北海道文教大学

Top

トピックス – 健康栄養学科 – 北海道文教大学

臨地実習Ⅰ 報告会

2018年11月05日

10月31日に臨地実習Ⅰの報告会が実施されました。

臨地実習Ⅰは、病院や老人保健施設、学校給食センター、事業所で2週間の実習を行います。

今年度の報告会は、クラスメンバーで事前にディスカッションを重ね、グループ発表の形で行われました。

発表は、給食提供における衛生管理や管理栄養士の役割、個別対応のいずれかのテーマについてクラス毎に決めて行われ、

一人ひとりの実習先を大きく分類し、その特徴や考察をまとめていました。

他クラスの発表を聞いた学生からは、様々な質問があがり、互いに実習で学んだことへの理解を深めておりました。

    

 

最後には、先生から総評をいただきました。

 

実習中の9月6日には台風21号、続いて7日には平成30年度北海道胆振東部地震があり、

実習先で災害時の対応を目の当たりにした学生も多くおりました。

そのような状況から、どんな時でも食事提供には休みがないこと、非常食の備蓄の重要性についてや、

管理栄養士として震災時にすべきこと等、お話をいただきました。

今回の実習で得た様々な経験を忘れず、今後の実習や社会に出た際に生かしていってもらいたいと思います。