてお互いにセラピストと患者役に別れ, 検査や測定といった評価実技を練習しているところです.

3週間後, 一皮も二皮も剥けた学生たちに成長していることを教員一同期待しています.