北海道文教大学

Top

トピックス – 健康栄養学科 – 北海道文教大学

7月7日(土)臨地実習指導担当者会議が開催されました。

2018年07月19日

平成30年7月7日(土)臨地実習指導担当者会議が本学 鶴岡記念講堂で開催されました。

 

《開会の挨拶》

北海道文教大学 学長 渡部俊弘

日頃お世話になっている病院や施設の管理栄養士の先生方に対する謝意と

健康栄養学科のカリキュラムにおける臨地実習の重要性についてのお話がありました。

 

《学科概要説明と講演》

学科長 芦川修貮 教授

授業構成や卒業生就職状況、国家試験合格率など本学の学科説明及び

厚生労働省栄養指導室長 清野富久江室長の講演「管理栄養士・栄養士養成への期待」が芦川教授よりありました。

 

《昼食交流》

実習先の管理栄養士の先生と本学教員が食事を共にし、交流を図りました。

本学を卒業された管理栄養士の先生も多く、学生時代の思い出話に花を咲かせたり、

午前中の講演についてなどお話することができ、有意義な時間となりました。

鶴岡記念講堂内にある「鶴岡先生史料室」が開放され、

昼食後には多くの先生方が本学の創成期からの歴史に触れられておりました。

 

《実習内容に関する協議》

実習先の先生方から、臨地実習に関するご意見やご要望などを頂きました。

 

《学生との実習に関する打合せ》

実習先の先生と本学学生との実習打合せを実施いたしました。

先生をお待ちしている間、緊張して顔が強ばっている学生が見られたり、

質問内容を確認していました。

実習の課題についてご指導いただき、熱心に耳を傾けていた様子でした。

 

8月から初めての臨地実習に行くにあたり、先生としっかり打合せができ、

緊張感のある貴重な時間となったかと思います。

学内では学べないことをたくさん吸収し、

多くの知識や経験を身につけられる実習になるといいですね。