北海道文教大学

Top

作家の高杉六花さんが学長を表敬訪問 12月5日 - トピックス – こども発達学科 – 北海道文教大学

作家の高杉六花さんが学長を表敬訪問 12月5日

2019年12月16日

「こ発」の魅力−作家でもママでも大活躍!

 

角川つばさ文庫 金賞受賞作品「君のとなりで。」の作者 高杉六花さん(筆名)は、

北海道文教大学 大学院 こども発達学研究科に在籍していますが、この度、受賞の報告に、

本学の学長を表敬訪問しました。

作品を執筆した経緯や自身のエピソードを披露するなど和やかな時間を過ごしました。

学長は「自分を作品に登場させてほしい」と大変興味をもち、一時間ほど談笑しました。

次年度に向けた「オープンキャンパス」に駆けつけてくれるかもしれません。

 

和やかな雰囲気が伝わると思います。

金賞を受賞することのすごさを改めて実感するひと時でもありました。

学長も作品の世界観に引き込まれて、ご自身の経験と重ねて談笑していました。

 

 

作品制作のエピソードを語る高杉六花さん。特設のスクリーンの前で記念撮影。

 

これが、燦然と輝く受賞の証・賞状です。

隣は受賞作の「君のとなりで。」とスピンオフ作品で、発売したての

「おもしろい話、集めました。p」です!

発売以来、デビュー作の売れ行きは好調ですでに重版が決定し、シリーズ化

に向けて第2巻が来年1月に出版される予定です。

 

鈴木理事長もお祝いに来てくださいました。

「すごいことですね。」との言葉をいただきました。

真ん中は、本学大学院研究科長で高杉さんの

指導教官の三上勝夫教授です。

 

高杉さんは大学院に在学していますが、

「学部の学生さんたちとたくさん話がしたい。」

とおっしゃっているので、

要望があればオープンキャンパスなどにも

参加してくれるかもしれません‼

皆さんからの熱い要望をお待ちしています。