北海道文教大学

Top
大学院 グローバルコミュニケーション研究科
言語文化コミュニケーション専攻(修士課程)

本学の教育課程方針について

「言語文化コミュニケーション専攻」の教育目的

文化と言語の教育課程

言語文化コミュニケーション専攻は、日本語および中国語の言語コミュニケーション能力の育成を基盤としており、その教育課程は、大きく文化・言語・コミュニケーションの三本立てとなっています。

地域文化から言語を理解する

高度な言語の理論研究を行ったり、高度な言語運用技術を身につけるには、言語の背後にある文化を知ることが大切です。本専攻は、日本を含めた中国地域圏の文化を国家のなかの国民文化としてではなく地域文化として捉え、人文・社会科学的分野から、その文化の背景、特徴および影響・依存などを研究します。

国際社会で活躍できる人材を養成

多様的な文化交流をいろいろな視点から実践的・理論的手法によって理解を深めることにより、国際社会において文化の交流、融合および共生に内側から活躍できる人材を育成します。文化交流に関わる高度な実践研究の能力を備えた日本語教員や日本語および中国語の言語コミュニケーションの実践教育により知識と技術を身につけた、通訳・翻訳業務などで活躍する高度な言語運用能力を備えた職業人を養成します。