北海道文教大学

Top

「第7回角川つばさ文庫小説賞」金賞受賞おめでとうございます! - トピックス – こども発達学科 – 北海道文教大学

「第7回角川つばさ文庫小説賞」金賞受賞おめでとうございます!

2019年11月21日

北海道文教大学大学院 こども発達学研究科で学んでいる高杉六花(筆名)さん

が「第7回角川つばさ文庫小説賞」で見事「金賞」を受賞されました!

今後は「角川つばさ文庫」の新進気鋭の大型新人として、全国での活躍が

期待されています。授賞式の様子を送っていただきましたので、皆さんに

お知らせいたします。この北海道恵庭市から全国へ羽ばたく高杉さんを

学科を挙げて応援したいと思います。

恵庭市の市長さん、教育長さんへの表敬訪問の様子

 

受賞作「君のとなりで。」は道内書店で大好評というだけではなく、全国でも

反響を呼んでいます。先日行われたトークショーでは、恵庭市内のつばさ文庫

ファンの小中学生が多く参加していました。

第2巻も1月に刊行予定とのことです

 

本学での学びが作品作りのきっかけになったとのお話をいただき、学科教員一同、

嬉しく思うと共にますますのご活躍を祈念いたします!

高杉さん、金賞受賞おめでとうございます!

 

恵庭市内でのサイン会の様子が新聞に掲載されました。

サイン待ちの列には、大人の方だけでなく、小学生もたくさんいました。

 

高杉さんから、文教大学で学ぶ学生さんへメッセージが届きました!

『大学院で子どもの発達や心理・教育などを学ぶ中で、文章を書くことが仕事

だった私は、いつしか「小説」を通して、この学びや想いを子どもたちに伝え

たいと、思うようになりました。大学院での学びはもちろんですが、先生や共に

学ぶ仲間との出会いは、小説に色濃く息づいています。

受賞と出版がゴールではなく、ここがスタート。子どもたちの瞳が輝き、心に届

くような小説を書き続けられるよう、これからも精進していきたいと思います。』

 

「第7回角川つばさ文庫小説賞」受賞作品&贈賞式アフターレポート_190325(アップ)

「角川つばさ文庫」の記事です、クリックしてご覧ください。

 

※お知らせ※

12月7日(土曜日)は総合型選抜(旧AO入試:ユニーク入試)です。

名前は変わりましたが、試験内容としては従来と変わりません。

募集期間は11月21日〜12月4日です。

今年度最後の総合型選抜(旧AO入試:ユニーク入試)になります。

詳しくは募集要項をご覧ください。

 

※就職状況:4年生は、大学生活の締めくくりとなる特別支援学校の教育実習

に取り組ん でいます。今年の教員採用試験は、23名が受験して、19名が

採用されました。4名についても期限付きを希望しているということで、希望者

全員春から現場に出ることになります。

文教大学卒業生は、現場で高い評価を受けているので、4年間培った実践力で

先輩たちに続いていってほしいと思います。

※保育・幼稚園関係の就職状況は後日、お伝えします。