北海道文教大学

Top

トピックス – 国際言語学科 – 北海道文教大学

【国際言語学科】渡部 新学科長からのメッセージ(追記あり)

2020年04月24日

新入生のみなさん、そして在学生のみなさん、こんにちは。

いま、全国の大学で、そしてもちろんこの北海道文教大学でも、

どのようにすれば質の高い教育をみなさんに安全にお届けすることができるか、

みんなで智慧をしぼりあい、さまざまなことを試しながら日々、模索しているところです。

今日は国際言語学科・渡部淳(まこと)新学科長からみなさんへのメッセージをお届けします!

 



(追記)スクリプトを追加しました(4/27)

北海道文教大学外国語学部国際言語学科の学生のみなさん、こんにちは。
新年度から、国際言語学科 学科長になりました、渡部淳(まこと)です。
2年生、3年生、4年生のみなさん、お久しぶりです。それから新入生のみなさん、はじめまして。

 今年度は、コロナウィルスの影響により、通常どおりとは全く異なる状況になっておりまして、新入生、それから2年生・3年生・4年生のみなさんも、早く大学に来て勉強したい、という気持ちになってきていると思います。
 これまでは学校に行くのがめんどうくさいとか、授業を休みたいとか思っていたみなさんも、これだけの状況の中でふだんどおりの生活、ふだん通りに学校に集まって勉強できる、ということが、いかに貴重なことかということがわかったと思います。
 私たち教員も同じ気持ちです。ふだんどおり大学の教室で、みなさんと授業ができる、ということが、いかに有難いことなのか、というのがわかりました。
 おそらくこのコロナウィルスが収束したあと、学生のみなさんも、私たちも、また新しい気持ちで授業に、教育に向き合えるのではないかなというふうに思っております。

 今学期、前期の授業につきましては、コロナウィルスの影響で、いまのところなるべく対面の授業を避けるということで、オンライン授業の準備を進めております。早く始めてほしい、という声が聞こえてきておりますけれども、私たちも初めての事態で、新しいシステムを使って、新しい仕組みで、5月にオンライン、ネットワークを通じてみなさんと授業ができるように、いま急ピッチで準備を進めているところです。
 正直、私もそんなにハイテクな人間ではないので、なかなか苦労をしながら準備を進めているところですが、いまのところ5月中には始められるかなというふうに思っております。
 またオンラインを通じた授業で、いままでの授業でできないことができたりという、新しい可能性も出てくるのかなと思いますので、もう少しお待ちいただければと思います。

 今回この状況で、社会とか、経済とか、世界がガラッと大きく変わっていく転換点に私たち立っているわけですけれども、なんでこういうふうになってしまったのか、それから特に若いみなさんは、これから社会や経済、世界がどういうふうに変わるのかということを、ニュース等を通じてですね、自分の頭で考えるのが、いまみなさんができるいちばんいい勉強なのではないかなと思っております。
 私も政治・国際関係の研究者として、これから世界はどういう方向に向かってゆくのかということを真剣に考えておりますし、その私が考えていることについても、国際関係論ですとか、その他の授業で、みなさんといっしょに考えていけたらなということで、前期の授業が始まるのを楽しみにしております。

 それではみなさん、不要不急の外出はなるべく避けてですね、まず命を大切に、そしてオンライン、なるべく早く収束してオフラインで、学校で会えることを願っておりますけれども、元気にですね、どういう形になるかわかりませんけれども、前期の授業、みなさんといっしょにできるのを楽しみにしていますので、もうしばらくお待ちいただきたいと思います。
 また大学のHP、それから授業連絡サイトなどで日々動向が更新されておりますので、必ず、まめにですね、大学の動向をチェックするようにしてください。それから連絡先等が変わった学生さんは、必ず大学に報告をしてください。

 それではお元気で、またなるべく早くですね、会えるように願っております。