北海道文教大学

Top
大学院 グローバルコミュニケーション研究科
言語文化コミュニケーション専攻(修士課程)

アドミッションポリシー

大学院 グローバルコミュニケーション研究科
言語文化コミュニケーション専攻

(A) 本研究科の教育目標

世界はますます国際化・ボーダレス化が進み、社会では高度な言語の運用能力と国際感覚をもった人材が求められています。このような社会のニーズに応えるために、「グローバルコミュニケーション研究科〈言語文化コミュニケーション専攻〉」が誕生しました。

本研究科では「言語・文化・コミュニケーション」の三位一体の教育と研究を推し進めています。中でも言語、すなわちコトバは人が感情や思想を伝えるコミュニケーションに欠かすことのできない大切なものであることは言うまでもありません。また、コトバは知識の源としてさまざまな世界を表現する“力”でもあります。人類はコトバを駆使してさまざまな文明・文化を築いてきました。人類が文明の発達を続ける限り、これからもコトバの重要性は変わるものでなく、さらに進む情報化社会においてはむしろいっそう重要になります。

本研究科では「コトバは力なり」をモットーに研鑽を積み、より高度な言語の実践的運用能力を培い、さらに実学的教育と研究によって高度なコミュニケーション能力とコトバの背後にある文化に関する専門的な知識を修得し、コトバと専門的な知識を駆使して、国内外の社会のニーズに主体的に応えて活躍できる専門的な職業人の育成を目指しています。

(B) 本研究科の教育方針

  • 国際化・ボーダーレス化が進む国際社会において、世界で活躍できる人材を育成するために、まず外国語と日本語の専門的教育と研究を行います。
  • 社会人として自信と誇りをもって活躍できるように、それぞれの専門分野についての広い知識と視野を習得できるように教育と研究を行います。
  • 外国語と日本語の高度な運用能力を備えて通訳や翻訳等の実務的な業務に携わることのできる有能な人材の養成を行います。
  • 諸外国の留学生を積極的に受け入れて相互の研鑽を進め、母国や日本などの国際社会で活躍できる人材の養成を行います。
  • 高度な言語運用能力を磨き、幅広い知識を習得して、さらに実践的で高度な専門的職業人として活躍しようとする社会人の教育と研究を行います。

(C) 本研究科が求める学生像

  • 言語の運用能力を高め、文化に関する高度な知識を身につけ、語学力と国際感覚をもって、地域社会と国際社会において国際コミュニケーターとして貢献したいと望んでいる人。
  • 日本語・日本文化は言うまでもなく、諸外国の言語と文化に興味をもち、コトバによるコミュニケーションを通して異文化を深く理解し、国際社会の中で活躍したいと望んでいる人。
  • 高度な言語運用能力、技能を備え、専門的知識を身につけて、翻訳や通訳などの業務に従事する専門的職業人として活躍したいと望んでいる人。
  • 日本語・日本文化に関する知識と教養をさらに高度なものとし、より高度な言語の運用能力と知識を駆使して、母国と日本との架け橋になって国際的に活躍したいと望んでいる留学生。
  • コトバの壁を越えれば、国と国、人と人はいっそう近くなり親しくなれます。コトバの力を武器として、諸外国の文明や文化への理解を深め、高度な言語運用能力と幅広い知識をもって、国際舞台で活躍しようとの夢を抱いている人々との出会いを望んでいる人。