北海道文教大学

Top

パークゴルフ体験授業 - トピックス – 作業療法学科 – 人間科学部 – 学部・学科・大学院 – 北海道文教大学

パークゴルフ体験授業

2015年07月29日

先日、恵庭市内のルルマップパークゴルフ場で、3年生の高齢期作業療法治療学特論の授業が行われました。 パークゴルフは北海道で生まれた、高齢者から子供まで年代を問わず一緒に楽しめるスポーツです。 この授業では、高齢者の介護予防につながる「作業」としてのパークゴルフを、実際に年配の方達から 教えて頂き、一緒にコースを回って体験しながら学習することを目的としています。

今回は、恵庭パークゴルフ協会の皆さんにご協力を頂きました。

 

ルールを教えて頂いた後クラブとボールを受け取っていざコースへ!

パークゴルフ1

 

天気にも恵まれ、青空と緑に囲まれた気持ちのいい空間。これだけでも元気になります。

パークゴルフ2

 

打ち方を教えて頂いたり、

パークゴルフ3

 

一緒に回る人への配慮や後からコースを回る人への心配り、 植木などの自然を傷つけない打ち方など、大切なマナーも沢山教えて頂きました。

パークゴルフ4

 

スコアの付け方をレッスン中

パークゴルフ5

 

ナイスショット!

パークゴルフ6

 

最後に学生から先生へ、パークゴルフを始めたきっかけ・パークゴルフが健康にどう関係しているか・魅力などを質問し、色々なお話を聞かせていただきました。

パークゴルフ7

 

参加した学生からの感想は、「思ったよりも難しく、どんどんのめりこんでしまった。」「とても気持ち良かったし、年齢問わず楽しめた。もっとやりたかった」「意外と距離を歩くし、打数を計算したり打つコースを考えたり頭を使うスポーツだった」「協会の皆さんの元気さにびっくりした」「お互いに応援したり自然とコミュニケーションが広がるスポーツだと感じた」などの感想が聞かれました。

「作業」としてのパークゴルフの魅力や奥深さを体感することができた授業でした。 ご協力頂いた恵庭パークゴルフ協会の皆様とルルマップパークゴルフ場の皆様、本当にありがとうございました。