北海道文教大学

Top

トピックス – 健康栄養学科 – 北海道文教大学

商品開発研究会で開発したブレンド米が、期間限定で販売決定!

2017年07月18日

 この度、北ガスジェネックス株式会社様の50周年記念米として開発しておりましたブレンド米「おりひめ」と「ひこぼし」が7月23日より期間限定で販売することが決定致しました!!

 今年の4月より3年加藤渓也をリーダーとし、“北ガスジェネックスお米プロジェクト”としてガス炊飯に合うブレンド米の開発をスタートさせました。
 約2か月間、試作を何度も繰り返し、ようやく完成した2種類のブレンド米。甘味を重視した「おりひめ」と粘りを重視した「ひこぼし」が完成しました。
 6月28日には北ガスジェネックス株式会社・杉岡社長をはじめとした関係者の皆様に向けて完成披露会を行い、さらには新聞報道各社の方々もいらっしゃる中、プロジェクトリーダー加藤がプレゼンテーションを行いました。披露会の際に、ブレンド米の期間限定販売が決定いたしました。

 期間は七夕に合わせて7月23日~8月13日まで、札幌大丸店地下1階ほっぺタウン千野米穀店様にて販売させていただきます!
 7月23日には、プロジェクトメンバー数名が店頭にて試食販売を行います。
 さらにはガラポン抽選会も行う予定ですので、みなさまぜひお越しください!
 なお、200個限定販売となりますので、売り切れ次第、販売修了となりますのでお早めにお求めください。

「臨地実習指導担当者会議」の開催について

2017年04月28日

平成29年4月22日(土)臨地実習指導担当者会議が開催されました。       

 

≪開会の挨拶≫

北海道文教大学 副学長 橘内 勇教授

日頃お世話になっている病院等の管理栄養士の先生方に対する謝意と、健康栄養学科の

カリキュラムにおける臨地実習の重要性についてのお話がありました。

 

≪人間科学部健康栄養学科の概要説明≫

学科長 芦川 修貮教授

健康栄養学科の新カリキュラムの説明と、入学から卒業までの流れ、また、平成28年度

卒業生の就職状況ついての説明がありました。

 

≪「臨地実習Ⅱ・Ⅲ」の各実習内容等に関する協議≫

 

実習生受け入れ先の先生一人ひとりから、臨地実習に関するご意見やご要望などをいただきました。

 

≪昼食交流≫

給食実習室の食堂において、実習生受け入れ先の先生と本学教員が食事を共にしながら交流を図りました。

午前の協議に引き続き、今までに受け入れた実習生の状況や、これからお世話になる実習生に対する期待など

お話しすることができ、とても有意義な時間になりました。

昼食後は、栄養教育実習室でSATシステムの見学があり、食品サンプルの実物に触れ、実際に1回分の食事を

セットしてSATシステムによる栄養量の評価を受けるなど、興味を持っていただくことができました。

 

≪学生との実習に関する打ち合わせ≫

 

2つの会議室に分かれて、臨地実習Ⅱおよび臨地実習Ⅲの打ち合わせを実施しました。

学生は、先生を待っている間は緊張した様子でしたが、先生の前では一生懸命質問し、

課題について熱心にご指導を受けている姿が見受けられました。

6月からの実習にあたり、受け入れ先の先生としっかり打ち合わせすることができ、

学生にとっては緊張感のある貴重な時間になったと思います。

 

第5回 ロコモ予防教室~目指せ!アクティブシニア~が開催されました。!

2017年04月05日

2月18日(土)に平成28年度最後のロコモ予防教室が開催されました。

2月の厳しい寒さでしたが、お天気は晴れ!38人の参加者の方に来ていただきました!

 

今回は1回目と同じ項目で体力測定を行いました。

「立ち上がりテストの練習をしています!」「前回出来なかった片足立ちが最後まで出来た~。うれしい~!!」などの声をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

準備運動・ストレッチングの後は、文教大オリジナルでおなじみ「じぇじぇじぇ体操」です。下の写真は海でウニを探しているポーズです。しっかり前に踏み出せるようになり、回を重ねるごとに皆さんの動きも安定して力強くなってきました!


 

 

 

 

 

 

筋肉トレーニング指導では、ロコモ予防に大切なキャッチフレーズ「ポンポン(お腹)「ペンペン(お尻)」「トントン(太もも)」「パンパン(ふくらはぎ)」の掛け声とともに、どこの筋肉を使っているか意識することが大切…とのワンポイントアドバイスがありました。


 

 

 

 

歩行運動では、「トランポリン」や「BOSUバランストレーナー」などの不安定路面を意識したバランス歩行、さらに床にジグザグに置いた紐の上を継ぎ足(タンデム)で歩く動作を組み入れた歩行アスレチックスの体験です。

 

 

 

 

 

足踏みの途中で腿上げ姿勢を保つ補強トレーニングを行いました。

声を出しながらの運動はとても大切なことですが、イチ・ニ・サン…と数字を数えるよりも、「より格好よく、楽しく、大きい掛け声で!」との侘美教授のアドバイスのもと「文教大!ロコモ!エイヤー!」と全員の力強い大合唱が体育館に響き渡りました!!

 

 

 

 

 

運動プログラムの最後は、急ぎ歩きを楽しく行うことをねらった「関所破り」というゲームを行いました。

攻めと守りの2チームに分かれ、攻めチームが自陣の門から出て前方の守りチームが4重に固めた関所をジャンケンで打ち破る勝ち抜きゲームです。

途中で負けると一度自陣の門まで急ぎ歩きで戻り、出直しての再挑戦。今回は、勝ち抜き人数によるチーム対抗だけでなく、勝ち抜き回数を競う個人賞も用意されました。皆さん、力が入った声でジャンケンをし、勝っても負けても歓声があがっていました。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

上位の方にはプチ表彰式です。

今年度も、5回の運動教室が無事に終了しました。満足な笑顔の集合写真です。

 

 

 

 

 

 

 

運動の後はお待ちかねのランチタイムです!

本日のお食事のテーマは「ハレ(晴れ)の祝い膳<アンチエイジング編>」です。


 

 

 

 

 

 

食事の後は献立作成者による「アンチエイジング」についての健康ミニ講義です。


 

 

 

 

 

玄米や油の種類やその作用について等、今日の献立のポイントと合わせてお話がありました。参加者の方が「うんうん」とうなずく姿がみえました。

今年度のロコモ予防教室は今日(5回目)で最後となりました。「SAIJIゴムを家でもやっています!」「ランチョンマットを毎回持ち帰っています!」「献立を家でも作りました!」「5回目まで早かった、本当にプラスになりました!」等、参加者の方からたくさんの感想をいただき、スタッフ一同、とても嬉しく思っております!

今後も、”目指せ!アクティブシニア”を合言葉に、お元気にお過ごしください。

半 年間ありがとうございました!