北海道文教大学

Top
外国語学部
国際言語学科

インターンシップ体験レポート

国際言語学科
佐藤可菜
新千歳空港でグランドスタッフの仕事を経験し、
お客様と接する仕事に就きたい気持ちが一層強固に!

将来就きたいと考えている航空業界にインターンシップに行ってきました。
普段の生活ではなかなかお話しを聞く機会がないスタッフの方と一緒に働いてみて、グランドスタッフの仕事の大変さと充実感を体験することができました。
華やかに見える表側からでは到底想像のつかない業務の大変さがわかりましたが、「お客様を安全にお送りする」という充実感は何とも言えない満足感がありました。
インターンシップに参加できて本当に良かったです。

<インターンシップ先>

・ANA新千歳空港株式会社(2012年8月9日~8月22日)

国際言語学科
佐藤かおり
FMラジオ局でニュースキャスターに挑戦し、
子どものころからの夢の実現がより明確に!

子どものころからの夢だったFM局でニュースキャスターに挑戦してきました。
インターンシップ期間中、地域の皆さんの取材、スポンサー企業への営業活動、CMや番組の作成と編集、それから、最初は考えもしなかった驚きの生放送でのニュースキャスター体験と、充実した夢のような時間を過ごさせていただきました。
e-niwaでのインターンシップは、私の大切な経験であり、宝物になりそうです。

<インターンシップ先>

・株式会社あいコミ(2012年8月13日~8月24日)

国際言語学科
星菜々子
スワンフェスタや白鳥大橋ウォーク・マラソンなどに参加し、
生まれ育った室蘭のために働きたいという気持ちを再確認!

出身地である室蘭が好きで、公務員という職業にも興味があっため、室蘭市役所観光課でインターンシップを行ってきました。スワンフェスタの準備・運営・片付けの手伝い、観光ガイド育成講座や観光資源の見学など、多岐にわたる仕事を体験させていただきました。
市役所の方からは、学校では経験できないこと、聞けない話が聞けて、充実した二週間を過ごすことができました。
進路について少しでも道を開くという目標も達成でき、本当に参加して良かったです。

<インターンシップ先>

・室蘭市役所経済部観光課(2012年8月27日~9月7日)

国際言語学科
渡邉奈々
北海道をプロデュースするダイナミックな仕事に挑戦し、
北海道で働きたいという気持ちと北海道への愛着がより深いものに!

将来は北海道庁で働きたいと思っていることもあって道庁総合政策部広報広聴課でのインターンシップに挑戦してきました。 広報公聴課は、北海道の広報に関わる仕事を一手に引き受けているということもあり、インターンシップ期間中は、テレビ局の訪問に同行させていただいたり、北海道ブログを書かせていただいたりと、北海道を様々な視点で捉え直す良い機会になり、益々北海道への愛着が深いものとなりました。
今回の貴重な経験を基に、今後の進路選択に生かしていきたいと思いました。

<インターンシップ先>

・北海道庁総合政策部広報公聴課(2012年9月10日~9月21日)

国際言語学科
森夏美
北海道を代表する道立図書館での司書体験を通じ、
司書の仕事の奥深さと細やかさ、楽しさを知ることができました。

司書の仕事が意外に力仕事で体力が必要であることや、レファレンスなどに答えるときに本のことだけではなく、様々な知識と人生経験が必要であるというお話を聞いて、司書の仕事の奥深さを学びました。
「司書は本と人とを結ぶ、橋渡しをする仕事なのだ」とおっしゃられていたことがとても印象に残っています。ブックコートの装備や資料の管理・整理、帯づくりなどの作業とても楽しく、帯づくりで作った帯を褒めていただけたときは本当に嬉しかったです。

<インターンシップ先>

・北海道立図書館(2012年8月17日~8月29日)

国際言語学科
馮寧君
洞爺湖サミットが開催された高級リゾートホテルで様々な仕事を体験し、
洞爺湖の絶景に感動し、一流のホテルで働くことのやり甲斐を発見!

北海道を代表する高級ホテルとして、中国でもよく知られている「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」でインターンシップに参加してきました。お客さまに最高のサービスを提供できるように精一杯頑張り、充実した体験をさせていただきました。
すべてに手を抜かず、お客さまの目に触れないところにまで手をかけてこそ、お客さまに納得していただけるサービスを提供できることがわかりました。今回の経験は、私にとって忘れられないものになりました。ありがとうございました。

<インターンシップ先>

・ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(2012年8月29日~9月25日)

国際言語学科
吉田新
小さいころから興味のあった美術館でインターンシップに参加できたことは、これからの学生生活や職業選択において大きなプラスになりました!

道立近代美術館でのインターンシップは、資料の作成や記録の保管、展示会場の設営など、美術品に関わる業務とそれに付随するデスクワークを体験してきました。
美術館ということもあって、展示品の取り扱いには細心の注意を払う必要があり、予想していた以上に気を遣う作業の連続で正直言って疲れました。ただ、社会人として働くことのイメージを持つことができ、自分の得手不得手がはっきりしたことは大きな収穫でした。

<インターンシップ先>

・北海道立近代美術館(2012年8月28日~9月8日)

国際言語学科
井手愛莉
生まれ育った苫小牧の教育の一端を垣間見ることができて、
教育に携わりたいという気持ちがより強固なものに変化しました!

教育委員会学務係の仕事を体験させていただきました。
職員の皆さんは、お忙しいなかにも係わらず、業務内容などを丁寧に教えて下さったり、昼休みには色々お話しを聞かせていただいたりしました。 予想外に、電話や来客応対、学校の先生との連携など、人との接触が多く、コミュニケーションの重要さを改めて実感したことも大きな収穫でした。 インターンシップに参加したことによって、生まれ育った苫小牧で教育に携わりたいという気持ちがますます強まり有意義な研修でした。

<インターンシップ先>

・苫小牧市役所教育委員会学校教育課(2012年9月3日~9月14日)