北海道文教大学

Top

トピックス – 国際言語学科 – 北海道文教大学

アメリカの安全保障分野の専門家を講師に特別学術講演(一般公開)を開催

2019年06月07日
【グローバル・ワークショップ地球庭2019】
安全保障問題を専門とする在日米陸軍・海外地域担当士官、マーカス・モーガン氏を特別講師に迎え、
グローバルな安全保障と日米同盟をテーマにした
国際言語学科の特別学術講演(一般参加自由・入場無料)が開催されます。
題して『安全な未来に向けて −日米同盟の役割−』(The US-Japan Alliance: Toward a Safer Future)。
 
モーガン氏はアフガニスタン・イラク・熊本の被災地などでの活動の経験をもつ、安全保障問題のエキスパートです。
一般公開で入場無料です。学外の一般市民のみなさんの参加を歓迎いたします。
 
国際言語学科の教育の一環ですが、
たくさんの高校、中学などの生徒さんや、市民の皆さん、
この機会に是非お越しください。
 
【日時】2019年6月11日(火)16:30〜18:00
【会場】北海道文教大学2号館2階221教室
【特別講師】マーカス・モーガン氏(在日米陸軍 海外地域担当士官)
【ナビゲーター】渡部 淳(本学国際言語学科 准教授)
【使用言語】おもに日本語(英語の場合は英語担当教員による逐次通訳が付きます)
【参加自由・予約不要】ご参加をご希望の学外の方は、当日、直接会場にお越しください。
 
詳細、お問い合わせは、makoto[@]do-bunkyodai.ac.jp ([@]は@に置き換えてください)まで。