北海道文教大学

Top

トピックス – 看護学科 – 北海道文教大学

文教キッズカレッジ 「一日大学生体験」

2018年01月12日

今年の冬休みも文教キッズカレッジを開催し、多くの親子連れが参加して下さいました!

ミニ講義では、「大学ってどんなところ?」をテーマに一生懸命学びました。

大学クイズでは、クイズ形式で楽しみながら小学校との違いを沢山知ることが出来ましたね。

 

体験講義では、【看護体験】と【ものづくり体験】に分かれて行いました。

【看護体験】の今回のテーマは、「移動を助ける看護とは?」です。

病気やけがで一人で体を動かすのが大変な人の気持ちを知るために、

ゴーグルやサポーター、おもりを装着し、動きにくさを体験しました。

また、動きを助ける看護として、車椅子について学び、車いすに乗ったり、保護者を乗せて押す体験もしました。

【ものづくり体験】の今回のテーマは「オリジナル石鹸をつくろう!」です。

クリアソープや既成の石鹸を溶かして、好きな形を作り、色や香りもつけました。

ひとりひとり異なるオリジナルデザインです!

みんなとても想像力が豊かで、様々な石鹸が出来上がりました。

そして、最後は

ひとりひとり、修了証書が授与されました。

みんな一生懸命、学びましたね!

 

文教キッズカレッジの次回の開催は2018年の夏休の予定です。

地域の小学生のみなさんが学ぶ楽しさを感じたり、将来の目標を掲げる上でのお手伝いが出来るようなプログラムにしたいと思います。

リピーターの参加もお待ちしております。

看護研究Ⅱ発表会

2017年11月27日

11月17日に看護学科4年生の看護研究発表会がありました。

学生たちは4月から8か月間、4~5名のグループに分かれて担当教員の指導のもと研究計画書を作成しました。

これまで学んだ講義・演習・実習などで生まれた興味・関心や疑問に基づき研究テーマを決定するので、

研究テーマはグループ毎に異なります。

発表当日は、パワーポイントを使用し、質疑応答を含む15分間のプレゼンテーションを行いました。

座長も学生がつとめ、積極的に学生同士で意見交換がされました。

どのグループも堂々と発表しており、4年生としての頼もしさを感じました。

9月30日理作看合同研修会 (在校生のみ終了後、卒業生との交流会あり・おやつ付)

2017年09月26日

9月30日土曜日、本学において理学、作業、看護学科合同の研修会が開催されます。

基調講演のほか、合同シンポジウムでは現場で活躍中の本学卒業生がシンポジストとして登場します。

皆様のご参加、お待ちしています。

(在校生のみ終了後に卒業生との交流会を予定しています。先輩からいろいろなお話が聞けるチャンスです。詳しくは学内掲示ポスターをご覧下さい)

 

9月30日土曜日 13:00~14:30 基調講演、14:45~16:15 合同シンポジウム

4年生 最後の実習が終わりました

2017年09月07日

看護学生最後の実習である「継続統合看護学実習」が9月1日に全クール終了しました。

今回の実習は、4年間の集大成ともいえる実習であり、学生それぞれが目標を掲げて臨んでいました。

患者さんに対して真摯に向き合う姿、笑顔で積極的に行動する姿は、看護学生として非常に頼もしかったです。

写真は、実習最終日に行われた実習報告会の様子です。

どのグループも、多くの学びを伝えようとする熱意が伝わる発表でした。

 

 

 

実習を通して、来春から看護師として働く姿をイメージすることが出来たと思います。

今回の学びを今後に生かして下さいね。

北海道文教大学Smile Project 始動!

2017年09月01日

★Smile Projectとは・・・看護学科、理学療法学科、健康栄養学科、こども発達学科の4学科の教員と学生が医療的ケア児を支援していくプロジェクトです。

Projectチームは9月2日(土)に行われる「第11回メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン チャリティー・ラン&ウォーク」にボランティア団体の<メイク・ア・ウィッシュ>、<そらプチ>の皆さんとチャリティーウォークに参加します。応援よろしくお願いします!

【チャリティーウォークに向けての準備作業の様子】