北海道文教大学

Top

トピックス – 国際言語学科 – 北海道文教大学

留学報告:カナダ ビクトリア大学

2019年11月22日

今日はカナダ・ビクトリア大学に留学中の本学科学生・稲垣さんの留学レポートです。

今年の9月から留学を始め、来年2020年の2月まで半年間の留学の予定です。

====================================

 自分にとって今回の留学は初めての海外だったので、少し緊張していました。ホストファミリーはとても親切で、空港に迎えにきてくれた時に飲み物とドーナッツを買ってくれました。ホストファミリーの家族構成は、公務員のお父さん、手術のベテラン助手のお母さん、高校生の長女と、小学5年生の弟の4人です。すごく暖かい家庭で暮らせるとわかり、嬉しかったです。

 カナダに着いた次の日に冒険心が湧き、10キロほど離れているダウンタウンという街にスケートボードで向かいました。カナダの人々は通りすがるたびに声をかけてきてくれたので、滑っていてとても楽しかったです。

 大学に通って三日目にスピーキングとライティングのテストがありました。自分はなぜか余裕を持っていました。ですが、実力不足や緊張のせいで全く喋ることができず、とても悔しい思いをしました。日本語では言いたいことが沢山あるのに、どういう表現で伝えていいか全くわかりませんでした。ですが、この悔しい気持ちをチャンスだとしか思えませんでした。周りには違う国籍の人たちが沢山いて、仲の良い友達もレベルが高く、闘争心が毎日燃えています。難しいことに積極的に挑戦をして、英語の力と同時に人として成長していきたいです。

 また自分は物事がうまく行っている時にに大きな目標を立てて、熱が冷めた時に挫折することが多くあります。それを防ぐために、小さな目標を積み立てて、約半年間の留学を少しでも充実させていきたいです。