北海道文教大学

Top

カリキュラム

臨地実習

臨地実習は、実践活動の場での課題発見、解決を通して、栄養評価・判定に基づく適切なマネジメントを行うために必要とされる専門的知識及び技術の統合を図り、管理栄養士として具備すべき知識及び技能を修得することを目的として、管理栄養士が専従する施設において実施される実習です。
 本学では、3年次に臨地実習Ⅰ(必修)、4年次に臨地実習Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ(選択必修)を履修します。


臨地実習Ⅰ(給食経営管理論)

フードサービスの実践の場において、給食業務をおこなうために必要な、食事の計画や調理を含めた給食サービスの提供に関する技術と関連の資源を総合的に判断し、栄養面、経済面全般のマネジメントを行う能力を養うことを目的としています。本学では、フードサービスに実力を発揮できる管理栄養士を養成するために、必修科目として2週間の臨地実習を設定しています。実習施設としては、特別養護老人ホーム・学校・自衛隊などの特定給食施設で行います。

 

臨地実習Ⅱ、Ⅲ(臨床栄養学)

臨床栄養の実践の場において、傷病者の病態や栄養状態の特徴に基づいた適正な栄養管理を学びます。栄養ケアマネジメントにおける栄養状態の評価・判定、栄養補給、栄養教育、食品と医薬品の相互作用について学び、医療・介護制度やチーム医療における管理栄養士の役割について理解を深める実習です。実習施設は、臨地実習Ⅱが病院、臨地実習Ⅲが介護老人保健施設などで行います。本学では、学生の進路などの希望に合わせて選択する形をとっています。

  

臨地実習Ⅳ(公衆栄養学)

公衆栄養学では、地域社会で実際に生活している人々に接することで、対象者の健康状態や食生活の理解を深め、健康・栄養問題や課題を組織的に予防・解決していくときに必要となる地域における管理栄養士の支援のあり方を、知識・理論と結びつけて理解するための実習です。保健所や市町村保健センターで実習を行いますが、本学ではより地域の方々と交流しコミュニケーション能力を養うため市町村保健センターを中心に実習を行っています。
 また、実習施設では地域で行われている保健事業で健康教育を実施する機会を提供していただいています。食事や栄養に関する講話や調理実習のほかに、運動指導も積極的に行っています。

  

健康栄養学科 学習内容へ戻る