北海道文教大学

Top

教務課・学生課からのお知らせ

【活躍する文教生】ブレンド米の商品開発を 本学学生と企業がコラボ

2017年08月09日

 北海道文教大学の公認サークルである「商品開発研究会」は、北ガスジェネックス(株)50周年事業の一環として、“ガス炊飯”で美味しく食べられる“ブレンド米”の開発を共同で進めてまいりました。
 この度無事商品化され、「おりひめ」「ひこぼし」という2種類のブレンド米を、大丸札幌B1食品売り場にある「千野米穀店」で、商品開発研究会の学生が店頭で販売しました。
 このプロジェクトには商品開発研究会の学生19名が取り組みました。管理栄養士を目指す健康栄養学科の学生ならではの視点で、主要道産米である「ゆめぴりか・あやひめ・ななつぼし」のそれぞれの長所を活かし、絶妙な割合で配合。深い味わいと強い甘みが特徴の「おりひめ」、さっぱりとした食味と粘り強さが特徴の「ひこぼし」の2種類のブレンド米が誕生しました。


ブレンド米の商品化が決定!


「ひこぼし」を販売する『お米プロジェクト』
のリーダー加藤君(健康栄養学科3年生)


大丸札幌にてブレンド米を販売する
プロジェクトのメンバー


「おりひめ」を販売するプロジェクトのメンバー