北海道文教大学

Top

第1回 オープンキャンパス 実習体験<看護学科> - トピックス – 看護学科 – 北海道文教大学

第1回 オープンキャンパス 実習体験<看護学科>

2017年06月20日

6月18日(日)に第1回オープンキャンパスが開催されました。

今回は、看護学科の実習体験の一部をご紹介します。

母性・小児看護学実習室で行った「妊婦さんの身体を知ろう!」では、

3つのブースに分かれて実習を行いました。

 

①「お腹の中の赤ちゃんの成長を知ろう!」では、

妊婦さんのお腹の中にいる赤ちゃんの様子を模型や写真で学びました。

そして、赤ちゃん人形を抱いて、3000gの重みを体感しました。

「思っていたよりも重かった!」との声が聞かれました。

 

②「妊婦さんの身体を体験しよう!」では、

妊娠8か月の妊婦さんの身体の重さを疑似体験できる妊婦ジャケット(およそ8kg)を着用しました。

想像以上に身体の動きが制限されて驚いています。

 

③「お腹の中の赤ちゃんの心臓の音を聴いてみよう!」では、

妊婦さんのお腹を再現した模型(お腹の中には赤ちゃんモデルが入っています)を使って、赤ちゃんの体の位置を把握し、心臓の音が聞こえる部分を探りました。

手の感覚を頼りに、お腹の中を想像しながら行いました。

 

参加した高校生からは、

「模型がリアルですごくおもしろかった。」

「妊婦さんや赤ちゃんに関する授業にも興味が湧きました。」

との感想を頂きました。

 

第2回オープンキャンパスは7月23日に開催されます。

今回、参加できなかった方も、「また行きたい!」という方も、是非いらして下さいね!