北海道文教大学

Top

トピックス – 健康栄養学科 – 北海道文教大学

2017年 第1回ロコモ予防教室が開催されました!

2017年11月01日

10月21日(土)、今年度第1回 の「目指せ!アクティブシニア ロコモ予防教室」が開催されました。 “元気一杯シニア”を目指す方々に、健康づくり運動と食生活の両面からサポートすることを目的に始まった道文教大ロコモ教室は今シーズンで3年目となります。

今シーズンのオープニングに相応しい暖かく晴れやかな天候のもと、教室に応募された35名の方全員にご参加いただきました!

教室開始前の気分調査

体力測定風景

 

気分調査、身体組成測定の他に、「2ステップテスト」や「立ち上がりテスト」などの寝たきり・転倒予防に関連する様々な体力測定を行いました。今年から、新たに骨密度の測定も始めました。参加者の方からは、「初めてですが、お友達と参加しました!」「3年目になり、お友達もたくさんいます!」と嬉しいお言葉もいただきました。

     

本教室恒例のNHK「あまちゃん」テーマ曲を使った本学オリジナルの『じぇじぇじぇ体操』を全員椅子座位バージョンで踊りました。立位バージョンとの運動効果の違いも説明され、参加者の方からは笑顔で「やったー!大漁だー!」の掛け声をいただきました。

その後は、「健康な暮らしとは、楽(らく)な暮らしか?楽(たの)しい暮らしか?」という話題とともに、ロコトレ(寝たきり予防トレーニング)、椅子に座ったままの骨盤ウォーキングや全力ダッシュ足踏み、さらにゆったりとした曲に合わせた立位での左右スイング運動とストレッチ体操を行いました。

外出頻度が減少しやすい冬季へ向けて、室内でも楽しく運動が出来るきっかけになったのではないでしょうか!

 

 

次はお待ちかねの食事タイムです!

今回のメニュータイトルは「バランスの良い食事」です。調味料をあまり使わず、減塩を心がけた献立と、担当栄養士からの説明がありました。

食事の後は「ロコモ」をテーマにした健康ミニ講話です。

①ロコモとは何か、②本日行った体力測定や運動の内容と目的、③寝たきりになる原因と対処法、④なぜ運動と栄養への気配りが必要なのかなど、ロコモ予防に関するお話がありました。皆さんは、ご自分の普段の生活を思い浮かべて「うんうん!」との頷きや、「そうそう!」と笑いがおこる場面もありました。食事内容については、「全部とても美味しかった」「講話により運動と食事の必要性がわかったので、バランス良くたくさん食べることが出来てよかった!」との嬉しいお声をいただきました!

次回のロコモ予防教室は11月18日(土)です。 ご参加を心よりお待ちしております!