北海道文教大学

Top

トピックス
- 大学院 リハビリテーション科学研究科 リハビリテーション科学専攻 -

お知らせ

2018年03月09日

 当研究科では、医療法人社団 医修会大川原脳神経外科病院(室蘭市寿町)にて測定したデータを、下記の研究に使用させていただくことがあります。
 なお、研究に用いる際は匿名化され、個人は特定されません。

1.研究課題名
脳卒中患者における発症時評価からみた歩行自立因子の経時的な相互関係について
2.利用目的及び利用方法
脳卒中患者の歩行予後予測を行うために、脳卒中リハビリテーションデータベースの情報について後方視的な統計学的解析を行う。脳卒中患者データファイルを匿名化し、パスワード認証が必要な状態で利用または提供を受ける。
3.利用する情報の項目
平成25年10月21日以降に医療法人社団医修会大川原脳神経外科病院脳卒中リハビリテーションデータベースに登録され、カルテ番号、氏名を除いた以下の項目についての情報
年齢、性別、身長、体重、Body Mass Indexs、既往歴、発症前mRS、意識障害の有無、認知機能、疾患名、麻痺側、Stroke Impairment Assessment Set、7item-Berg Balance Scale、10m歩行テスト、Timed Up and Go Test、TUG-Reserve、Functional Ambulation Categoris
4.利用する者の範囲
北海道文教大学大学院リハビリテーション科学研究科 教授 木村一志
北海道文教大学大学院リハビリテーション科学研究科 修士課程 平塚健太
大川原脳神経外科病院リハビリテーション部 技師長 田宮 高道
5.情報の管理について責任を有する者の氏名
北海道文教大学大学院リハビリテーション科学研究科 教授 木村一志
6.情報利用又は提供の停止について
大川原脳神経外科病院脳卒中リハビリテーションデータベース登録者又はその代理人は、登録者の情報の利用又は他の研究機関への提供を拒否し、停止することができます。
7. 情報利用又は提供の拒否の申し出を受付ける方法
情報の利用又は提供の拒否と停止を申し出る際は、下記まで連絡願います。
 北海道文教大学大学院リハビリテーション科学研究科 教授 木村一志
 住 所:〒061-1449恵庭市黄金中央5丁目196番地の1
 TEL:0123-34-0219(直通)

平成29年度、1期生4名が入学しました。

2017年07月13日
4名全員が臨床現場で働く方々で、理学療法士が3名、作業療法士が1名です。また、本学卒業生が3名になります。 現在、仕事と学業・研究の両立に励んでいます。