北海道文教大学

Top

看護学科1年生 大学生活に慣れました - トピックス – 看護学科 – 北海道文教大学

看護学科1年生 大学生活に慣れました

2017年07月05日

看護学科1年生は、北海道文教大学に入学してから3か月が経ちました。

友達も沢山できて、少しずつ大学生活に慣れてきたようです。

写真は、講義中の様子です。

何名かの学生さんにインタビューしたところ、

「イメージしていたよりも忙しくて、時間が足りません!」

「課題の提出は大変だけれど、看護に関する専門科目を学べるのは嬉しいです。」

「講義の無い時間に友達とおしゃべりすることが楽しいです。」

「大学では、高校のように先生に言われたことをやるのではなく、自分から学ぶことが大事なんだとわかりました!」

との声が聞かれました。

特に、1人暮らしを始めた学生は、

「自由な時間が多い分、自分で時間の管理をしなければならないことがわかりました。」

「思ったよりも家事をするのが大変で、お母さんの有難みがわかりました。」

と1人暮らしの苦労親への感謝を感じているようです。

 

看護学科の男子学生(今年は学年全体の約1割)は、

「男子は少ないけれど、その分、先輩とのつながりがあって優しくアドバイスしてもらっています。」

「女子も優しくしてくれるので、窮屈に感じることはないです。」

と大学生活を楽しんでいるようです。

 

大学4年間はあっという間に過ぎるので、1日1日を大切に過ごして下さいね。