北海道文教大学

Top

人間科学部 こども発達学科

学科の理念

こどもにかかわる環境の変化は多様化しており、そうした変化に対応する十分な能力・資質を持った保育者が強く求められています。 また、保育所・幼稚園から小学校へのなめらかな接続を図り、幼児期から児童まで幅広い理解と知識・実力をあわせ持つ保育者・教育者が必要です。 さらに、特別な支援を必要とするこどもの増加に対応する教育者を育成することが、健常児の中にも支援を必要とするこどもを早期に発見し、適切な支援を可能とします。

みなさんが、本学科において保育士資格・幼稚園教諭免許の他に小学校教諭免許・特別支援学校教諭免許を取得し、 こどもの心の発達と健康の実現に寄与し、プロフェッショナルとしての実力と視野を備えた保育者・教育者であり、社会の一員として確実にその力を発揮し、 優れた総合的な能力を有する人材として羽ばたくことを期待します。

本学科の教育方針

  • 「楽しさを共有する」  こどもを明るく楽しませ、自分自身が楽しみ、周囲の人々と「楽しさ」を共有することから全てが始まります。 主体的・創造的・挑戦的「楽しさ」を共有できる資質を養成します。
  • 「行動と考えを一体化する」  自らが動きこどもと向き合う、自らを動かすたくましい意思。ありのままのこどもを見つめ洞察する力、自省し、生じる新たな発見。 発達支援のプロフェッショナルとして、理論と実践が一体化できる能力を養成します。
  • 「広い視野とバランス感覚をあわせ持つ」  真のプロフェッショナルであるには家庭や地域の人々と協力し、 こどもの成長や発達について寄与できる社会人であるべきです。バランス感覚豊かな優れた資質・能力を養成します。

本学科の求める学生像

  • いろいろな人とかかわり、意思や思いを伝えあいたいと願う人、コミュニケーション能力を常に高めたいと考える人。
  • 広い視野を持つ努力を怠らず、人々の生活に幅広く目を向け、理論的思考能力を持ち、バランス感覚に優れた人格でありたいと願う人。
  • こどもの幸せを願い、こどもの発達を支えていく意欲にあふれ、専門的な力を発揮するための努力を怠らず、自ら行動することを目標とする人。
  • こどもの生活や成長に強い関心を持ち、ユニーク入試等にも積極的にチャレンジする意欲のある人。