北海道文教大学

Top

トピックス – 国際言語学科 – 北海道文教大学

アメリカの領事を講師に、国際言語学科の特別学術講演(一般公開)を開催

2018年01月11日
【グローバル・ワークショップ地球庭2018】
ハービー・ビーズリー米国領事を特別講師に、アメリカ社会の世代間の違いをテーマにした、
国際言語学科の特別学術講演(一般参加自由・入場無料)が開催されます。
国際言語学科グローバル・ワークショップ「地球庭Global Garden 2018」を今年も開催します。
講師は、在札幌米国総領事館の現役外交官、ハービー・ビーズリー領事です。
本年度の講演は、アメリカ社会の多様性を「世代」をキーワードに理解していく注目の内容です。
題して『私の世代、アメリカ人の世代』(My Generation, American Generation)です。
一般公開で、学外の皆さんの参加を歓迎いたしますので、
是非この機会にダイナミックな世界の「現在」を一緒に勉強してみませんか?
たくさんの高校、中学などの学生さんや、市民の皆さんのお越しをお待ちいたしております。
(コーディネーター 国際言語学科 渡部 淳 准教授)
【日時】2018年1月22日(月)16:20〜17:50
【会場】北海道文教大学2号館2階221教室
【使用言語】英語・日本語(「実践英語」担当教員による逐次通訳付き)
【参加自由・予約不要】ご参加をご希望の学外の方は、当日、直接会場にお越しください。
詳細、お問い合わせは、makotow[@]do-bunkyodai.ac.jp
([@]は@に置き換えてください)まで。

留学生たち,日本のお正月伝統行事に挑戦!

2018年01月09日
 国際言語学科では多くの留学生を受け入れています.
 まだ日本に来て間もない学生たちのために,週1回の日本語講習を行っています.
 普段はN1(日本語能力試験の最難関級)突破を目標に勉学に励んでいますが,その合間に日本の文化や言葉に触れる機会も持っています.これまで,手紙や年賀状,履歴書の書き方を学んだり,中国を代表する作家・魯迅作の小説,『故郷』を日本語で読解したりと様々なことに取り組んできました.
 2018年の最初はお正月の遊びを体験しようと,学内の茶室でカルタ大会を開催しました.百人一首は少々難しいので,『修造カルタ』を使用しました.元テニスプレーヤー松岡修造氏による言葉の数々を用いたものです.全員がカルタ初体験でしたが,正座して熱い戦いを繰り広げました.
 終了後も和室の素晴らしさに魅せられた留学生たち.畳に座って写真を撮ったり掛け軸や生け花を鑑賞したりと和の心に浸っていました.
(国際言語学科:矢部)

渡部准教授が執筆に参加した『キャリア形成支援の方法論 と実践』が出版され、千歳民報で紹介されました!

2017年12月26日

 国際言語学科の渡部淳准教授が分担執筆した新刊本『キャリア形成支援の方法論と実践』(菅原 良ほか編)が、東北大学出版会より上梓されました。渡部准教授の専門分野は政治学、国際関係論、国際政治経済学ですが、本書の第15章「大学の学びと海外フィールド体験そしてキャリアデザイン連結の潜在的可能性−社会的キャリア支援の育てるかたちに向けてキャリア教育におけるコンピテンシーとルーブリック活用−」においては、過去10年にわたる本学での教育における取り組みから、学生の途上国などの現場での体験的学び、外交官や青年海外協力隊などからの専門的学び、そして大学での人文社会科学教育での学術的学びを連結させた、学生が主体的かつ自由に、学内外の学習の機会・順番・組み合わせを決められる教育プログラムの可能性と、それを可能にする社会的デザインについて論考しました。

 この出版について、早速渡部准教授が取材を受けた「学生の成長する姿紹介」と題した記事が、12月23日の千歳民報に掲載されました。(千歳民報社の記事のリンクは以下をクリック↓)
 
 また、本書でも紹介されている国際言語学科主催の特別学術講演「グローバル・ワークショップ地球庭 Global Workshop: Global Garden 2018」が、在札幌米国総領事館のハービー・ビーズリー領事を特別講師に、「私の世代、アメリカ人の世代 My Generation, American Generations」と題して1月22日(月)16:20から北海道文教大学で開催される予定です。詳細は、追って本ホームページのトピックスで告知するのでCheck it out!!!
(昨年度の特別学術講演については、こちらをご覧ください。)

大学祭で北海道観光の写真展示と、映画を使った英語の授業で学科紹介

2017年12月09日

国際言語学科では、10月7日と8日に行われた大学祭で学科紹介の観光に関する展示と、英語の体験授業を行いました。展示は「PHOTO FES 私の好きな北海道」というタイトルで、北海道の美しい景色や観光分野で活躍するOGの写真から、北海道の観光や仕事を考えるユニークな企画となりました。

まずは、国際言語学科の教員と学生が撮りためた、北海道の四季折々の美しい風景の写真展。訪れた学内外のお客様から「北海道にこんな綺麗なところがあるんですね」という感想を多数頂きました。

展示のもう一つの目玉は、航空や旅行など観光関連分野で活躍する先輩OGたちの仕事で活躍する様子や、後輩へのメッセージなど、現役の大学生や将来この分野を考えている高校生などの若い皆さんに注目された特別企画「観光分野で活躍する素敵すぎる先輩たち展!!!」。実際に航空業界(客室乗務員)や旅行代理店でお仕事されている先輩の職場での、臨場感溢れる写真と後輩へのメッセージに、来場者の中には熱心にOGたちの卒論を読まれる大人の観光関連分野のお客様も(写真は旅行代理店で働いている先輩・呉美娜さん、および実際に渡部ゼミに提出された卒業論文)。



英語の体験授業は「Bunkyo English Seminar 2017  映画で英語を学ぼう!」という企画で、今回は映画「タイタニック」の有名な一場面を採り上げました。場面を見る前にそこで使われている語彙、表現を確認した後、字幕なし、英語字幕、日本語字幕など何度か字幕を換えながら見て、部分書き取り、真偽テスト、役割練習などの活動を英語で行いました。最後は主題歌を歌うセリーヌ・ディオンの映像を見てとても楽しい雰囲気の中、授業を終えました。

(国際言語学科 渡部・高橋)

文教模試2017

2017年12月05日

12月2日(土)、文教大学大講堂にて本年度の文教模試が行われました。

一般入試(Ⅰ期:2月1日、Ⅱ期:3月9日、Ⅲ期:3月19日)本番さながら、参加した高校生は朝10時から英語・国語の2科目について、試験・自己採点・解説という気の抜けない時間を過ごしました。
今日来てくれたみなさんと、4月からここでともに勉強できるのを楽しみにしています!
(国際言語学科:小西)
 

国語の解説のようす。必勝法が黒板に書かれているかも!?

映画を楽しみながら英語を学ぶ!

2017年11月06日

国際言語学科では2年生科目に「映画で学ぶ英語Ⅰ・Ⅱ」という授業があり、オールイングリッシュで授業が展開されています。2017年度前期の授業では、Maleficent(『マレフィセント』)、Dead Poet Society(『今を生きる』)、The Green Mile(『グリーンマイル』)、My Sister’s Keeper(『私の中のあなた』)などの名作ぞろいの映画を鑑賞しました。この授業は、もちろん映画作品を鑑賞して楽しむだけではありません。授業では、例えば同じタイトルの映画と小説(例:MaleficentとSleeping Beauty『眠れる森の美女』)を比較し、小説との描かれ方の違いについて学びました。他にはストーリーが描かれた背景に踏み込んで内容を解釈することにもチャレンジし、映画から見えてくるジェンダーの捉え方や、全ての映画に共通する要素、また黒人差別の問題などの様々なトピックについて、英語でのディスカッションを行いながら解釈を試みました。最終週の授業では、まとめとしてポスタープレゼンテーションを実施しました。学生たちは、映画とトピックを1つ選択し、それに関する自らの意見を作成したポスターを使って英語でプレゼンするという活動を行いました。写真はポスタープレゼンテーションの様子です。

後期はThe Truman Show(『トゥルーマンショー』)などの映画を細かなシーンに分けて鑑賞しています。最終週までには字幕なしで一本の映画を完全に理解しながら鑑賞できるようになることを目指して、学生たちは目下奮闘中です。

(国際言語学科 三ツ木)

“恵庭の企業探検隊”~中学生と北海道文教大学生のキャリア教育コラボレーション~

2017年10月31日

北海道文教大学は地域産業の活性化と振興を目指して、恵庭市と包括連携協定を結び、様々な交流活動をおこなっております。

10月10日(火)には“恵庭の企業探検隊2017”として、国際言語学科学生達が、恵庭市内の中学1年生約60人を「恵庭の産業の魅力を発掘する」という趣旨で各種企業に訪問、引率しました。

中学生は自分の住む町の産業、会社を実際に見て恵庭市の魅力を改めて発見しました。

本活動は今年で3年目を迎えるものであり、キャリア教育センター室が北海道石狩振興局および恵庭市、さらには北海学園大学やハイテクノロジー専門学校とも協同しながら、実施しております。

本年の訪問先企業は、DCMホーマック(株)、全日本食品(株)、サンゴ北海道(株)、(株)堀川、(有)余湖農園でした。それぞれの企業様のもとで大変貴重な経験をさせていただきました。

(国際言語学科:森谷)

 

基礎ゼミⅠ最終回(2017年7月26日)

2017年10月04日
 

1年生達が,大学の学び方について学習し,その成果を披露しました.

写真は,模擬ゼミ発表の光景ですが,出来栄えは本番のゼミ発表さながら.

「小学校における英語教育が与える影響」をテーマに,留学生たちとも協力して,事前調査やスライド作成に励みました.

発表の最初には,「行くぞ,オー!」と掛け声.

外国では早期英語教育によって国語力低下は見られなかった,など注目の調査結果も報告され,

最後には,「私達の考え」(考察)も披露しました.

発表後には,他の学生や教員も交えての質疑応答(大盛り上がり)があり,フィードバックのワークシートに自己評価・相互評価を記入して締めくくりました.

(国際言語学科:矢部先生)

フィールドワーク実習に行ってきました!

2016年11月30日

2016年11月23日から1泊2日で釧路市の阿寒湖畔にて、「北海道の観光Ⅱ」の授業の一環でフィールドワーク実習を行いました。目的は「観光における特徴的な場面で生じるコミュニケーション・ギャップ」をテーマとしたインタビュー調査とアイヌ文化の体験です。

 

1日目

1日目は阿寒に到着後間もなく鶴雅リゾートの海外事業担当の方から、北海道のインバウンド観光に関わる講演をしていただきました。積極的に質問をする学生もおり、インバウンド観光の現状や北海道観光の今後の展開について深い部分まで学び取ることができました。

 

【集合写真や道中の様子】

実習1日目1実習1日目2

【講演会】

実習1日目3実習1日目4

 

【食事とアイヌシアターでの学生の様子】

実習1日目5実習1日目6

 

講演会を終え、豪華かつ美味しい食事に舌鼓を打った後には、阿寒湖アイヌシアターイコロにてアイヌ古式舞踊や伝統的なアイヌの楽器であるトンコリの音色に触れました。舞踊には実際に学生も参加し、阿寒の自然やアイヌの文化を感じる貴重な機会となりました。

 【トンコリの演奏とアイヌ舞踊への参加】

実習1日目7実習1日目8

 

2日目

2日目は、レセプション(受付・フロント)、お土産屋、観光協会、エコミュージアムの4つのグループに分かれ、収集した情報や分析内容を踏まえて事前に作成した質問をもとにインタビュー調査を行いました。

 【自然体験ツアーの様子】

実習2日目1実習2日目2

【インタビュー調査の様子】

実習2日目3実習2日目4

それぞれのインタビュー調査については、今後は報告書を作成するとともに、コミュニケーション・ギャップを低減するためのツール(外国語によるお役立ちフレーズ集など)を調査内容に基づいて作成し、協力していただいた方々に送らせていただく予定です。

 

【アイヌ料理】

実習2日目5

帰る前には、昼食にアイヌ料理(鹿肉・鮭のスープと炊き込みご飯)をいただきました。

 

【阿寒湖岸の様子】

実習2日目6実習2日目7

 

阿寒周辺は、この秋一番の寒さ(マイナス13℃)でしたが、履修者17名が全員参加した有意義なフィールドワーク実習を終えました。授業で行った調査に向けた事前準備や当日のインタビューなど、始めての体験も多く大変な部分もありましたが、観光業界を志す学生にとって、北海道観光の現状や現場について見聞を深める大変貴重な時間であったとともに、将来の自分をイメージする良い機会となりました。

 

カナダに留学中の先輩からメッセージが届きました!

2016年11月21日

IMG_0084 IMG_0122

 

こんにちは! 報告がなかなか出来なくて、すみません。

今の所、順調に進んでいるかな、と思います。

Joffre Lake にフランス2人、ベルギー1人、日本1人と自分で行ったり(雨が降っていたのですが、とても綺麗でした)ビクトリアに行ってみたりしました。
ビクトリアは時間が足りなかったですね〜

アメリカ選挙には驚きました。バーガーキングのテレビでCNN中継をやっていたり、学校でもその話題になりました。

学校は、Seymore street と Richards street にある ILSC というところに行っています。
English only policyがあるため、お昼時間はスタッフの人がパトロールしています!
授業は、10月はコミュニケーションクラス、ボキャブラリークラス、グラマークラス、
今は、コミュニケーション、ボキャブラリー、リスニングをとっています。
1ヶ月ごとにクラスを選ぶシステムになっています。

カナックス、ライオンズ、ホワイトキャップスの試合も見に行ったりしたり、ティムホートンズ、
キャンビーバー(ILSCの生徒に人気だそうです)に行ったりもしました。

ワーキングホリデービザなので、3月31日まで学校で、そのあとは仕事かどうなるかな…… という感じです。
帰国は8、9月ぐらいを予定しているので、まだ時間はたっぷりとあります。

今は、ノースバンクーバーのキングスストリートにあるホームステイの家にいます。
なので、シーバスとバスで毎日通っています。

また何かあれば、報告します!