北海道文教大学

Top

作業療法学科: 臨床実習 Ⅰ を終えて〜寸劇で印象的な体験を再現〜 - トピックス – 作業療法学科 – 北海道文教大学

作業療法学科: 臨床実習 Ⅰ を終えて〜寸劇で印象的な体験を再現〜

2017年03月22日

平成29年2月28日、1年生(10期生)50名が臨床実習Ⅰを終えました。OT学科開設以来、2回のカリキュラム改訂を行い、10期生は第3回目の新しいカリキュラムで学習しています。第3カリキュラムの特徴は、特にコミュニケーション教育に重点を置いていることです。

1年後期にはコミュニケーション技法(演習)15コマを実施し、学生同士のコミュニケーションを繰り返し実体験して、そのコツを学習・体得して慣れることで、作業療法の対象者(患者さま)やご家族、医療現場のスタッフの皆様との専門的な関わりの基礎力を形成することを目指しました。

2月初旬のクリニカルクラークシップによる臨床実習Ⅰ(作業療法現場の見学中心の実習)の開始直前には、コミュニケーションOSCE(コミュニケーションに重点を置く客観的臨床能力試験)を行い、障害のある方との初体面での会話に体当たりで挑戦。学内での成長を確認しました。

1週間の臨床実習を終えた事後指導では、実習地での体験を小グループで話し合い、印象に残った出来事をグループ毎に寸劇で表現しました。

寸劇では、脳卒中後遺症によって失語症になった方や感情調節の難しい方、精神科の患者さまなどとの関わりで、コミュニケーションに困難を感じながらも、懸命に関わろうとした学生たちの真摯な姿を見ることができました。

寸劇を鑑賞した数人の教員からは、場面に即した様々な専門的アドバイスが飛び交い、活気のある楽しい事後指導となりました。教員一同、心・技・体(知識・技能・態度)のバランスのとれた学生の成長を願い、今後も学生とともに努力を重ねる決意です。

4月から新2年生になる10期生ですが、専門科目の開講が目白押しです。卵から孵化し、夢に向かって逞しく羽ばたく日を目指して切磋琢磨して行きましょう!!

(渡辺明日香)