北海道文教大学

Top

教務課・学生課からのお知らせ

本学の学生および教職員が新型コロナウイルスの感染者,濃厚接触者,および感染疑い者等であった場合の取り扱いについて

2020年07月28日

 

令和2年7月28日

 

北海道文教大学の学生および教職員の皆様へ

 

学 ⻑  渡部 俊弘

副学⻑  ⽥邉 芳恵

学⽣部⻑ ⼤森  圭

教務部⻑ ⽩⼾ ⼒弥

 

 

本学の学生および教職員が新型コロナウイルスの感染者,濃厚接触者,および感染疑い者等であった場合の取り扱いについて

 

 

新型コロナウイルス感染症に関する本学の学生および教職員への対応として,以下の通り決定しましたのでお知らせ致します.

 

 

1.学生および教職員本人が新型コロナウイルスに感染していると診断された場合

新型コロナウイルス感染症は,学校保健安全法に定める「第一種感染症」とみなされるため,登校・就業は禁止となります.

 

本人:   直ちに本学保健管理センターに報告する.

              保健所または医療機関の指示に従う.

 

 大学:  保健所の指示の下,休校,消毒の処置を行う.

              HPで感染者が出たことを公表し,在学生および教職員への注意喚起を行う.

 

 

2.学生および教職員本人が濃厚接触者となった場合

(同居家族,クラス内,アルバイト先,職場内,友人など本人の周囲に感染者が発生した場合)

保健所の指示に従いPCR等の検査を受け,結果が陽性の場合は,上記1と同様とする.

結果が陰性の場合は,以下の通りとする.

 

本人: 原則として最後の感染者との接触から14日間は自宅待機(健康観察期間)とし,その間の体調については

              アドバイザーもしくは学年担任教員へ報告する(教職員の場合は直属の上司へ報告する).

              健康観察期間中に何らかの症状を発症した場合は,直ちに保健所または医療機関に連絡する.

              健康観察期間中に症状が認められなかった場合は,15日後に登校,もしくは出勤を可能とする.

 

大学: 濃厚接触者となった日から直ちに,当該学生または教職員が触れた場所を特定して消毒を行う.

              健康観察期間が終了するまでは,登校または出勤を控え,不要不急の外出を控えるように伝える.

 

3.家族(同居者)に感染者が出たら 

濃厚接触者に該当する可能性が高い.原則,保健所の指示に従うこととする.上記2と同様とする.

 

4.クラス内,アルバイト先,職場内,友人などに感染者がでた場合

濃厚接触者と判断されたら,上記2と同様とする.

濃厚接触者と判断されなかったら,特に制限は設けないが,体調管理を十分に行う.

 

5.家族(同居者)が濃厚接触者となった場合   

家族(同居者)のPCR等の検査結果によって,上記2,3と同様とする.

 

本人: 家族を濃厚接触者と判断した保健所もしくは医療機関に,自身の対応を確認する.

              生活する部屋を分け,マスク,手洗いを徹底する.

              学生もしくは教職員に症状がない場合は,登校,出勤を可能とするが,

              症状がある場合は,下記8と同様の対応とする.

 

大学: 生活,衛生管理,体調管理についての注意喚起を行う.

 

6.アルバイト先,職場内,友人など,本人の周囲に濃厚接触者が出た場合

学生もしくは教職員に症状がない場合は,登校,出勤を可能とするが,症状がある場合は,下記8の対応とする.

アルバイト先,職場内,友人などのPCR等の検査結果によって,上記2,3と同様とする.

 

7.クラス内,アルバイト先,職場内,友人などの中に新型コロナウイルス感染者がいることを知ったが,

自身が接触したかどうかが不明な場合

保健所からの連絡があれば濃厚接触者と判断されたことになるので,上記2と同様とする.

保健所からの連絡が無く心配な場合は,自身の健康状態をこまめに確認し,衛生管理を十分に行う.

 

8.発熱やその他の風邪症状がみられた場合について

即時帰宅し,無理をせず自宅療養する.

以下のいずれかの症状に該当する場合,最寄りの保健所などに設置されている

「帰国者・接触者相談センター」へ電話で相談し,指示を仰ぐ.

 

(1)息苦しさ(呼吸困難),強いだるさ(倦怠感),高熱等の強い症状のいずれかがある場合

(2)重症化しやすい方(糖尿病,心臓疾患,呼吸器疾患等の基礎疾患がある方)で,

  発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(3)上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合  

 

※上記1~8に該当する学生は各学科のアドバイザーもしくは学年担任教員へ,教職員については直属の上司へ報告する.特にPCR検査を受けて陽性者が出た場合や陰性となった場合、その経過を含めて、学生は各学科長から、教職員は上司から危機管理対策本部の副学長へ報告する.