北海道文教大学

Top

トピックス – 国際言語学科 – 北海道文教大学

国際学会で海外出張中の渡部准教授のコメントがNew York Times紙に掲載されました。

2018年07月27日
国際言語学科の渡部淳准教授(政治・国際関係論)が、7月15日〜21日にカナダのトロントで開催されていた国際社会学会の世界研究大会(XIX ISA World Congress of Sociology, Toronto, Canada)で海外出張中に、ニューヨークタイムズ紙から皇室関連のニュースについて取材を受け、そのコメントが掲載されました。7月20日付の実際の記事のオンライン版は、以下のリンクから読むことができます。
また紙面記事では7月21日付のニューヨーク版に掲載されました。
 
渡部准教授は、普段から英国、ドイツ、香港など、世界のメディアで頻繁にコメントや解説を行なっていますが、ニューヨークタイムズ紙には初登場となります。
 
また渡部准教授は、国際社会学会でも英国・タイの研究者とも連携している科研費研究チームの代表として、The Opening up of Koyasan in the Age of Globalization: a Study of Temple Lodgingsと、Debating Blasphemy: Positioning and Power Dynamics in Emotive Face-to-Face Interactionと題する二つの研究発表を成功させ、参加していた世界各国の研究者から注目を集めました。これらは、渡部准教授が共同研究者として取り組む科研費(基盤研究(B)特設課題研究)プロジェクトの「宗教言説にみるグローバル化の影響及び宗教間の平和的対話構築の可能性」の研究成果の一部を発表したものです。
 

湖に近い眺めの良い口頭発表の会場

 

発表が終わった後も、ブラジル、ロシア、オーストラリア、英国、フィンランドの学者と白熱の質疑応答が続く

 

ホテルの一室も研究発表の準備やメディアの取材対応で、まるで研究室トロントオフィスのようです

 

世界中の社会学者が集まった開会式