北海道文教大学

Top

トピックス – 国際言語学科 – 北海道文教大学

フィールドワーク実習に行ってきました!

2016年11月30日

2016年11月23日から1泊2日で釧路市の阿寒湖畔にて、「北海道の観光Ⅱ」の授業の一環でフィールドワーク実習を行いました。目的は「観光における特徴的な場面で生じるコミュニケーション・ギャップ」をテーマとしたインタビュー調査とアイヌ文化の体験です。

 

1日目

1日目は阿寒に到着後間もなく鶴雅リゾートの海外事業担当の方から、北海道のインバウンド観光に関わる講演をしていただきました。積極的に質問をする学生もおり、インバウンド観光の現状や北海道観光の今後の展開について深い部分まで学び取ることができました。

 

【集合写真や道中の様子】

実習1日目1実習1日目2

【講演会】

実習1日目3実習1日目4

 

【食事とアイヌシアターでの学生の様子】

実習1日目5実習1日目6

 

講演会を終え、豪華かつ美味しい食事に舌鼓を打った後には、阿寒湖アイヌシアターイコロにてアイヌ古式舞踊や伝統的なアイヌの楽器であるトンコリの音色に触れました。舞踊には実際に学生も参加し、阿寒の自然やアイヌの文化を感じる貴重な機会となりました。

 【トンコリの演奏とアイヌ舞踊への参加】

実習1日目7実習1日目8

 

2日目

2日目は、レセプション(受付・フロント)、お土産屋、観光協会、エコミュージアムの4つのグループに分かれ、収集した情報や分析内容を踏まえて事前に作成した質問をもとにインタビュー調査を行いました。

 【自然体験ツアーの様子】

実習2日目1実習2日目2

【インタビュー調査の様子】

実習2日目3実習2日目4

それぞれのインタビュー調査については、今後は報告書を作成するとともに、コミュニケーション・ギャップを低減するためのツール(外国語によるお役立ちフレーズ集など)を調査内容に基づいて作成し、協力していただいた方々に送らせていただく予定です。

 

【アイヌ料理】

実習2日目5

帰る前には、昼食にアイヌ料理(鹿肉・鮭のスープと炊き込みご飯)をいただきました。

 

【阿寒湖岸の様子】

実習2日目6実習2日目7

 

阿寒周辺は、この秋一番の寒さ(マイナス13℃)でしたが、履修者17名が全員参加した有意義なフィールドワーク実習を終えました。授業で行った調査に向けた事前準備や当日のインタビューなど、始めての体験も多く大変な部分もありましたが、観光業界を志す学生にとって、北海道観光の現状や現場について見聞を深める大変貴重な時間であったとともに、将来の自分をイメージする良い機会となりました。

 

カナダに留学中の先輩からメッセージが届きました!

2016年11月21日

IMG_0084 IMG_0122

 

こんにちは! 報告がなかなか出来なくて、すみません。

今の所、順調に進んでいるかな、と思います。

Joffre Lake にフランス2人、ベルギー1人、日本1人と自分で行ったり(雨が降っていたのですが、とても綺麗でした)ビクトリアに行ってみたりしました。
ビクトリアは時間が足りなかったですね〜

アメリカ選挙には驚きました。バーガーキングのテレビでCNN中継をやっていたり、学校でもその話題になりました。

学校は、Seymore street と Richards street にある ILSC というところに行っています。
English only policyがあるため、お昼時間はスタッフの人がパトロールしています!
授業は、10月はコミュニケーションクラス、ボキャブラリークラス、グラマークラス、
今は、コミュニケーション、ボキャブラリー、リスニングをとっています。
1ヶ月ごとにクラスを選ぶシステムになっています。

カナックス、ライオンズ、ホワイトキャップスの試合も見に行ったりしたり、ティムホートンズ、
キャンビーバー(ILSCの生徒に人気だそうです)に行ったりもしました。

ワーキングホリデービザなので、3月31日まで学校で、そのあとは仕事かどうなるかな…… という感じです。
帰国は8、9月ぐらいを予定しているので、まだ時間はたっぷりとあります。

今は、ノースバンクーバーのキングスストリートにあるホームステイの家にいます。
なので、シーバスとバスで毎日通っています。

また何かあれば、報告します!

Bunkyo GLOBAL CAFÉ 始まります!

2016年10月28日

国際言語学科ではみなさんの留学を応援するために、月に一度の留学イベントBunkyo GLOBAL CAFÉを始めます。

ここでは学生の留学経験を発表するプレゼンテーションとともに、本学の短期留学を支えてくれる留学ジャーナルさんが留学相談を受け付ける、というものです。

留学したいけれど、なにからどこから準備したらよいかわからない・・・という人は是非のぞいてみてください。

第1回は11月4日、3時から4時です。

今回はこの夏カンボジアで1ヶ月の研修を行った大﨑裕稀(おおさき ゆうき)君が英語の発表を行います。大崎君はカンボジアで出会った地雷被害者の方から聞いた話に感銘を受け、地雷撤去の活動をしているAki Ra(アキ・ラー)さんを北海道に招いてご講演をいただきたいと活動中です。詳しくはポスターをご覧ください。

スライド1

 

Tandem Learning at GCC!

2016年10月28日

10月25日(火)のお昼休み、GCCは中国からの留学生と中国語を学ぶ日本人学生であふれかえっていました!

これは、もっと留学生と日本人が仲良く学べる場を創りたい、と4年生の鄭斯匀(てい しうん)さんの企画したTandem Learningというイベントです。第1回目の今回は鄭さんと、中国への留学から帰国したての北林岳くんが中国の食文化について中国語と日本語のバイリンガルプレゼンテーションをしてくれました。聞いていた人たちからは日本語・中国語・英語で活発に質問が飛び交っていました。

これから毎月こうしたイベントを開催したいと思いますのでぜひ足を運んでください。

tandem1 tandem2

恵庭南高校の皆さんがSpeakingの講義を体験しに来てくれました!

2016年10月28日

恵庭南

10月26日〔水〕の2講時、恵庭南高校から5名の生徒が国際言語学科のSpeakingの講義に参加しました。

今日のトピックはTravel Experiencesでした。大学生の先輩たちに混じって「お金があったら行ってみたい国」というテーマで1分30秒話し続けます。その後すぐに相手を変えて、同じテーマで、ただし今度は40秒間で話します。さらにその後また別の相手と今度は30秒で話し続けます。・・・この練習はSpeakingにおけるFluency(流暢さ)を伸ばすための訓練です。

大学生に混じって英語でコミュニケーションをするのは、難しいけれど楽しかった!とのことです。ぜひまた来てね!

 

ニュージーランドのクライストチャーチ工科大学と連携協定を締結しました。

2016年10月24日

 恵庭市の姉妹都市Timaru市にあるニュージーランドのクライストチャーチ工科大学(現地法人名 Ara Institute of Canterbury)と連携協定を締結しました。 この大学のプログラムは本学で展開する教育分野と重なる部分も多く、Timaru市への短期留学を手始めに、Glexa(インターネットのオンライン通信)を通じた合同の講義や交換留学など、 さまざまな形で連携を強化していきたいと思います。

 また、この交流の成果を恵庭市民の皆さんに還元して、恵庭市とTimaru市が一層交流を深めるきっかけにしたいと思います。

 

千歳民報で掲載されました。↓
http://www.tomamin.co.jp/20161043764

アメリカの領事を講師に、国際言語学科の特別学術講演(一般公開)が開催されます。

2016年10月03日

【グローバル・ワークショップ地球庭2016】
ジャスティン・トール米国領事を特別講師に、アメリカ大統領選挙をテーマにした、国際言語学科の特別学術講演(一般参加自由・入場無料)が開催されます。

地球庭クリックで画像を拡大します

 

国際言語学科グローバル・ワークショップ「地球庭Global Garden 2016」を今年も開催します。
講師は、在札幌米国総領事館の現役外交官であるジャスティン・トール領事です。
本年度の国際言語学科の特別学術講演は、世界中に注目されているアメリカ大統領選挙について、
そのアメリカ合衆国の外交官から直接どこに注目すべきなのか講義してもらえるという贅沢な内容です。
題して『2016年米国大統領選挙における注目すべき点』(What to Watch for in the Next U.S. presidential Election)です。
アメリカのみならず、日本も含めた世界中に大きな影響を与えるアメリカの大統領選挙。
次のホワイトハウスの主を巡ってクリントン、トランプ両候補の舌戦が繰り広げられる中、
国務次官補のスタッフも務められたトール領事から今のアメリカについてお話を聞く特別講義が、
在札幌米国総領事館の全面的協力のもと、文教大学のキャンパスで開催されることになりました。
講義は日本語・英語で行われますが、英語でのお話や質問が出た際には、国際言語学科
「実践英語」担当教員の通訳がつきますので、英語が不安という方にも楽しく参加いただける授業となっております。
一般公開で、学外の皆さんの参加をお待ちしておりますので、この貴重な機会に世界の「現在」と「未来」を
国際言語学科の学生たちと一緒に勉強してみませんか?
たくさんの高校、中学など他学の学生さんや、市民の皆さんの参加をお待ちしております。
(コーディーネーター 国際言語学科 渡部 淳 講師)
【日時】2016年10月12日(水)13:00〜14:30
【会場】北海道文教大学221教室(2号館2階)
【使用言語】英語・日本語(逐次通訳付き)
【参加自由】ご参加をご希望の方は、当日、直接会場にお越しください。たくさんの皆様のご来場をお待ちいたしております。
詳細、お問い合わせは、kokusai-gengo[@]do-bunkyodai.ac.jp
([@]は@に置き換えてください)までお問い合わせください。

どんな様子なのか気になる方は、昨年の参加学生が寄せてくれたレポートをどうぞ!
(写真をクリックするとレポートが読めます)

地球庭2015集合写真

 

渡部ゼミ生が米国総領事館のアメリカ独立記念日イベントに参加

2016年07月22日

 今年の7月4日は240回目のアメリカ独立記念日。そんな記念すべき独立記念日のイベントに、毎年の領事の特別学術講演などで交流のある在札幌米国総領事館から、国務省国際人材交流プログラム卒業生でもある渡部先生のゼミ生に招待状が届きました。

 好奇心と積極性あふれるゼミ生たちは、就職活動などで参加できない人以外は全員円山公園そばの米国総領事館に集合。当日のイベントでは、アメリカ本国からインターン生として総領事館で研修している、「未来の外交官」がサプライズで計画したLocked Roomという、参加者全員でチームに分かれて部屋の中にあるヒントをたどって、密室になった部屋の鍵を開けて脱出し独立宣言を救出するというゲームに参加しました。アメリカ独立に関連する謎ときを他大学の学生たちと協力したり、英語でアメリカの歴史の資料を調べたり、交流しながら勉強して無事に密室からの脱出に成功し独立宣言も救出しました。就職活動中の4年生には、お仕事の大先輩でグローバルに活躍するアメリカの外交官やスタッフの方々のお話も、これからの進路を考える上で大いに刺激になったようです。当日の様子は総領事館facebookにも載っています。

 学生たちがイベントを楽しんでいる間、渡部先生は今年も10月に予定されている領事による講演会の打ち合わせをしてきました。アメリカ領事による特別学術講演の詳細が決まりましたら、またこのトピックスでご案内いたしますのでお楽しみに。

 

当日の様子(写真:在札幌米国総領事館提供)

image001

オバマ大統領夫妻(のパネル)を表敬訪問

 

image003

ヒントのカードを見つけたよ!

 

image001

天井の風船にもアメリカ建国の歴史の手がかりが

 

image003

他大学の仲間と協力して、英語のヒントや文献を読み解いていく瞳が真剣です

 

image001

無事にLocked Roomから脱出し独立宣言の救出に成功しました!
新しいお友達もたくさんでき貴重な体験になりました。

国際言語学科3年柿崎くん、「学生プレゼンテーションコンテストで準優勝

2016年01月18日

 12月23日(水)に北海商科大学にて開催された、日本ビジネス実務学会北海道ブロック研究会主催の『第12回学生プレゼンテーションコンテスト』において、北海道文教大学 外国語学部 国際言語学科より4名の学生が参加し、3年生の柿崎裕大さんが一般学生の部で優秀賞(準優勝)を獲得しました。(他の3名は「奨励賞」)タイトルは「英語コミュニケーション力が日本を変える」です。

 本コンテストは学生の主体的な課題解決力の育成を目的として開催されているものであり、プレゼンテーションの遂行を通じてその能力を測るものです。本年は5校の大学から15名(チーム)がエントリーし、高度なプレゼンテーション技術を競いました。提案内容は様々で、地域振興政策や言語習得に関する提案、国際文化比較論など、例年以上に盛りだくさんのコンテンツとなりました。

 発表時間は7分間と制限され、これを超えた場合もしくは短すぎる場合は減点になる等、細かな採点ルールに縛られながらも、各人が熱のこもったスピーチを披露しました。

 柿崎君の苦労した点は、一生懸命に作った膨大なプレゼン資料をいかにコンパクトにまとめ、かつ、インパクトを落とさないかにありました。また、多くのことを話そうとするばかりに、つい早口になる点を抑えること、かつ、手元資料を見ることなく、聴衆の眼を見て話すということに力を入れました。

 これは、実際のビジネスの場における企画提案等のプレゼンテーションでは、最大限の情報提供をしつつも、重要事項については常にシンプルを心がけることが大事であることを柿崎君なりに理解していたからでしょう。

 今回指導された森谷先生の講義「現在社会とキャリアプラン」でこのコンテストを知り、チャレンジを決意。見事、準優勝という結果を出せた理由は、今回の発表は「日本語」で行いましたが、日頃から“英語”でのプレゼン経験も積んでいたため、比較的スムーズに出来たからとのこと。柿崎くんの英語力は、TOEICの点数からもわかるように(1年生時515点⇒3年生時755点)短期間で実力をつけ、その力が今回のコンテストにもつながったそうです。 今回のテーマ「英語コミュニケーション」は彼がずっと考えていたこと、研究したかったこと、疑問に思っていたこと…など、興味のあるテーマに設定できたことも要因の一つと言っています。

 

GCCが情報番組で紹介されます!

2015年01月28日

国際言語学科で新たに新設され設置しましたGCC(グローバルコミュニティセンター)が、以下の情報番組で紹介されます。

HTB 「情報マルシェ」 1月30日(金)9:55~(予定)

UHB 「おじゃまします」 2月1日(日)8:55~(予定)

今年度から新設されたGCCは、沢山の学生が利用しやすく、言語を学ぶ学生には最適な環境です。

今後の活躍も期待されますね。

是非、ご覧ください!